八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
エスカ&ロジーのアトリエ プレイ日記   ゴミ捨て場と資料置き場とベッドが一緒 02:37

JUGEMテーマ:アトリエシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆リンゴ園

 

 

 

 

ファウル 「ほお、こんなものがあるのかい。 こういうのがあれば助かるね」

 

 

 

エスカ 「えへへ。 わたし、こういうのも作れるようになったんだよ。 すごいでしょー」

 

 

 

ファウル 「うん、偉いなエスカは。 支部に入って働いて、しっかり勉強もしているみたいで」

 

 

 

ファウル 「ロジーくん、と云ったね。 この通り、少しお転婆な娘だがよろしく頼むよ」

 

 

 

ロジー 「いえいえ。 こちらこそ。 エスカにはお世話になりっぱなしですから。 俺も負けない

 

     ように頑張ります」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「ロジーさん、そんな風に思っててくれたんですね…。 ちょっと感動です!」

 

 

 

ファウル 「…エスカはロジーくんを見習って、もう少し謙虚になろうね」

 

 

 

ロジー 「ははは…。 えっと、他に必要なものは、と…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファウル 「なるほど、こういうにもあるのか。 錬金術というのは便利なんだね」

 

 

 

エスカ 「お母さんは、こういうのって作らなかったの?」

 

 

 

ファウル 「どうかなあ。 私にはお母さんが何をやっていのか、さっぱり分からなかったからね」

 

 

 

クローネ 「全て終わったようですね。 お疲れさまです。

 

      仕事ぶりは見せてもらいましたよ」

 

 

 

エスカ 「それじゃあ、これでちゃんと合格?」

 

 

 

クローネ 「ええ、申し分なしです。 以前より様々なものを作れるようになりましたね、エスカ。

 

      それとも教え方の上手な、どなたかのおかげでしょうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「ははは、俺は何もしてませんよ。 今回はエスカも気合いが入ってましたし」

 

 

 

エスカ 「大好きなリンゴ園のためですから、当然です!」

 

 

 

クローネ 「そうですか。 二人とも、改めてお礼を云います。 ありがとうございました。

 

      これだけ備えがあれば、ここもしばらくは大丈夫でしょう」

 

 

 

 

エスカ 「そっか、よかったあ。 よーし、さっそくマリオンさんに報告に行ってくるね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「それじゃ、俺もこれで失礼します」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファウル 「…しばらくは大丈夫、ですか。 本当のところはどうなんですか?

 

      北の村も、水が涸れて廃村になってしまったと聞いています。 もしかすると、ここも…」

 

 

 

クローネ 「…どちらにせよ、私たちに出来ることは、最善を尽くすことだけです」

 

 

('ω') 思ったより深刻なんだな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆アトリエ

 

ロジー 「…あの、どうしてここで仕事をしてるんですか」

 

 

 

 

 

 

 

スレイア 「エスカには許可をもらったけど?」

 

 

 

ロジー 「俺に許可はとらないのか…。

 

     スレイアさんだって、自分の研究室があるんですよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイア 「ええ、あるわ。 広くはないけど」

 

 

 

ロジー 「だったら、どうしてわざわざここで仕事をしてるんですか?

 

     自分の研究室の方が落ち着けるんじゃ…」

 

 

 

スレイア 「いやよ、あんな汚いところ。 足の踏み場もないじゃない。 冗談キツイわ」

 

 

 

ロジー 「…自分の研究室の話ですよね、それ」

 

 

 

スレイア 「今のあそこは、私にとってゴミ捨て場で資料置き場でベッド、それ以上の意味はないわ。

 

      それに、今は机の上に物がいっぱいで、書類を書ける場所も残ってないし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「ゴミ捨て場と資料置き場とベッドという意味が、どうして両立しているんですか…」

 

 

('ω') 頭を抱えるロジー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイア 「仕事が忙しいと、どうしても掃除の時間がなかなかとれなくてね。

 

      ほら、資料もいつの間にか溜まっちゃうし。 気が付いたら床が見えなくなっているのよ」

 

 

 

ロジー 「どれだけ散らかしているんだ…。

 

     一度くらい掃除しようと思わなかったんですか?」

 

 

 

スレイア 「やろうとしたわよ、一度くらい。 でも、いざ掃除を始めたら、書類の山が一気に崩れて…。

 

      それからは掃除するのもバカらしくなって、今は完全に放置中なの」

 

 

 

ロジー 「確かに、そこまでなったら触りたくもないですね…」

 

 

 

スレイア 「それに比べて、ここは快適ね。 エスカがちゃんと掃除をしているからかしら」

 

 

 

ロジー 「そうですね。 よく掃除してくれるから、かなり助かります」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイア 「羨ましいわね。 私、掃除ができるのって一種の才能みたいなものだと思うんだけど、

 

      どう思う?」

 

 

 

ロジー 「…どうでしょう。 単にスレイアさんが面倒くさがりなだけじゃないですか?」

 

 

 

スレイア 「それは否定しないわ。 だって、掃除って面倒じゃない。

 

      掃除が好きなんていう人の方がよほど変人よ。 なに、あなた掃除好きなの?」

 

 

 

ロジー 「好きって程じゃないですけど、嫌うほど掃除しないわけでもないですよ」

 

 

 

スレイア 「器用ねえ。 私もやっぱり掃除くらいした方がいいかしら」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「今後のためにも、その方がいいですよ。 まずはやってみるところからですって」

 

 

 

スレイア 「でも、ここなら散らかしても掃除はやってくれるのよね。 やっぱり掃除なんて、

 

      自分でする必要あるのかしら…」

 

 

 

ロジー 「悩んでないで、自分で掃除してください…」

 

 

('ω') だな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆水の涸れた原因を探る

 

 

 

 

ロジー 「…誰もいないな」

 

 

 

エスカ 「こ、これってどういうことなんでしょう…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「水不足をどうすることも出来なかったからな。 おそらく、みんな移住したんだろう」

 

 

 

エスカ 「そんなあ…。 わたしがもっと錬金術をうまく使えていたら、なんとかできたんでしょうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「いや、これはそういう問題じゃない。 錬金術は万能じゃないんだ。

 

     こういう風に、どうにもならないことだってある。 自分の所為だなんて思うなよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「分かってます。 分かってるんですけど…。

 

     それでもわたしは、もっと人の役に立てる錬金術士になりたいんです…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 涸れた井戸か…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆アトリエ

 

 

エスカ 「ロジーさーん、ここにあったはずの参考書って知りませんか?」

 

 

 

 

 

 

ロジー 「いや、俺は知らないぞ。 よく探せって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「うーん、おかしいなあ。 確かにここに積んであったはずなのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「案外、仕事中にソファの下にでも落としたんじゃないか?」

 

 

 

エスカ 「ええと、あっ! ありましたー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「ロジーさんの言う通りでした。 よく分かりましたね」

 

 

 

ロジー 「…まあ、俺もよくやるからな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイア 「何が見つかったの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「わっ、スレイアさん! いつの間に…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイア 「報告書をまとめたくて来たんだけど、探し物でもしたのかしら。 なんかホコリっ

 

      ぽいわね」

 

 

 

ロジー 「本を無くしたから、探してたんですよ。 そしたらソファの下にあったんで、きっと

 

     それでホコリが…」

 

 

 

スレイア 「ああ、分かるわ。 私も良く本を無くすから。 そういう時は買い直すんだけど」

 

 

 

エスカ 「あはは、それじゃいつか本の山が出来ちゃいますよ。 ちゃんと探さないと」

 

 

 

スレイア 「そうね、もう十分手遅れだわ。 あの本の山、本当にどうしようかしら」

 

 

 

ロジー 「…それで、またここで仕事をしに来たんですか?」

 

 

 

スレイア 「何か問題でもあるかしら。 あなた達の邪魔はしないわよ」

 

 

 

エスカ 「いや、その、やっぱりバタバタしてるから、スレイアさんの方が仕事しにくいんじゃ…」

 

 

 

スレイア 「そんなことないわよ。 そういうのは慣れてるし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイア 「アトリエの雰囲気って独特じゃない? なんというか、集中力が増すっていうか…」

 

 

 

エスカ 「あ、それ分かります。 調合してる時とか、気持ちが和む感じで…」

 

 

 

スレイア 「そうそう、そんな感じなのよ。 思考を整理したりする環境として理想的なのよね。

 

      このちょっとホコリっぽい感じとか、火薬とかがゴチャゴチャした匂いとか…

 

      本棚の紙の感触とか、薬瓶の並んだ風景とか、それに時々なんだか焦げ臭かったり…

 

      色んな場所で試してみたけど、やっぱりこの感覚はアトリエにしかなかったわ」

 

 

 

ロジー 「そこまでアトリエが好きなんですか。 そんな人、初めて見ましたよ」

 

 

 

エスカ 「スレイアさん、やっぱりちゃんと勉強すれば錬金術も使えるようになるんじゃ…」

 

 

 

スレイア 「まったく、難しいことを云ってくれるわね。 調合って、素人には本当に分からない

 

      のよ。 あなたたちと一緒にしないでちょうだい」

 

 

 

エスカ 「そ、そこまで否定することかなあ…。 スレイアさんが調合してたら、本当に錬金術士

 

     っぽいのに…」

 

 

('ω') 人には好みってもんがありますもんでね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆調査

 

 

 

('ω') なんか出てきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジー 「エスカ、大丈夫か?」

 

 

 

エスカ 「はい…。 危ないなあ、もう…。

 

     …もう、声は聴こえなくなっちゃいましたね。 なんだったのかなあ」

 

 

 

ロジー 「分からないけど…、ここは危険だな。 無理しないで早く帰ろう」

 

 

 

 

 

 

('ω') お

 

 

 

 

エスカ 「…あれ? こんなところに何か落ちてる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「これって、前にも見たことありませんか?」

 

 

 

ロジー 「ああ、エスカが拾った石板に似ているかもな」

 

 

 

エスカ 「ですよね。 よーし、これも持って帰ろっと」

 

 

 

ロジー 「物好きだな…。 これぐらいなら、荷物にならないし、いいけどさ」

 

 

 

('ω') ここでの調査はこれで終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆アトリエ

 

 

 

 

エスカ 「うーん、何かくっつきそうなんだけどな…」

 

 

 

ロジー 「どうした、エスカ。 …それは石板のカケラか」

 

 

 

エスカ 「はい、調査中に手に入ったものを整理してたんですけど。

 

     これって同じ石板なのかなって」

 

 

 

ロジー 「別々の場所で手に入れたんだぞ、そんな偶然あるわけ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカ 「あっ、見てください、ロジーさん! これって繋がってますよね!」

 

 

 

ロジー 「…驚いたな、本当に同じ石板なのか」

 

 

 

エスカ 「えっと、何でしょう? これは人間ですよね」

 

 

 

ロジー 「そ、そうだな。 場面も同じみたいだし、何をやってるんだ?」

 

 

 

エスカ 「うーん。 これだけじゃ、よく分からないなあ」

 

 

 

ロジー 「ふむ…。 確かに、これだけで意味の通じるものじゃないんだろう。

 

     残りが見つかれば、もう少し詳しく分かるかもしれないな」

 

 

 

エスカ 「よーし、それだったら、せっかくだし集めてみましょうか!」

 

 

 

ロジー 「本気か? まあ、調査していればもっと見つかるかもしれないか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| エスカ&ロジーのアトリエ | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 02:37
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>