八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 幽霊船とドラキュラ城 04:01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   前回のつづきから

 

   ネタバレです。

 

   たまに誤字・脱字します。

 

   それでもご了承の方はお進みください。

 

   レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 後回しにしてた、海に浮かぶ幽霊船?の調査に行ってみる

 

 

 

 

 

('ω') 船が出てくるという場所に行ってみる

 

 

 

リングアベル 「む? 急に霧が…」

 

 

 

ティズ 「なんだ、あれ!」(指をさす)

 

 

 

イデア 「あれって、噂の…」

 

 

 

アニエス 「こ、こっちに向かってきます!」

 

 

 

ティズ 「どうする!?」

 

 

 

('ω') 行くよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 乗り込むしかないでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ファンキー・フランキスカ号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 幽霊船?に乗り込む一行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「誰もいない…」

 

 

 

アニエス 「いえ、注意してください。

 

      たくさんの船乗りたちの魂が…」

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「ひぇぇぇ、じゃあこの船って、ゆ、幽霊船!?」

 

 

 

リングアベル 「残念だ。 ここには男の魂しかいないらしい。

 

        女の魂ならば俺が安らかに眠らせてやったものを」

 

 

 

??? 「おお! 生きた客人とは珍しい!

 

     ダッハッハ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ん?どこだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 船長…か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「この人だけ、生きてる!?

 

     あんたがこの船の船長か!?」

 

 

 

??? 「惜しいな!

 

     実に惜しいが我が輩は、船長代理!

 

     本物の船長ならば、我が輩のすぐ横にいるんだが、ま、

 

     お前たちには見えんだろう」

 

 

 

イデア 「見えないって、や、やっぱりこの船…、幽霊船…!」

 

 

 

??? 「ようこそ、海賊船ファンキー・フランキスカ号へ!

 

     よく来てくれた!

 

     我が輩は、黒鉄之刃の海戦部隊を指揮する、キャプテン・バルバロッサ!

 

     …で、あ〜るっ!」

 

 

 

イデア 「黒鉄之刃…!」

 

 

 

バルバロッサ 「風の巫女とその一党よ、お前たちを歓迎しよう!」

 

 

 

アニエス 「えっ!?」

 

 

 

ティズ 「なぜ僕たちのことを!?」

 

 

 

バルバロッサ 「我が輩が敬愛する師団長、カミイズミ殿を、剣聖を破りし剛の者を、

 

        知らぬわけがあるまい!

 

        ぜひ一度、手合わせしたいと思っていたのだ!

 

        ダッハッハ!」

 

 

 

ティズ 「くっ!」

 

 

 

バルバロッサ 「わが友よ、舵は任せたぞ!

 

        いざ、尋常に勝負っ!! フンっ!」

 

 

 

☆ぐらつく船

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルバロッサ 「ぐぅ…!

 

        この船もだいぶガタが来とるな!

 

        床が抜けてしまうとは無様な! ダッハッハ…」

 

 

 

イデア 「足がある…!

 

     この人、やっぱり幽霊じゃない!」

 

 

 

バルバロッサ 「おう! 正真正銘! 生身の人間だぞ!

 

        この船では、我が輩だけだがな、ダッハッハ!」

 

 

 

イデア 「なんで、こんな薄気味悪い幽霊船なんかに…」

 

 

 

バルバロッサ 「我が輩は、この船で、あるものを探しておる!

 

        この船でなければならんものを、だ!!」

 

 

 

イデア 「あるもの?」

 

 

 

バルバロッサ 「ああ、たとえ海の男でなくとも、男ならそれを

 

        ”ロマン”と呼ぶことであろう!」

 

 

 

リングアベル 「分かる! 分かるぞっ!!

 

        ロマン…それは男の魂が求める至高なるもの!」

 

 

 

イデア 「リングアベル! 意気投合しないで!」

 

 

 

バルバロッサ 「女子供には分らんか! まぁ、まともに考えれば

 

        あまりにも馬鹿馬鹿しく、下らんものなのだろう…

 

        だが我が輩は、その下らぬロマンを求め、幾年も海を駆け回る

 

        愚かしさにこそ、真理を感じるのだ!」

 

 

 

リングアベル 「そうだ!

 

        まさしく真理!」

 

 

 

バルバロッサ 「さあ、そろそろ参ろうぞ!

 

        我が輩の、この大戦斧がお相手だ! ダッハッハ!」

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルバロッサ 「ぐぅ…! さ、さすがは風の巫女とその一党…。

 

        恐るべき力…であった…。 ダッハッハ…

 

        スレイマン…、師団長…どうやら我が輩はここまで…ゴフ…」

 

 

 

 

 

☆ジョブ 海賊ゲット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「ティズの夢」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「僕、小さい頃の夢って船乗りになることだったんだよね」

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「そうだったんですか?」

 

 

('ω') 意外だな

 

 

 

イデア 「っていうかティズって山育ちじゃん…」

 

 

 

リングアベル 「山育ちだからこそ、逆に海に憧れがあるんだろう?」

 

 

 

ティズ 「…でも、あきらめちゃった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「どうして?」

 

 

 

ティズ 「…ほら、僕、泳げなかったから…」

 

 

 

アニエス 「海からあんなに離れたところに住んでいたのですから。

 

      無理もないですよ」

 

 

 

イデア 「な、情けない!

 

     そんなことで夢をあきらめるなんて!!」

 

 

 

ティズ 「そんなことって…

 

     泳げる泳げないは重要だよ」

 

 

 

イデア 「いい?

 

     ティズ、よ〜く聞きなさい。

 

     そこにいるリングアベルも公国の幹部もみんな、

 

     飛空艇を操縦してるよ!

 

     誰も飛べないけどね!」

 

 

 

(;゚Д゚)!

 

 

 

 

 

ティズ 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 幽霊船に関してはこれで終わりかな?

 

   よし、ではいよいよドラキュラ城へ行くために石を探しに行こう!

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-)行きます

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ふぅ〜、勝てた…」

 

 

 

??? 「ほう、このカラクリに気づき、私が配したこの者に勝つとは…。

 

     闇のキーストーンを授けよう…」

 

 

 

 

 

 

イデア 「そ、その声は!

 

     レスター卿!?」

 

 

 

ティズ 「ってことは、この石が…、吸血鬼城の鍵…!

 

     よし、あと5つだな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 次!

 

 

 

 

 

(-_-) これだな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) あっ

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ふぅ〜、勝てた…」

 

 

 

(-_-) やばかったな

 

 

 

??? 「私が配したこの者に勝つとは…。

 

     水のキーストーンを授けよう…」

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) これを集めるのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 次!

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ふぅ〜、勝てた…」

 

 

 

??? 「私が配したこの者に勝つとは…。

 

     風のキーストーンを授けよう…」

 

 

 

 

 

 

ティズ 「よし、あと3つだな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 次!

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ふぅ〜、勝てた…」

 

 

 

??? 「私が配したこの者に勝つとは…。

 

     光のキーストーンを授けよう…」

 

 

 

 

 

 

ティズ 「よし、あと2つだな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 次!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「わわわ…! 石碑から…ドラゴン!?」

 

 

☆戦闘開始

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ふぅ〜、勝てた…」

 

 

 

??? 「私が配したこの者に勝つとは…。

 

     火のキーストーンを授けよう…」

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「よし、あと1つだな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ラスト!

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ふぅ〜、勝てた…」

 

 

 

??? 「私が配したこの者に勝つとは…。

 

     土のキーストーンを授けよう…」

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「よし、これで全部揃った!

 

     急いで吸血鬼城へ向かおう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆吸血鬼城

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガチョン

 

 

 

ティズ 「今の音は…?

 

     扉は開いたってことかな?」

 

 

 

リングアベル 「ずいぶんあっさりと開くんだな。

 

        趣と言うか、間と言うか…、味も素っ気もない」

 

 

 

イデア 「さ、リングアベルが余計なことを言う前に

 

     さっさと入ろ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆一同は中へ

 

 

 

 

 

 

☆入って正面、絵が飾ってある

 

 

 

イデア 「うわっ、寒っ!

 

     外より寒いじゃない…」

 

 

 

ティズ 「なんだろう?

 

     回廊に絵がたくさん」

 

 

 

リングアベル 「まるで美術館のような作りだな」

 

 

 

アニエス 「何か、寂しそうな絵ばかりですね…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「うわ〜…大きな絵。

 

     これは…、レスター卿?」

 

 

 

リングアベル 「ずいぶんと綺麗な奥方がいたんだな。

 

        ん? 題がある…

 

        ”ロッソ家の長子レスター、後のクリスタル教の司祭にして、

 

        クリスタル正教の枢機卿…”

 

        ”凍てつく冬のある日、エタルニアの地に誕生”…

 

        なんだ、こっちの若い夫妻ではなくて、赤ん坊の方が

 

        レスター卿なんだ」

 

 

 

アニエス 「クリスタル教の…司祭…?」

 

 

 

ティズ 「ん? どうかしたの?」

 

 

 

アニエス 「クリスタル教とは、クリスタル正教が発祥する以前に存在した、

 

      今では旧教と呼ばれる宗派。

 

      今から2400年も前のことです。

 

      それに、旧教の司祭にして正教の枢機卿、とは…

 

      この絵を見る限り、レスター卿はそんな昔に生まれていたということになります」

 

 

 

??? 「その通り。

 

     私は、今から2400年も昔、この地に生を受けた」

 

 

 

☆どろん

 

 

 

 

 

ティズ 「レスター卿、この絵は?」

 

 

 

レスター卿 「これは、ご覧の通り私が生まれた時の絵さ。

 

       もっとも、オリジナルはすべて燃えてしまったがね」

 

 

 

アニエス 「レスター卿、旧教の司祭にして、正教の枢機卿とは、いったい

 

      どういうことなのでしょう?」

 

 

 

レスター卿 「ふむ、さすがは風のクリスタルの巫女…、やはり、そこに興味を

 

       持つのだね。

 

       旧教と正教について語る前に、まずはこの国の成り立ちについて、

 

       少し話しておこうか。

 

       君たちも知っているだろう。

 

       この地が長年、クリスタル正教に統治されていたのは。

 

       それが、15年前の聖騎士の蜂起によって占領され、その後にエタルニア公国が

 

       樹立した…。

 

       大よそ、そんな風に教わったのではないかな?

 

       しかし、聖騎士は、この国を新たに建国したのではない。 正確に言えば、彼は

 

       国を復活させたのだ」

 

 

 

イデア 「復…活?」

 

 

 

レスター卿 「そう、この国にあったクリスタル正教の総本山、実はそれ以前には”エタルニア王国”が

 

       あったのだ。

 

       今から2400年ほど前、この地は四季の彩りが豊かな大陸だった。

 

       厳高地も今ほど高い海抜ではなく、外国との行き来も盛んだった。

 

       エタルニア王は、土のクリスタルとクリスタル教を庇護し、数代に渡ってこの地を

 

       平和に治めていた。

 

       エタルニア王国の西に、お受けの血を引くロッソ公爵家の居城があった。

 

       王家とロッソ公爵家の関係はとても良く、歴代の王はロッソ公爵家を厚遇し、

 

       代々のロッソ公爵けもまた、歴代の王に忠誠を捧げたのだ」

 

 

 

(-_-) ここまで話して姿を消しやがった…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「レスター卿の描いた家族の絵…」

 

 

 

アニエス 「この後、怒涛のような…、私達が想像もできないような、

 

      悲劇が待ち受けているのですね…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 04:01
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>