八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
エスカ&ロジーのアトリエ プレイ日記   飛行船作るぞ 02:59

JUGEMテーマ:アトリエシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆お仕事

 

 

 

エスカ 「この辺りに、巨大スラグがいるって聞きましたけど…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「…いたぞ、あそこだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') でかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「こういう時って、どうしたら良いですか?」

 

 

 

ロジー 「不意打ちする、というのが普通だけど。

 

     ここじゃそれも難しいな…。 正面突破した方がいいだろう」

 

 

 

エスカ 「正面突破かあ…。 かなり勇気がいりますね…」

 

 

 

ロジー 「でも、他に方法もない。 一気に行こう」

 

 

 

エスカ 「うう…。 じゃあ、準備はいいですか?

 

 

 

ロジー 「いいぞ」

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「よし、行くぞ!」

 

 

 

エスカ 「こ、こうなったらとことんやりましょう!」

 

 

◎戦闘開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') とにかくでかい

 

   でもまあ、そこまで困る事なく終了。

 

   とどめをさしたのは、彼。

 

 

 

 

 

 

('ω') 必殺技で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎戦闘終了

 

 

 

エスカ 「や、やった! 倒しましたー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「ふう、どうにかなったな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「この辺りって、何か珍しいものとかがあったりしないかなあ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「…あれ? こんなところに何か落ちてる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「これも石板ですよ、ロジーさん!」

 

 

 

ロジー 「へえ、良かったな。 新しいことがわかるかもしれないし、また組み合わせてみるか」

 

 

('ω') そこまで喜んでないロジーが良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆オフィス

 

 

 

ロジー 「もう課題の報告期間か。 早く報告しよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

マリオン 「みんな揃ってるわね。 それじゃ、定例会議を始めるわよ」

 

 

 

エスカ 「そういえば、未踏遺跡の調査隊が中央から来るんですよね」

 

 

 

マリオン 「そうねえ…。 ロジーくん、中央って、本気で未踏遺跡を調査する気があると思う?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「…微妙ですね。 そんな余裕があるとは思えないんですが。

 

     調査隊なんて上が勝手に言い出したことで、人員の準備も出来てないんじゃないですか?」

 

 

 

エスカ 「でも、もう決まっちゃってることなんですよね。 だったら、来るんじゃないですか?」

 

 

 

ロジー 「それが本当に来るのか怪しいのが、連中の厄介なところなんだ…」

 

 

 

マリオン 「私も昔から、中央の命令で辺境によく出張させられてたんだけど、応援をよこすとか

 

      云いながら、最後までリンカと2人きりだったことも多いし。

 

      大丈夫なのかしら」

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「あの…、それでも準備しなきゃいけないんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリオン 「仕事だから仕方ないわね。 とりあえず近いうちに準備の計画を組んでおくから、

 

      そのつもりでいてね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「なんだか大変だなあ。 でも、ちゃんと準備は考えないとダメですよね…」

 

 

 

マリオン 「さて、前期の課題の達成率はどうかしら…。

 

      ちゃんと討伐できたみたいね。 お疲れ様」

 

 

 

ロジー 「そっちはちゃんと出来たんですけど、他の課題はあまり達成できなかったですね」

 

 

 

マリオン 「まあ、慣れない仕事を頼んじゃったのはわかってるから、それぐらいは別に平気よ。

 

      こういう時に、普段からしっかり準備していれば、仕事の効率も上がっていくわ。

 

      次からはそれも考えてみてね」

 

 

 

エスカ 「あ、なるほど。 そうやって事前準備を短く出来たら、色々やれることも増えますよね。

 

     やってみます」

 

 

 

マリオン 「じゃあ、今期の課題を発表するわよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

◎新発見の遺跡の調査

 

 新しい遺跡が西の方で発見されました。

 

 未調査の箇所が多く、新発見があるかもしれません。

 

 さっそく、調査へと向かいましょう

 

 

 

ロジー 「新発見の遺跡、ですか。 どの辺りにあるんですか?」

 

 

 

マリオン 「ここから西の方よ。 かなり険しい場所に会ったらしくて、数日前に発見された

 

      ばかりなの。

 

      これはチャンスだわ。 今のうちに私たちの班で調査して、色々と発見して手柄に

 

      しましょう!」

 

 

 

エスカ 「見つかったばかりの遺跡かあ…。 何があるのかドキドキしますね!」

 

 

 

ロジー 「俺は不安しかないけどな。 いったい何が出てくるやら…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆アトリエ

 

 

 

('ω') おや?

 

 

アウィン 「二人とも、来てくれよ! ようやく飛行船の雛型が完成したんだ!」

 

 

('ω') おお!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「な…、進めててくれたのか?」

 

 

 

アウィン 「もちろん! 

 

      やっぱり飛行船を作るのは、技術者のロマンだからね!

 

      二人とも、モタモタしてるから、勝手に作っちゃったよ。

 

      ささ、早く早く」

 

 

◎ ばたん

 

 

('ω') …置いて行かれた…

 

 

 

 

エスカ 「そういえば、色々準備するのにずいぶん時間がかかっちゃいましたね…」

 

 

 

ロジー 「アウィンには悪いことをしたな…。 とりあえず、発着場に行ってみるか」

 

 

 

 

 

 

 

☆発着場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「わあ、すごい…。 なんだか見違えたね、お兄ちゃん!」

 

 

 

ロジー 「おお…。 けっこう立派なもんだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウィン 「まあ、ロジーも知ってるだろうけど、まだ基幹部分が完成してないからね。

 

      現状じゃ、ちょっと性能の良い気球って程度の飛行能力しかないんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「そうなんだ。 あとはどうしたらいいの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「…ここからが一番の問題だ。

 

     正直、やりたくないけど、ここまで来たらやるしかないか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「えっ、何か言いましたか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「いや、こっちの話だ。 腐れ縁があるんだと思ってあきらめるよ。

 

     よし、まずは班長のところへ行こう。 アウィンも一緒に来てくれ」

 

 

 

アウィン 「了解。 これからが正念場だね…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆オフィス

 

 

 

 

マリオン 「それで、飛行船の件で話って何?

 

      発着場に立派なのがあったけど、あれで完成じゃないの?」

 

 

 

アウィン 「ええ。 あれはあくまで第一段階です。 今のままでは、飛行船なんて呼べるもの

 

      じゃないんですよ」

 

 

 

ロジー 「あと必要なのは、補強資材にエンジン。 …これが最大の問題です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「それって、素材を集めてきて、調合したりするだけじゃダメなんですか?」

 

 

 

ロジー 「ああ。 この二つは、何より素材の質に左右される。

 

     さらに言えば、エンジンの調整はかなり腕の立つ錬金術士でも難しいんだ」

 

 

 

エスカ 「そ、そうなんですか…。 頑張ります!」

 

 

 

ロジー 「頑張るって…。 頑張ってどうにかなるほど甘いもんじゃないぞ」

 

 

 

アウィン 「その話は後で発着場でゆっくりしようよ、ロジー。

 

      とりあえず、確認だけね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリオン 「エンジンが難しいのは分かるけど…。

 

      補強資材、っていうのは何が大変なの?」

 

 

 

アウィン 「たとえエンジンを詰め込んだりしても、何かで船体を補強しないと、勢いが強すぎて

 

      バラバラになりかねないんですよ」

 

 

 

エスカ 「そんなにすごいんだ…。 それじゃ危ないね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「ただし、それに仕える素材の種類があまりありません。

 

     どうしても貴重な金属を使う事になります」

 

 

 

アウィン 「となると、多少まとまった量の希少金属を仕入れたり、ホムンクルスに複製を頼んだり

 

      しないといけないんです」

 

 

 

マリオン 「…当たり前だけど、そこまで出来るほど予算の余裕はもうないわ。

 

      飛行船の建造も、無茶して許可をとったくらいだし…」

 

 

 

エスカ 「そ、それじゃあまさか、ソールさんにその金属を仕入れるのを認めてもらわないと

 

     いけないんですか!?」

 

 

 

アウィン 「…そうなるね」

 

 

 

エスカ 「一気に難しくなっちゃいましたね。

 

     ここまで来て、予算が足りないなんて…」

 

 

 

マリオン 「確かに厄介ね…。

 

      でも、分かったわ。 ソールくんの説得は、私がやりましょう。

 

      ホムンクルスを貸してもらうくらいは、何とか譲歩してもらえるはずだから…」

 

 

 

エスカ 「でも、逆にその二つさえ揃えば、飛行船は完成するはずですよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「ああ、ここまでみんなが協力してくれているんだ。 頑張ろう」

 

 

 

エスカ 「はい、必要なものの調合は任せてください!」

 

 

 

ロジー 「俺はレシピ作りと、設計の確認をするよ。

 

     分からないことがあったら聞いてくれ」

 

 

 

エスカ 「あはは、だったらいつも通りですね」

 

 

 

ロジー 「ん、それもそうだな…」

 

 

 

アウィン 「ははは、二人とも、息ピッタリだね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「これだけずっと一緒にいれば、お互い慣れてくるだろ。 普通だよ」

 

 

 

エスカ 「よーし、あとちょっとなんだから頑張ろう!」

 

 

◎エスカとロジーの絆が深まった事により、ダブルドローを使うことが出来るようになりました

 

 

('ω') ふうん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ソールのところ

 

 

 

コルランド 「そうか、また鉄喰い竜が資材を…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女役人 「いかがいたしますか、支部長。 やはり討伐班を派遣してみては…」

 

 

 

コルランド 「うーむ…。 しかし、相手が相手だ。

 

       現状の支部の戦力では心もとない。

 

       中央に協力を要請してみるか。 未踏遺跡の調査隊に併せて、ある程度は

 

       対策も考慮してくれるかもしれん。

 

       こちらも手を考えるが、中央からの返答を待とう。 もうしばらく辛抱してくれるか?」

 

 

 

男役人 「了解しました。 警戒を強化しておきます」

 

 

 

コルランド 「うむ。 ある程度の被害は仕方ない。 くれぐれも、無茶はしないように」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「あの、すみませんソールさん。 実はちょっと込み入ったお願いが…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソール 「無理です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「は、早いな…。 まさか聞く耳も持ってくれないとは…」

 

 

 

ソール 「どうせ、飛行船の件でしょ?

 

     違うのでしたら、前言の撤回も考えますが?」

 

 

 

エスカ 「うう…。 はい、そのお話であってます…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソール 「そうでしょうね。 …それで、どういったご用件ですか?

 

     聞くだけなら聞きますが」

 

 

 

ロジー 「現状の雛型でも、気球よりは速く飛べるようになりました。

 

     ですが、がれきだらけの空域を突破して、未踏遺跡に到達するには、船体の強度が

 

     足りません」

 

 

 

エスカ 「それで、もっと飛行船を硬くするために、たくさん補強資材が必要なんです」

 

 

 

ソール 「あなた方も無茶を言いますね。 ホムンクルスにも通常の仕事があります。

 

     マリオンさんがどうしてもというので、補強資材の量産まではお手伝いしますが…。

 

     しかし、それに必要な最低限の希少金属はそちらで用意してもらわないと、さすがに

 

     こちらも困ります」

 

 

 

エスカ 「でも、もっと硬くしないと、飛行船にエンジンを積んでも意味がないんです!」

 

 

 

ロジー 「かなりの強度が必要なんです。 どうにかなりませんか?」

 

 

 

ソール 「…正直なところ、私も飛行船の建造に反対というわけではありません。

 

     むしろ、ここまでやったなら完成させるべきです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソール 「しかし、ただでさえ金属の資材は鉄喰い竜の騒ぎのせいで足りていません。

 

     協力したいところではあるのですが、今それらを調達するのは難しいんですよ」

 

 

 

 

エスカ 「鉄喰い竜? それって一体…」

 

 

 

ソール 「…失礼、口が滑りました。

 

     内密な問題ですので、聞かなかったことにしてください」

 

 

 

ロジー 「…なるほど、分かりました。 お忙しいようですし、失礼します」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「うーん、やっぱり無理かあ。 でも、鉄喰い竜の問題って一体何だろう…」

 

 

('ω') ふむ、そっから持ってくればいいわけだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| エスカ&ロジーのアトリエ | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 02:59
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>