八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 殺人事件… 03:46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから。

  

  ネタバレです。

 

  たまに誤字脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ、ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「おーい、おかえりー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ただいま!」

 

 

 

エアリー 「アニエス、あのジジイに変なこと吹き込まれなかった? 大丈夫?」

 

 

 

アニエス 「エアリー、心配しなくても大丈夫ですよ」

 

 

 

イデア 「だってアニエスには、ティズがついててくれたもんね」

 

 

 

ティズ 「え、いや、まあ…」

 

 

 

リングアベル 「フッ、仲睦まじいな。 羨ましい」

 

 

 

ティズ 「それ、老師様も同じこと云ってたよ」

 

 

 

リングアベル 「そうか。 そうだろうな。

 

        あの老人の考え方には共感できるところがあったからな」

 

 

 

イデア 「はいはい、リングアベルは黙って」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生

 

 

 

イデア 「ん? リングアベルったらこんなところで居眠りしてる…」

 

 

 

ティズ 「どうしたんだろう?」

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「う〜ん…ムニャムニャ…ジョブコマンドは、気に入らんけど”精霊”で…

 

        サポアビは、”魔法クリティカル”、”冥暗”、”魔攻10%アップ”

 

        ”アドレナリン”とかあると便利かもな…ムニャムニャ…

 

        ブレイブ3回…、”精霊の助力”、その後”漆黒”を3発…

 

        ブレイブ1回で、”暴走”、そして”サガク剣”。 もっと修行しないと…な…

 

        ”自己修復”が、きっといい働きするだろうなあ。

 

        ムニャムニャ…

 

        六人…議の技を、…結集…、怖いものは…。 な、ヴィク…お前も…そう思…だろ?」

 

 

 

イデア 「あはは、わけわかんないこといってないで、起きなさいよ〜!

 

     風邪引く…リングアベル…!」

 

 

 

ティズ 「ん? どうした?」

 

 

 

アニエス 「寝かせておいてあげてもよいのでは?」

 

 

 

イデア 「ティズ、リングアベルが……泣いてる…」

 

 

 

アニエス 「えっ?」

 

 

 

リングアベル 「ZZZ…」

 

 

 

(-_-) 何があったのやら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 次に進みます あの、火山のとこ

 

 

 

 

当直兵 「いったい何なのでしょう、あの船は…

 

     おっと、失礼しましたっ!!」

 

 

 

ティズ 「何かあったんですか?」

 

 

 

当直兵 「ええ、実は内戦が始まってから、時々この湾の沖を奇妙な船が出没するようになりまして…

 

     ボロッボロの旧型帆船で、現れるのは、必ず決まって霧の夜なのでありますっ!」

 

 

 

イデア 「何か被害にあったりしたわけ?」

 

 

 

当直兵 「いえ、不気味な姿を見せ、妙な叫び声が聞こえるだけであります!」

 

 

 

イデア 「何それ? どんな叫び声なの?」

 

 

 

 

 

 

 

当直兵 「”違う違う、ここじゃな〜い…” 決まってこのような叫び声であります!」

 

 

 

ティズ 「その船って、いつ現れるんですか?」

 

 

 

当直兵 「一番最近では、2週間前の夜であります!

 

     この湾の東を、北から南へ航行していました」

 

 

(-_-) ふむ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) グランシップに行ってみるか。 なんかあるかも

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 船といえばグランシップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女将 「ちょっとあンたっ!!

 

    その態度はいったいどういう了見だい!?」

 

 

 

ウミウシ亭の主人 「うるっせーンだよ、ババア!

 

          こちとら開店前なんだ!

 

          いきなり入ってきて酒が高いだの、掃除が甘いだの、店の名前が”ウミウシ亭”がダセェだの…

 

          ババアの知ったこっちゃねぇ〜だろがっ!!」

 

 

 

女将 「ああ、そうかいそうかい、忙しいときにお邪魔して悪かったね! もう二度と来ないよっ!!

 

    ダッツ、ラッツ、戻るよ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「…いったい、どうしたの?」

 

 

 

ラッツ 「いや、女将さんがよ、こっちの世界の酔いどれ亭はどうなってるんだろう?…って来てみたら」

 

 

 

ダッツ 「雰囲気から何から変わっちまっててな…おまけに店の名前すら…」

 

 

 

ラッツ 「”もういい! あたしゃ酔いどれ亭さえあればそれでいいンだよ!” だってよ」

 

 

 

ダッツ 「そういうこった。 あのマスターじゃ…、ここで飲み食いする価値はなさそうだしな…」

 

 

 

ラッツ 「違ぇねぇ違ぇねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「ウミウシ亭の体たらく」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「女将さん、すっごい怒ってたね〜」

 

 

 

リングアベル 「愛着もって切り盛りしていた酔いどれ酒場が、あんなふうにぞんざいな扱いされるなんてな〜」

 

 

 

イデア 「しっかし、ウミウシ亭って…どんなネーミングセンスしてんだろ?」

 

 

 

ティズ 「でもさ、案外隠れた名店なのかもよ?

 

     頑固おやじが切り盛りする、硬派な居酒屋。 一見さんはお断り! …なーんて」

 

 

 

アニエス 「いいえ、それはないですね。

 

      マスターの周囲しか掃除されていませんでしたし、包丁もまな板も、カウンターのいすでさえ、

 

      埃だらけでした…」

 

 

 

イデア 「海の幸がい〜っぱい獲れるはずなのに、メニューがドライナッツに干し肉だけって…」

 

 

 

ティズ 「みんな、よく見てるね〜」

 

 

 

イデア 「ふふ〜ん、ティズとは着眼点が違うわよ」

 

 

 

リングアベル 「食い物については…な」

 

 

 

イデア 「むっ…! な〜んかいった?」

 

 

 

(-_-) ここには船の情報なし。

 

   とりあえず、はっきりわかってる火山の方に行こう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドマン 「ようこそ、風の巫女様。 そして皆さんもようこそ

 

       盾派の司令官を務める、ダニエル・グッドマンです。

 

       巫女様とはつゆ知らず、呼び止めて包囲するなど、無礼を働いた兵に代わり

 

       お詫びいたします」

 

 

 

アニエス 「いいえ、お気になさらず。

 

      この通り、無事会見できているわけですから」

 

 

 

グッドマン 「ああ、そういっていただけると助かります。

 

       しいて、このたびはどういったご用件で?」

 

 

 

アニエス 「火の神殿へ向かい、クリスタルを解放しにこの国に参りました」

 

 

 

グッドマン 「火の神殿…ですか、し、しかし、あそこは…」

 

 

 

アニエス 「ええ、存じております。 街道がマグマに覆われてしまっているのですね。

 

      では、ミスリル鉱山はどのような状態でしょう?」

 

 

 

グッドマン 「ミスリル鉱山…ええ、剣派に奪われたり、こちらが奪い返したりと

 

       ちょうど今は、どちらの勢力にも属していない状態になっております」

 

 

 

アニエス 「なるほど、わかりました。 ありがとうございます。

 

      あ、それと…、ハルトシルトの街へ滞在の許可をいただけますでしょうか?」

 

 

 

グッドマン 「もちろんです。 我ら盾派は巫女様ご一行を歓迎しますよ。

 

       どうぞ街で旅の疲れを癒してください。

 

       誰か、巫女様たちをご案内するのだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ハルトシルトの街

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兵士 「あちらの街の真ん中に見えるお屋敷が、グッドマン司令の邸宅となります。

 

    グッドマン夫人へは巫女様の来訪を伝えてあります」

 

 

 

('ω') さんきゅ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆グッドマン邸

 

 

 

 

エレオノーレ 「風の巫女様、それに皆様、ようこそおいでくださいました。

 

        グッドマンの妻、エレオノーレと申します。

 

        夫からは、巫女様ご一行を国賓として丁重にお迎えするよう言われております。

 

        巫女様ご一行にあられましては、どうぞ当屋敷をご自由にお使いください。

 

        なにぶん戦時下ですので、大したおもてなしはできないかもしれませんが…」

 

 

 

ティズ 「あ、いえ、そんな…。 気を遣ってもらって、すみません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「ハルトシルトでの買い出し」

 

 

 

 

ティズ 「あれ? イデア、出がけに女将さんから何か頼まれてなかったっけ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「あっ!! 忘れてた! 買い出し、買い出し!

 

     ダッツさんやラッツさんからもことづかってる」

 

 

 

リングアベル 「お、これはダッツのか。

 

        何なに…”粗びきソーセージとハルトサラミをどちらも2樽”…って、1人で食うのか?」

 

 

 

イデア 「ラッツさんのは…え〜と?

 

     ”穴の開いたチーズ”って…ラッツさん、見たまんまのリクエストだね」

 

 

 

アニエス 「女将さんは何と?」

 

 

 

イデア 「”豚肉の塩漬け1樽、エイゼン岩塩を1塊、ジャガイモを5樽”だって。

 

     すごい量だね…。 あたしたちだけで持って行けるかな?」

 

 

 

ティズ 「”土産に持たせたヤツは、お世話になる街の人や司令官夫人に配るように”だって」

 

 

 

アニエス 「土産?」

 

 

 

リングアベル 「ああ、グランシップを出る時に持たされた海藻の乾物や魚の干物をたっぷり1樽分」

 

 

 

アニエス 「火山に囲まれた内戦中の街、海の物が喜ばれるのでしょう。

 

      女将さんの心遣いですね」

 

 

 

ティズ 「ねえ、女将さんにもさ、何かお土産買っていってあげようよ」

 

 

 

イデア 「さんせ〜い!」

 

 

('ω') 加工品かな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆そして…街を散策してからお屋敷に行くと

 

 

グッドマン 「おお、お待ちしていましたよ、皆さん」

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「あ、グッドマン司令。 お帰りになってたんですか」

 

 

 

グッドマン 「いや、風の巫女様が私などの慰労のために晩餐会を開催していただけるというので、

 

       慌てて参りました」

 

 

 

('ω') きた!

 

 

 

ティズ 「晩餐会…?」

 

 

 

グッドマン 「妻も大喜びで…。 ああして、晩餐の準備に…」

 

 

 

('ω') 開催すると提案した者が作らない不思議…

 

 

 

ティズ 「グッドマン司令! 急いで夫人を呼んでください!」

 

 

 

グッドマン 「えっ!? な、なにか…?」

 

 

 

リングアベル 「いいから早く! エレオノーレさんっ!!」

 

 

 

エレオノーレ 「きゃああああ!!!」

 

 

 

ティズ 「遅かったか!」

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「いや、まだ間に合うかもしれない…

 

        みんな、調子を合わせてくれ、いいな?」

 

 

 

('ω') 殺人事件の幕開けだ

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドマン 「どうした!」

 

 

 

エレオノーラ 「た、大変なの…! ナスターシャが…死んでる…!」

 

 

 

(-_-) 遅かったか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ナスターシャさんは、亡くなっていました。

 

     呼吸も脈も、すでに停止しています」

 

 

 

アニエス 「死因は、後頭部への殴打による出血死と思われますが、凶器はまだ見つかっていません」

 

 

 

ティズ 「遺体は、一応ベッドに寝かせておきましたが…」

 

 

 

シュタイナー 「それより、玄関のドアが…」

 

 

 

リングアベル 「開かないんだよ。 …やはり、同じ展開のようだ」

 

 

 

ティズ 「どうする?」

 

 

 

リングアベル 「これ以上、犠牲者を増やすわけにもいくまい。 寝室へ行こう」

 

 

 

アニエス 「グッドマン司令、それに奥様、みなさん、どうかここを動かないでください」

 

 

 

グッドマン 「は、はい…。 これは…いったい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) どうするのかな

 

 

 

 

 

ティズ 「なんだって!? グッドマン司令とノイヤー参謀が殺された?」

 

 

 

アニエス 「い、いったい誰が!?」

 

 

 

リングアベル 「黒鉄之刃の暗殺部隊かもしれん…。

 

        殺された使用人に変装していたりする、な!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ナスターシャ 「くっ! そんなっ!?」

 

 

 

ティズ 「よし、やっぱりだ!!」

 

 

(-_-) 芝居か

 

 

 

ナスターシャ 「よく見破りましたね。 まさか死体に変装していることは発覚するとは、

 

        完全に計算違いです。 嗚呼失態」

 

 

 

リングアベル 「フッ、こちらは予想通りだ」

 

 

 

イデア 「2度目だもんね」

 

 

 

ナスターシャ 「まだ標的を殺せていないと云うのに。 そもそも風の巫女とその一行が現れるもの

 

        想定外でした。 かくな」

 

 

 

イデア 「わかったから…。

 

     もう小隊はバレてんの。 キキョウ・コノエ」

 

 

 

 

 

 

 

 

キキョウ 「…………………。

 

      ……………………。

 

      …………………………」

 

 

 

ティズ 「来るぞ!」

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「最期に…、何か言い残すことは?」

 

 

 

キキョウ 「……………………………。

 

      ……………………………」

 

 

 

リングアベル 「女忍、死に臨んでは黙して語らず…か」

 

 

 

イデア 「そお? 何か喋りたそうだけど…

 

     あ、また変装した…」

 

 

 

 

☆ドロン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナスターシャ 「せっかく…、内戦終息のどさくさに紛れて盾派の司令官と幹部2名を一網打尽にできたというのにこの

 

        結末。 無念。 風の巫女を語れば皆でホイホイ出てくるところまでは計画通りだったのにまさか風の巫

 

        女本人が現れるとは、アナゼルの情報のあてにならぬな。 思えばシュタイナー参謀もノイヤー参謀もず

 

        っと以前から互いにいがみ合うよう仕組んできたのに最後の最後で風の巫女にしてやられたわ。 グハッ…」

 

 

 

イデア 「駆け足で…言い切ったわね」

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドマン 「風の巫女様、皆さん…こ、これは…、いったい」

 

 

 

ノイヤー 「そうですとも。 説明していただかないと…我々にはさっぱり…」

 

 

 

ティズ 「えっと…、簡単に言うと…

 

     黒鉄之刃の女忍者が、使用人のナスターシャさんに化けて、あなた方を暗殺しようとしたのです」

 

 

 

イデア 「風の巫女の名を語ってね。

 

     それを、あたしたちが未然に防いだ…ってわけ」

 

 

 

シュタイナー 「なんと…! では、あの招待状は…」

 

 

 

アニエス 「真っ赤な偽物です」

 

 

 

グッドマン 「なんてことだ…! 危うく盾派が崩壊するところでした」

 

 

 

シュタイナー 「して、風の巫女様は、どのようにして敵の策略を見破られたのですか」

 

 

 

ティズ 「…」

 

 

 

イデア 「巫女の、予言です!」

 

 

 

グッドマン 「おおっ…!!」

 

 

 

アニエス 「ちょ、ちょっとイデア…!」

 

 

 

リングアベル 「いいじゃないか。 あながち間違ってはいない。

 

        あ、ついでに、エレオノーラさん…」

 

 

 

エレオノーラ 「は、はい…!」

 

 

 

リングアベル 「地下室を調べてみるといい。

 

        ナスターシャさんが捕らわれているかもしれない」

 

 

 

エレオノーラ 「は、はいっ!!」

 

 

☆駆けていくエレオノーラ

 

 

 

イデア 「さてと、とりあえずは一件落着かな?」

 

 

 

グッドマン 「巫女様、ありがとうございました。

 

       まったくもって感服いたしました」

 

 

 

アニエス 「い、いえ…、あの、その…」

 

 

(-_-) まあまあ

 

    殺人事件は起きる前に対処できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 03:46
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>