八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 イデアのふるさとへ 03:18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから。

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ、ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドマン 「どうしました?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「アレを何とかしよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリン 「あ、風の巫女さんとその愉快な仲間たちの皆さん♪

 

     来てくれたんですね〜♪」

 

 

 

アニエス 「別に、歌を聴きにきたわけではありません」

 

 

 

プリン 「またまたぁ♪ 私の歌声の噂を聞きつけていてもたってもいられなくなったクセにぃ〜♪

 

     だって、ねえみんな、私の歌は〜?」

 

 

 

 

 

 

 

 

親衛隊 「ミ・ナ・ギ・ル〜!」

 

 

 

イデア 「黙って!

 

     今日こそ、あんたの好きにはさせないから!」

 

 

 

プリン 「ええ〜、無駄なのにぃ〜♪

 

     私の親衛隊は、私のためなら死んでもいいって思ってるもん。

 

     ね〜? みんなそうでしょ〜?」

 

 

 

親衛隊 「プリンちゃ〜ん、命〜!!!」

 

 

 

プリン 「ありがとぉ〜♪

 

     それじゃ、聴いてください!

 

     ”純愛☆十字砲火”〜♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

プリン 「♪〜」

 

 

 

親衛隊 「うおおおおおおおお!!!!!」

 

 

 

イデア 「そうはさせないんだから! 盾派のみんな、行っくよ〜!」

 

 

 

 

 

 

 

 

盾派 「♪〜」

 

 

 

プリン 「え、そんな、何あれ!? こんなの聞いてな〜い!

 

     これじゃ、私の声が届かないよぅ…!

 

     もっと…もっと声を出さなきゃ…!

 

     ♪〜

 

     え〜ん、こんなの無理〜!

 

     こうなったら、ほうげきタイム〜♪」

 

 

☆どーん

 

 

 

プリン 「どう?

 

     ウソ〜!? ちっとも効いてない!

 

     キイ! 何よぉ〜! 私のこと、いじめないでよ!

 

     もっとチヤホヤしてよう!

 

     もう! 皆、風の巫女さんたちをここからつまみ出しちゃえ〜!」

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリン 「うう…ひどいよ、私、スーパースターなのにぃ。

 

     ただ歌を聴いてもらいたかっただけなのに。 グスン

 

     もういいもん…私、普通の女の子に戻ります…」

 

 

 

親衛隊 「プリンちゃ〜ん!!! やめないでええええ!!!!」

 

 

 

プリン 「みんな、ごめんね…。 グスン…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドマン 「いやあ、実にお見事な作戦でした!

 

       アレを完全に封じ込めていましたね!

 

       このエイゼン大橋での消耗もかなり少なくなるかと思います。

 

       本当に助かりました!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「堅すぎるアニエス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「あの娘、すごかったな〜」

 

 

 

イデア 「声はのびやかだし、振り付けかわいいし、曲もノリノリだったよね〜」

 

 

 

アニエス 「わ、私は神殿暮らしが長かったせいか、あのような騒がしい音楽はどうも苦手で…」

 

 

 

イデア 「そっか〜。

 

     アニエスは、ああいった曲は騒がしいって感じちゃうんだ」

 

 

 

アニエス 「え、ええ…。

 

      頭がボ〜っとしちゃうのです」

 

 

 

イデア 「アニエスは相変わらず堅いね〜! 超マジメ」

 

 

 

アニエス 「リズムに身をゆだねるというか、みんなで同じ動きをするっのって、

 

      へ、変じゃない…です…か?」

 

 

 

イデア 「変って…ハハハ。

 

     ああいうのはね、何も考えずに楽しめばいいの。

 

     ほら、誰かもいってたじゃん。

 

     ”大事なことは、楽しむこと” って。

 

     マジメ過ぎちゃうと、大事なことも見失っちゃうよ」

 

 

 

リングアベル 「しまった! 大事なことを忘れてた!!

 

        音楽に夢中になりすぎて彼女に声をかけることができなかった!」

 

 

 

イデア 「…あいつは楽しみすぎて大事な何かを見失ってるな〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 橋は渡れるようになったし、次はどこへ行こうか…

 

   クリスタル、行ってみようかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) …あれ? 魔物との戦闘シーンが…ない…(汗)

 

   一体…

 

   戦闘シーン抜けましたけど、さらっと流しといてください m(_ _)m

 

 

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

 

エアリー 「また魔物に取り憑かれないうちに、クリスタルを解放してしまうのよ!」

 

 

 

アニエス 「わかりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆お着替え中〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリー、準備できました」

 

 

 

エアリー 「大体分かってるでしょうけど、改めて聞いておきたいことはある?」

 

 

(-_-) ないです

 

 

 

エアリー 「アニエス、始めるわよ? 準備はいい?」

 

 

 

アニエス 「ええ、始めましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「はあ…はあ…はあ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「やったわ! クリスタルの解放は成功よ! アニエス、お疲れ様!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリーのブローチは…? どうなっていますか…?」

 

 

 

エアリー 「大丈夫、ちゃんと火の紋章が点灯したわ」

 

 

 

アニエス 「そう…よかった…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「アニエス! 大丈夫!?」

 

 

 

アニエス 「ええ…。 もう、慣れましたから…

 

      少し休んだら、すぐに、次の神殿へ向かいましょう」

 

 

 

ティズ 「…わかった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「袋小路」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「老師様、意味深なこといってたね。

 

     クリスタルの危険性とか大いなる災厄とか」

 

 

 

アニエス 「大いなる…災厄…」

 

 

 

イデア 「大いなる災厄が何なのか1800年もかけて調べてもわからないなんて…」

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

ティズ 「…大いなる災厄っていま僕たちがおかれているこの状況なんじゃないかな?」

 

 

 

リングアベル 「世界が巻き戻ったようなこの不思議な世界…?」

 

 

 

ティズ 「…。

 

     ねえ、この不思議な世界が大穴の原因と関係するのかな?」

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

リングアベル 「やれやれ…まるで袋小路におちいった恋愛のような気分だな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) あとやり残したことは…あ、ここだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カダ 「くそっ、大戦果をあげたこのあたしが、こんな後方で負傷兵の治療などをさせられるとは!

 

    だいたい、戦争に卑怯も卑劣もあるものですか!

 

 

 

 

 

 

 

カダ 「勝ちさえすればいい。 勝たなければならない! それが戦争だと言うのに!」

 

 

 

傭兵 「そうっすね〜」

 

 

 

カダ 「それを、”戦う相手に敬意を払え” ?

 

    ”ただ殺すことだけを追求するな” ?

 

    いい歳をして、何を馬鹿なことを! 誇りや矜持など、戦場では足を引っ張るだけですよ」

 

 

 

傭兵 「はあ、そうっすか」

 

 

 

カダ 「戦場で剣を振るってさえいれば偉いとでも勘違いしているに違いありませんね!

 

    前時代的にもほどがあります!」

 

 

 

傭兵 「でも、Dr.カダって偉いっすよね〜。

 

    味方の負傷兵だけじゃなくて、敵である盾派の負傷兵も治療するなんて。

 

    なかなかできるもんじゃないっすよ、ホント」

 

 

 

カダ 「フォ、フォッフォ、そ、そう思いますか?

 

    そうでしょそうでしょ、まったくその通りでね」

 

 

 

傭兵 「あれって、剣聖様からの指示なんすか?」

 

 

 

カダ 「そんなわけがないでしょう。 あの男が許可をだすわけがないですから。

 

    私の独断です」

 

 

 

傭兵 「そうなんすか? じゃあもしバレたら、Dr.カダが処分されるんじゃ…」

 

 

 

カダ 「あたしのことなど構わないのですよ。

 

    一人でも多くの負傷兵に投薬をできればそれでね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「…。

 

     今の、聞いた?」

 

 

 

リングアベル 「ああ、前とは少し違うな」

 

 

 

イデア 「もしかしてあいつって、実はいい人?」

 

 

(-_-) ちょっとよくわからないので

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 突入

 

 

 

イデア 「話は聞かせてもらったわ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

カダ 「むむっ!? 何だお前たちは!?」

 

 

 

イデア 「あたしの名前は、イデア・リー!」

 

 

 

カダ 「イデア・リーですと?

 

    まさかお前は、元帥閣下の娘だと言うのですか!」

 

 

 

イデア 「そんなことよりもあんた、黒鉄之刃の幹部なのに盾派の負傷兵も治療してるってホント?

 

     どうして!? もしかしていい人なの?

 

     皆を助けようとしているのかな? だったら、この戦を止めるために一緒に…」

 

 

 

 

カダ 「…。

 

    …フォッフォッフォ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カダ 「フォッフォッフォ、ああ、愉快愉快。

 

    滑稽すぎて笑えてきてしまいますよ」

 

 

 

イデア 「え…?」

 

 

 

カダ 「何を勘違いしているのですか?

 

    人体実験においては、検体は多ければ多いほどいいということがわかりませんか!?」

 

 

 

ティズ 「人体…実験…!?」

 

 

 

カダ 「ええその通り! この薬師、Dr.カダにかかれば大量殺戮平気から蘇りの秘薬まで…

 

    作れぬ薬などはありません! ですがね、その成果を試す検体には不自由しっぱなし。

 

    まさか味方の負傷兵を検体にするわけにはいかないでしょう?

 

    敵の捕虜を使うのは最も効率的で安上がりな方法…そう思いませんか?」

 

 

 

イデア 「むぐぐ…! やっぱりこいつ、正真正銘のひどい人間だったよ!

 

     まんまとだまされた!」

 

 

 

ティズ 「猛毒兵器のマスターサンプルはどこにある!?」

 

 

 

カダ 「ああ、あれですか。

 

    剣聖殿に取り上げられてしまいましたがね。

 

    特に問題ありませんよ。 あたしの頭の中には作り方はばっちり記憶されているんですからね。

 

    またいつでも作って。盾派の連中に使ってやりますよ、フォッフォッフォッ!」

 

 

 

ティズ 「やっぱりこいつは、やっつけなくちゃダメだ!」

 

 

 

イデア 「当然!」

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カダ 「うう、死にたくないよぉ、まだ、やりたい実験がたくさんあると言うのに…

 

    私の調合する毒ならば、巫女ごとき、数秒で…殺せる…殺…」

 

 

(-_-) 物騒なやつだったな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ずんずん進んでいくと…あれ? もしや?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) あら、あなた、カミイズミさんじゃ

 

 

 

カミイズミ 「…。

 

       火のクリスタルは解放されてしまったか…

 

       この国に挑んだ戦いも…我が部下たちの死も…、敵兵たちの死も…火の巫女の死も…

 

       すべてが無駄に終わった…

 

       そう思わないかな? 私の愛弟子に似た顔を持つ者よ」

 

 

 

イデア 「師匠…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「あたしは、師匠の元で剣の手ほどきを受けた。 剣だけじゃない…、色々なことを教えてもらったよ。

 

     あたしの物の考え方、基準、善悪…ほとんど師匠に影響されたと言っていいと思う。

 

     お父様は、いつだって、仕事、理想のことばかり。 あたしには何も語ってくれなかったから…

 

     ねぇ師匠、昔、あたしに教えてくれた正しさとは、強さとは、勇気とは…

 

     弱き者を助け、強き者を挫く武人の気概は…全部ウソだったのですか?

 

     この国に内戦を起こし、罪もない多くの人を苦しめているのが、師匠だったなんて…

 

     あたし、今でも…信じられないんです。

 

     あたしの知ってる師匠はこんなこと…、絶対にするわけないもん!」

 

 

 

カミイズミ 「また、感情に流されているな、イデア…

 

       まっすぐなところは、幼い頃から変わっていない。

 

       曲がったことをひたすら嫌悪する。 己の信念と相容れないものに対して容赦なく糾弾する…

 

       …ある意味、君は本当に父親に似ている」

 

 

 

イデア 「…!

 

     あたしと、お父様が…?」

 

 

 

カミイズミ 「ああ、これ以上ないくらいにそっくりだ。

 

       だが、君はまだまだ子供…、純粋すぎるのだ。 世の中に、絶対などは存在しない。

 

       正義も真実も、人の数だけ存在すると言えよう。

 

       白か黒かなどという二元論で捉えようとすればたちまち本質を見失うぞ」

 

 

 

イデア 「そうやって大人は、すぐにあたしたちを子供扱いするけど…

 

     結局は純粋に慣れない自分への言い訳じゃない!」

 

 

 

カミイズミ 「武人としての矜持と、指揮官としての責任は違うんだよ、イデア。

 

       己の思い通りにできれば、どれほど楽だろうさ。

 

       だがそういうわけにもいかないんだ。 私も、聖騎士も…そこにいる風の巫女殿も…、いずれはな」

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

イデア 「師匠やお父様と一緒にしないで。 アニエスは、世界のためを思って…!」

 

 

 

カミイズミ 「使命のために戦っているんだろう?

 

       使命のために、血と涙を噛み締めている…それは、私や聖騎士と同じ。 一緒だよ」

 

 

 

イデア 「使命!? 一緒ですって!?

 

     世界中に手勢を送り込み、混乱に陥れ、戦争を起こし、人々の命を奪うことが…

 

     どうしてアニエスと一緒だなんて言えるの!?」

 

 

 

カミイズミ 「君のように、物事をひとつに側面からしか見られないのなら、何も理解はできないだろう。

 

       一面に囚われるな! 常に大局を正視せよ! …そう教えてきたつもりなのだが、な」

 

 

 

イデア 「詭弁はやめて! そういうの、ズルいよ!

 

     もういい! あたしは、アニエスと協力して、土のクリスタルを解放しに行くわ!」

 

 

 

カミイズミ 「…。

 

       それが、君の出した結論、…覚悟なのか?」

 

 

 

イデア 「そうだよ。 ○○(ここから不明(汗))あたしは、戦う…!」

 

 

 

カミイズミ 「よかろう…。

 

       その覚悟、しかと受け止めた。

 

       もはや言葉は不要。 己の信念を込めし刃で、語り合うのみ!!」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミイズミ 「がはっ…!」

 

 

 

イデア 「師匠!」

 

 

 

カミイズミ 「フッ、見事…だ…。

 

       君の覚悟、これほどだったとは。

 

       イデア…最期に師としての私の言葉を…聞いてくれるか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「うん…」

 

 

 

カミイズミ 「君は、父親と…一度、きちんと…話を…すべきだ…

 

       このまますれ違いつ付ければ、行きつく先には親子の悲劇しかない…

 

       そんな、ありきたりな親子の不和など…つまらんだけではないか」

 

 

 

イデア 「師匠…」

 

 

 

カミイズミ 「君たち親子は…昔から、本当に…世話の焼ける…」

 

 

 

イデア 「師匠!

 

     …グスッ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 街に戻ろう

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) そういやイデアのお母さん、ここにいるんだっけ

 

 

 

 

 

スタッフ 「白魔道ケーブルの弁が閉じられてしまったの。 そんなことして、大丈夫なのかしら…」

 

 

 

スタッフ2 「この病棟の医療体制を創設した人って今はもう、亡くなってしまったんだって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ3 「この子の治療費を、ずっと送金されていた方がいらっしゃったんです。

 

       毎月毎月、名も告げずに何年間も…もしかしたら、この子の…」

 

 

 

この子 「わたし、この国に来れたおかげでこうして生きていられるの」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) お母さんいた!

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん 「あらまあ、イデア。

 

      いつ帰ってきてたの?」

 

 

 

イデア 「そんなことより、体は大丈夫!?」

 

 

 

お母さん 「もちろんよ。 大袈裟なんだから。

 

      ここに入ってからはずいぶんと具合もいいのよ。

 

      娘がお世話になっています。 イデアの母でございます。

 

      あなたが、風の巫女様ね?」

 

 

 

アニエス 「…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん 「これでも、公国元帥の妻ですから。 一通りのことは、知っているわ。

 

      特に、風の巫女様が誰と一緒に行動しているかについては、かなり詳しくね。

 

      アナゼルからも、いつも色々と教えてもらっていたし

 

      よかったわ。 あなたが元気そうで」

 

 

 

イデア 「うん…。 心配させて、ごめんなさい」

 

 

 

お母さん 「…いいのよ。

 

      私のことは心配しなくてもいいから」

 

 

 

ナース 「そろそろ検診のお時間ですよ」

 

 

 

お母さん 「ごめんなさい、せっかく来てくれたのに。

 

      皆さん、娘をよろしくお願いいたしますね」

 

 

 

イデア 「お母様…」

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) まだいるんで、声かけてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん 「あら、イデア…どうしたの?」

 

 

 

イデア 「お母様、具合はどう?」

 

 

 

お母さん 「ええ、だいぶ良いみたい」

 

 

 

イデア 「そう、…よかった」

 

 

 

(-_-) 会話はずまなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 03:18
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>