八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 イデアパパとママ 03:47

JUGEMテーマ:ニンテンドー3DS(ゲーム全般/本体)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから。

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ、ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「昏」 談義

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「この魔人のアビリティ、”昏” なんだけどさ…

 

     敵を全員眠らせてしまえば強力だと思わない?」

 

 

 

リングアベル 「そうだな。

 

        消費MP9…。 それほど高いコストでもないしな」

 

 

 

ティズ 「長丁場のダンジョンなんかで重宝するね」

 

 

 

アニエス 「問題は、どうやって眠らせるか…ですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「ふあ〜あ…」

 

 

 

リングアベル 「スリプルって魔法があったな。

 

        通常攻撃で眠りの追加効果のある武器、あったっけ?」

 

 

 

ティズ 「でもスリプルは単発だよ?

 

     ブレイブ3回で3回スリプル、3匹までしか倒せないね」

 

 

 

アニエス 「単体かけしかできない魔法を、全体化できるアビリティとかあったら、

 

      便利そうですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「あふあふ…

 

     まったく…、みんな熱心だね〜。

 

     あたしはそういうの苦手だな」

 

 

 

ティズ 「イデアは、どんな戦闘スタイルが好きなの?」

 

 

 

イデア 「そうね…、両手持ちで、」

 

 

 

ティズ 「うんうん(盾は持たないんだ…)」

 

 

 

イデア 「ブレイブ3回して…」

 

 

 

リングアベル 「ふむ、それで…」

 

 

 

イデア 「”踏み込む”! 4回とも!!」

 

 

 

リングアベル 「ああ…、イデアらしい」

 

 

 

アニエス 「麻痺させられたり眠らされたり3ターン固められて

 

      何もできない…今まで何度もそういう状況があったでしょ?」

 

 

 

ティズ 「こういう子を相手に、”昏” が有効なんだね〜」

 

 

(-_-) なるほど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 気になったのでドラキュラ城へ

 

 

 

 

 

ティズ 「うーん! うーん!

 

     …駄目だ。 開かないよ」

 

 

 

??? 「誰かね? 私の静かな生活を乱すのは…」

 

 

 

ティズ 「あの、レスター卿…お話を、ぜひ伺いたんです!」

 

 

 

レスター卿 「ほう、私の名を知る…か。

 

       まあいい…

 

       その門を通りたくば、世界中に散らばった6つのキーストーンを探してくるのだ。

 

       それでは、君たちの再来をお待ちしているよ、ずっとね…」

 

 

 

(-_-) キーストーンか

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 出直しだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) あれだな、おかしな塔みたいなやつ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「わわわ…! 石碑から…ドラゴン!?」

 

 

☆戦闘開始

 

 戦闘終了

 

 

(-_-) 勝ったら石が手に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) せっかくなんで、この国のことはここで終わらせよう。

 

 

 

 

イデア 「お父様…」

 

 

 

 

 

元帥パパ 「…。

 

      やはりここへ来た…か。

 

      そちらが、風の巫女か。

 

      これほど若いとはな」

 

 

 

アニエス 「風のクリスタルの巫女、アニエス・オブリージュと申します。

 

      再びあなたとこうして向かい合うことになるなんて、

 

      思ってもいませんでした…」

 

 

 

元帥パパ 「再び…とは?」

 

 

 

アニエス 「いえ…何でもありません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「私は、あなたの描いた理想、そのすべてを否定するつもりはありません。

 

      ただ、あなたがクリスタル正教に憎悪を抱き、信徒を弾圧したことは、

 

      断じて許せません!

 

      なぜ、弾圧などしたのですか…?

 

      話し合うことは、できなかったのですか?

 

      戦火を拡大させ、罪もない多くの人々を巻き込む意義が、あなたの理想

 

      にはあったのですか?」

 

 

 

イデア 「お母様を助けるために仕方なかったんだよね? そうでしょ?」

 

 

 

元帥パパ 「黙っておれイデア。

 

      …それはお前の思い違いというもの」

 

 

 

イデア 「…違うの?」

 

 

 

元帥パパ 「…。

 

      …今から20年前、私は教団に絶望した。

 

      あの世界疫病が、ルクセンダルク全土を襲った年だ。

 

      このエタルニアでも疫病が猛威をふるい、多くの民が死んでいった。

 

      だが対抗する手段はあったのだ。

 

      土のクリスタルを利用し、白魔道の治療効果を高めさえすれば、疫病は

 

      止めることができたのだ!

 

      だが、私のその訴えは問答無用で却下された。 何度も、何度も…。

 

      代わりに教団が取った措置は…! 街道を封鎖して、疫病を村ごと根絶

 

      するという愚策!

 

      救民を謳う教団は、民を救わず、根絶やしにして教団を守っただけではないか!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「それでお父様は…」

 

 

 

元帥パパ 「だが、そのような教団の腐敗ですら、クリスタルにまつわる重大な秘密の前には、

 

      些細なこと」

 

 

 

アニエス 「秘密…?」

 

 

 

元帥パパ 「私は教団を去り、ユルヤナの地で老師と出会い、クリスタルにまつわる秘密を

 

      教えられた。

 

      クリスタルは、扱いを誤れば世界を滅ぼす、とな」

 

 

 

アニエス 「なっ…。

 

      何を云うのです! クリスタルは歴代巫女の祈りが込められた、人々を導く輝きです!」

 

 

 

元帥パパ 「その通りだ。 だがそれはクリスタルの一側面でしかないのだ、風の巫女よ。

 

      扱い次第で世界を滅ぼしかねぬクリスタルを、己が保身しかせぬ教団には、

 

      管理させられぬ。

 

      そして、その私の懸念は現実のものとなった…。

 

      15年前、教団の指導者たちは、自らの威信を取り戻すためだけに、”大祈祷” を

 

      行おうとした」

 

 

 

アニエス 「大祈祷…!! ま、まさか…

 

      教団が、威信復活などのためにクリスタルの力を利用するなんて…」

 

 

 

元帥パパ 「我らの調査によれば、その時点で土のクリスタルは非常に不安定だった。

 

      にもかかわらず大祈祷など行えば、エタルニアの地はどうなっていたことか」

 

 

 

イデア 「じゃあ、お父様は、その大祈祷を止めるために、教団総本山と土の神殿を

 

     襲ったというの!?」

 

 

 

元帥パパ 「…間に合わなかったがな。

 

      我らが踏み込んだとき、大祈祷はすでに始まってしまっていたのだ。

 

      それにより、土のクリスタルは15年前からその力を垂れ流し続けている」

 

 

 

ティズ 「クリスタルの危険を回避するために、溢れ続ける力を医療に利用していたのか!」

 

 

 

元帥パパ 「ようやく理解にいたったか…。

 

      確かに、あるいは別のやり方があったかもしれん。

 

      私の故郷や妻を思う感情が、この判断に至る原動力となったのも事実であろう…。

 

      風の巫女よ。

 

      お前のしているクリスタルの解放も、クリスタルへの干渉。

 

      災厄を導く恐れがある」

 

 

 

アニエス 「違います! 私達は世界を災厄から救うために、クリスタルの解放を行っているのです!」

 

 

 

元帥パパ 「それも結局の所教団の考え方でしかない。

 

      何にたぶらかされているかはわからぬが…正常な判断のできぬ者をクリスタルに

 

      近づけさせるわけにはいかぬのだ!

 

      もはや、問答は無用っ!!」

 

 

 

イデア 「お父様っ…!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデアママ 「あなた…!」

 

 

 

 

 

イデア 「お母様…」

 

 

 

元帥パパ 「お、お前…か…」

 

 

 

イデアママ 「ごめんなさい…、あなた…。

 

       私のせいで、こんなことに」

 

 

 

元帥パパ 「馬鹿な…ことを…。

 

      お前のせい…などでは…ないさ…」

 

 

 

イデアママ 「あなた…」

 

 

 

元帥パパ 「風の巫女よ…。 この傷では…私はもう…二度と剣を握ることはできぬだろう…」

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

元帥パパ 「クリスタルは、巫女に託そう…。

 

      私の真意は、すべて伝えた。

 

      後は、巫女が判断するのだ。

 

      お前たちが…正しい判断を…してくれると…信じている…

 

      光の柱を立ち昇らせてはならぬ…分かった…な…」

 

 

 

 

 

 

 

 

イデアママ 「あなた!」

 

 

 

リングアベル 「大丈夫、気絶しただけだ。

 

        すぐに治療すれば一命は取り留めるはず」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデアママ 「…冷静なのね、イデア。

 

       まるで、急に大人になったよう」

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

イデアママ 「責めているわけではないのよ。

 

       あなたは、あなたの信じる道を進めばいい。

 

       お父様がそうしたように…

 

       それと、風の巫女様」

 

 

 

アニエス 「はい…」

 

 

 

イデアママ 「あなたも、夫の言葉に縛られる必要はありません。

 

       ただ、すべてを否定してほしくはないの。

 

       あなたは、ただひとり生き残った巫女。

 

       民を導く、希望なのです。

 

       一つの信念に凝り固まらず、多くの意見を聞いて、進むべき道を判断してね」

 

 

 

 

アニエス 「はい…。

 

      心に刻みます」

 

 

 

イデアママ 「よかった…。

 

       では、行きなさい…」

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「お母様…お父様を、よろしくね」

 

 

 

イデアママ 「ええ、もちろんよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) はい、クリスタル

 

 

 

 

 

ティズ 「見て!」

 

 

 

アニエス 「あのクリスタルの…、ここもですか…」

 

 

 

イデア 「どうする? 解放の儀式、やっちゃう?」

 

 

 

アニエス 「ええ、そうですね…」

 

 

 

リングアベル 「待て! 何かいるぞ!」

 

 

 

アニエス 「え…!?

 

      あれは…災厄を蔓延せし者 ギガースリッチ!」

 

 

 

イデア 「やっぱり魔物も復活しているのね!」

 

 

 

ティズ 「来るぞ!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

 

エアリー 「また魔物に取り憑かれないうちに、クリスタルを解放してしまうのよ!」

 

 

 

アニエス 「分かりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリー、準備できました」

 

 

 

エアリー 「大体分かってるでしょうけど、改めて聞いておきたいことはある?」

 

 

 

(-_-) ないよ

 

 

 

エアリー 「アニエス、始めるわよ? 準備はいい?」

 

 

 

アニエス 「ええ、始めましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「はあ…はあ…はあ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) スパーーーーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「やったわ! クリスタルの解放は成功よ!

 

      これで4つすべてが解放されたわよ!」

 

 

 

ティズ 「くっ…この光…、ホリーピラーか?」

 

 

 

エアリー 「ええ、間違いないわ。 アニエス、もう一度、あそこへ向かいましょう。

 

      今度こそ、大穴を塞いで、世界から闇を浄化するのよ!」

 

 

 

アニエス 「ええ、分かっています。

 

      今度こそ…必ず…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) その前にお母さんにあいさつ

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「あの…、お母様」

 

 

 

イデアママ 「どうしたの?

 

       そんなに思いつめた顔して…」

 

 

 

イデア 「あの、あたし…聞いちゃったんだ。

 

     お父様と、師匠の若い頃の…話」

 

 

 

イデアママ 「…そう、まったくあの方にも困ったものね」

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「じゃあ、ホントのこと…だったんだ…

 

     お父様と師匠が決闘したのは、お母様を争ってのこと…」

 

 

 

イデアママ 「いいえ、それは違うの。

 

       あれは、共に口下手で頑固な者同士が、剣で語り合っただけ」

 

 

 

イデア 「そ、それで…三日三晩も…」

 

 

 

イデアママ 「まあ、決闘だなんて言われるのも無理ないわね」

 

 

 

イデア 「でも、決闘に勝利した師匠がお母様に告白…しにいったって…」

 

 

 

イデアママ 「…それも…、違うわね。

 

       あの方が、ひとりで村に来た日のことは今でも忘れないわ。

 

       母さんの家に来て”聖騎士の元へ嫁げ!” …そういったのよ。

 

       ”聖騎士め、私に勝ちを譲りおって!”

 

       たいそうご立腹だったわ。

 

       ”あなたの瞳には、聖騎士しか映っていない”

 

       ”あの頑固者は、そちらから言わねばわからぬ” と」

 

 

 

イデア 「じゃあ、お母様は…最初からお父様を」

 

 

 

イデアママ 「そうね…。

 

       幼い頃から、ずっと見てたわ。 お父様を…。

 

       カミイズミ様が街へお戻りになるのと入れ違うように

 

       お父様が村に帰ってきた。

 

       そして、告白してくれたの。

 

       嬉しかったわ…。

 

       お父様と私は婚約し、エタルニアの街へ移り住んだの。

 

       でも…

 

       カミイズミ様は、武者修行の度に出てしまった。

 

       お父様も、そうとうご立腹だったわ。

 

       ”一番祝ってもらいたかったのに!” …と」

 

 

 

イデア 「そんな…師匠を…、あたしは…!

 

     お父様も…!」

 

 

 

イデアママ 「…。

 

       ええ、カミイズミ様のことは、聞きました。

 

       でもね、あのお父様の血を引き、そして、カミイズミ様の愛弟子であるあなた…

 

       やはり剣で語り合うしかできなかったでしょう。

 

       たとえ、あなたがどんなにおとなになってもきっと…」

 

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

イデアママ 「でも、忘れないでね…

 

       カミイズミ様のおかげで、私達は世界疫病を逃れることができ、

 

       あなたという娘を授かることができたの。

 

       そしてカミイズミ様が、お父様にご協力してくれたおかげで、

 

       私はこうして生きていられるの。

 

       それに剣の道をとおしてあなたの価値観を作り、育ててくれたのもカミイズミ様なのよ。

 

       カミイズミ様への感謝の気持ちを忘れてはいけません。

 

       これからも…ずっと…」

 

 

 

イデア 「…。

 

     はい、お母様」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 一件落着

 

   これからドラキュラ城へ挑戦します

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 03:47
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>