八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 エアリー…おまっ! 02:47

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから。

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ、ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    m(_ _)m

 

 悲しい事が起きました。

 

 つづきを入力して保存したら、がっつり消えてしまいました…なぜ…?

 

 どうやら載せられる容量をオーバーしたようです。

 

 画像もないし、うろ覚えですが、以下です。

 

 

 

 

ハインケルとの戦闘

散々イデア罵られる

戦闘終了 この後特になにもない

アニエスの国へ

洞窟に盗賊が

盗賊の悲しい生い立ちを聞いた後戦闘

その後国へ戻る

ボリトリィ商会へ証拠の書類を持って行く

書類突きつけて戦闘

倒した後、黒幕国王へ

同じように書類をつきつけ、戦闘

国王&イクマ

両方倒して万事解決

 

 

 

ざっとですが以上です。

 

 

 

ハインケルとの戦闘の分はなんとか発掘できましたので、以下のとおりです。

 

 

 

 

 

☆ロンターノ離宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハインケル 「裏切り者が、のこのこと足を運んできたか。

 

       一緒にいるのが何者か知らんが、今すぐ態度を改めろ! イデア!

 

       好むと好まざるとにかかわらず、貴様は元帥閣下の娘であり、公国では少なからず

 

       影響力を持つのだ!

 

       貴様のわがままが、場合によっては国を滅ぼす! そんな立場に自分がいるのだと

 

       わきまえよ!」

 

 

 

アニエス 「…あの人は、私が風の巫女だと気づいていないようです」

 

 

 

ティズ 「王様もさらわれていない。 どうして?」

 

 

 

ハインケル 「イデア! 公国に反旗を翻せばどうなるか、分からぬ貴様ではあるまい!

 

       よく考えろ! そこにいる連中とつるんで、ならず者として生きていくつもりか?」

 

 

 

イデア 「ならず者なんかじゃないよ! みんな、あたしの仲間なんだから!

 

     それにあたしは、公国の、空挺騎士団のやり方についていけなくて、それで…

 

     世界中を旅して、自分の目で全部見てきて、お父様とも話して、白黒つけた…

 

     …でもあれは、全部、夢なの…?」

 

 

 

ハインケル 「何をわけのわからんことを言っている!?

 

       言い逃れをしようとするその根性、実に不愉快だ!

 

       貴様に騎士道精神とはなんたるかを叩き込んでやる!」

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

ハインケル 「お父上は、貴様を一人前だと判断した。

 

       だからこそ、我が空挺騎士団に配属したのだ!

 

       そのお父上の顔に泥を塗るとは! 恥を知れ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハインケル 「げ、元帥、閣…下、…申し訳…ありません…。

 

       あなたのご息女を…止められず…ぐは…」

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはそのつづき

 

 

 

 

 

☆風の神殿へ

 

 

 

 

ティズ 「見て!」

 

 

 

アニエス 「あのクリスタルの…。 やはり解放する前の状態に戻ってしまっています。

 

      エアリー、何が原因だと考えられますか?」

 

 

 

エアリー 「そもそもクリスタルの解放は前例がないことだから、エアリーにもわからないわ…」

 

 

(-_-) おまっ…そんなことをあんなに言ってさせたのかよ

 

 

 

アニエス 「あなたはクリスタルの精霊なのでしょう?」

 

 

(-_-) ごもっとも

 

 

 

エアリー 「そうだけど、エアリーが何でもかんでも知ってると思わないでよう…」

 

 

(-_-) ああ!? 

 

 

イデア 「どうする? 解放の儀式、やっちゃう?」

 

 

 

アニエス 「ええ、そうですね…」

 

 

 

リングアベル 「待て! 何かいるぞ!」

 

 

 

アニエス 「え…!?

 

      あれは…災厄を引き寄せしもの オルトロス!」

 

 

 

イデア 「魔物までが復活しているなんて!」

 

 

 

ティズ 「だったら、また倒すまでだよ!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

(-_-) 水と火の両方の属性持ってるからどっちかだけを集中して戦う

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「ふぅ、きつかった…。 ねえ、あの魔物、あんなに強かったっけ?」

 

 

 

リングアベル 「ああ、俺もそう思った」

 

 

 

エアリー 「また魔物に取り憑かれないうちに、クリスタルを解放してしまうのよ!」

 

 

 

アニエス 「分かりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリー、準備できました」

 

 

 

エアリー 「もう4回もやったんだから、慣れたものでしょうけど、何か質問はある?」

 

 

 

(-_-) ありません

 

 

 

エアリー 「アニエス、始めるわよ? 準備はいい?」

 

 

 

アニエス 「ええ、始めましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「はあ…はあ…はあ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) スパーク!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「やったわ! クリスタルの解放は成功よ! アニエス、お疲れ様!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリーのブローチは…? どうなっていますか…?」

 

 

 

エアリー 「大丈夫、ちゃんと風の紋章が点灯したわ」

 

 

 

アニエス 「そう…よかった…」

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「アニエス! 大丈夫!?」

 

 

 

アニエス 「ええ…。 もう、慣れましたから…

 

      少し休んだら、すぐに、次の神殿へ向かいましょう」

 

 

 

ティズ 「…わかった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「必然性」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「この世界…、うん。 この世界って”前の世界”と微妙に違っているよね?」

 

 

 

アニエス 「…ええ、もう時間の巻き戻しとか私たちの記憶違いなどではないでしょう」

 

 

 

イデア 「同じようだけど、違う世界だよ。

 

     世界で起きている出来事があたしたちが見てきたものと微妙に変わっているもんね」

 

 

 

リングアベル 「女性たちも、やはり違うんだ。

 

        ま、その方が新鮮で俺にとっては好都合だったりするのだが」

 

 

 

イデア 「リングアベルは変わったほうが余のためだよ」

 

 

 

ティズ 「前の世界と微妙に違っているこの世界だけど…

 

     …どうして闇の大穴は同じ場所にあるのだろうか?」

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

ティズ 「なぜノルエンデ村が襲われなくてはならないのだろうって…」

 

 

 

リングアベル 「いわれてみればそうだ」

 

 

 

イデア 「わかった。 ティズのことを狙っていたんじゃない?」

 

 

 

ティズ 「イデア、買いかぶらないでくれよ…」

 

 

 

アニエス 「…あの場所に何か秘密があるのではないか、ということでしょうか?」

 

 

 

ティズ 「わからないけど…そんな風に思えてならないんだ」

 

 

 

リングアベル 「大穴が開く必然性…か」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆水のクリスタルの解放へ向けて街に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街娘 「ちょっと見て〜、この髪ど〜よ?

 

    今大流行の髪染め、とうとうゲ〜〜〜~ット!」

 

 

 

街娘2 「ちょっとちょっと! こっちだって見てよコレ〜

 

    精霊の髪飾り。 もう財布スッカラカ〜ン?」

 

 

 

リングアベル 「この国も、あまり変わっていないようだな。 お、これは…」

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「ふむ、第47回”聖花祭”見事花乙女の栄誉に輝いたのは、ビルギットさん…か。

 

        どうやら聖花祭は終了しているらしい」

 

 

 

アニエス 「オリビアは、どうしているのでしょう?

 

      おばば様に会いに行ってみましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆おばば様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばば 「おや、どちら様でございますか?」

 

 

 

アニエス 「私、風のクリスタルの巫女、アニエス・オブリージュと申します」

 

 

 

おばば 「おお、風の巫女様…! しばらく見ぬ間にご立派になられて。

 

     よくぞおいでくださいました。

 

     オリビア様が生きておいでならどれほどお喜びになられたことでしょう…」

 

 

 

アニエス 「えっ! オリビアは…」

 

 

 

おばば 「半年前のことでした…

 

     隠れ里で大きな地震があり、信徒をかばって…」

 

 

 

アニエス 「そ、そんな…」

 

 

 

おばば 「次代の巫女も、難病を理由に教団が排したまま…。

 

     未だ決まっておりません。

 

     あの才気あふれる赤子を教団の言いなりに捨てたりせねばよかったものを…」

 

 

 

アニエス 「それで、水のクリスタルは?」

 

 

 

おばば 「オリビア様が施していた結界が彼女の死と同時に消えてしまいました。

 

     今では恐ろしくて誰も近づけませぬ」

 

 

 

アニエス 「…わかりました!

 

      私にお任せください」

 

 

 

おばば 「おお、風の巫女様…水のクリスタルを、よろしくお願い致します」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 神殿へ行く前に寄り道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ここか…、確か狩人と戦った…」

 

 

 

??? 「ナニモノだ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「アルテミア…やっぱりここで森オロチ様を狩っていたのね」

 

 

 

アルテミア 「アルテミア、狩った。 森オロチ、たくさん狩った」

 

 

 

イデア 「エインフェリアの指示なの?」

 

 

 

アルテミア 「アルテミア、従うだけ。 お姉様の指示、正しい」

 

 

 

イデア 「…そう、あなたはやっぱり変わらないね。

 

     エインフェリアも止められないんだね…」

 

 

 

アルテミア 「アルテミアの生き様、決めつけるな。

 

       お姉様の考え、決めつけるな。 アルテミア、お姉様の生き方、決めつけない。

 

       お姉様の意思、アルテミアの生き様、決める。

 

       アルテミアの生き様、決めて良い、お姉様だけ!」

 

 

 

イデア 「…わかった。 もう、いいよ…」

 

 

 

アルテミア 「アルテミア、狩り、楽しい。

 

       アルテミア、ただ狩る。 射程に入った獲物、狩る…」

 

 

 

イデア 「もう、いいってば…」

 

 

 

アルテミア 「逃さない、逃げられない。

 

       …ハァッ…その生命消えるまで、獲物、狙い、はずさない。

 

       ハァッ…ハァッ…ハァッ…ハッ…ハッ…ハッ…

 

       グルルルルルルッ…

 

       イデア…、お前…獲物…獲物、追イ詰メル、アルテミア、心、躍ル…

 

       沸キ立ツ。 燃エル。 火照ル。 ヨロコビ、フルエル…!

 

       オマエノ、イノチヲ…狩ッテヤル…!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルテミア 「お姉様…」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

(-_-) 街に戻りましょう

 

 

 

 

 

道具屋の店員 「え…、花の髪染めってそんなにヤバい代物だったんだ…!

 

        街のみんなにも知らせるわ。

 

        こんな馬鹿げた流行が早く収まればいいんだけど…」

 

 

(-_-) この件は片付いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「アニエス対イデア」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「イデア、その言葉、いくらイデアといえ聞き捨てなりません!

 

      撤回してください!」

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「い、嫌よ!

 

     これだけは絶対に譲れないわ! たとえ白が黒になったとしても、絶対によ!」

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「お、珍しいな…。 アニエスとイデアがケンカなんて…。

 

        一体何があったんだ? ティズ」

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「ハァ…。 聞いてれば分かるさ」

 

 

 

リングアベル 「ほう、ティズも珍しいな。 何をそんなに投げやりなんだ?」

 

 

 

イデア 「大体、アニエスがそれが一番だという根拠は何?

 

     まったく論理的に説明できていないじゃない!!」

 

 

 

アニエス 「イデアこそ…!

 

      いつもは白黒はっきりさせるとかいうくせに。

 

      この件では白が黒になろうとも譲れない…なんて。 卑怯です!!」

 

 

 

リングアベル 「おい、さっぱりわからんぞー。

 

        ちゃんと説明しろよ、ティズ」

 

 

 

ティズ 「聞いてりゃ分かるって…。 ハァ…」

 

 

 

イデア 「何が何でもイチゴホイップ・プリンだって!」

 

 

 

アニエス 「いいえ、小倉あんモナカです!」

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「…。

 

        …って、何か?

 

        あのバトルは、女性陣の好きなデザートは何か! …とかかい?」

 

 

 

ティズ 「そうみたいだね。

 

     モグモグ…」

 

 

 

リングアベル 「…で? お前が今食ってるのは?」

 

 

 

ティズ 「小倉ホイップイチゴプリンモナカ」

 

 

 

リングアベル 「作った…のか?」

 

 

 

ティズ 「ああ。 ただ混ぜただけなんだけど、結構イケる」

 

 

 

イデア 「も、も〜〜〜〜! あったまきた!」

 

 

 

アニエス 「こ、こっちのほうが怒り心頭です!」

 

 

 

リングアベル 「…。 大変だな〜、お前さんも…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) さて、次へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「わあ、キレイ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「これは…!?」

 

 

 

??? 「あら、だ〜れ…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) でた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「メフィリア…!」

 

 

 

メフィリア 「イデア…、アハハ…、イデアだわ…。

 

       お姉様の心を弄ぶ性根の薄汚い女…。

 

       あなたほど薄汚い偽善者は見たことがないわ…。

 

       お姉様はあんなに、あなたを気にかけていたのに。

 

       勘違いしないでね、責めてるわけじゃないの…。

 

       むしろ、昔のあなたよりずっと好きよ…。

 

       だって、すごく醜いわ…醜いの…こうして話しているだけで反吐が出そう…」

 

 

 

イデア 「…ここでまた、精霊を殺しているのね…。

 

     その精霊は、この国にとってシンボルなんだよ!?

 

     とても大切な存在なの。 それを殺すなんて…」

 

 

 

メフィリア 「アハハ…イデア…、あなたって昔からそう。

 

       いつだって語るのはキレイ事…キレイ事…とても美しいわ、イデア、美しすぎて、

 

       腐臭がするの…くさいのよ…寄らないで…

 

       人なんて誰も彼もが薄汚いのよ…豚なのよ…

 

       ところでイデア…。

 

       一緒にいるのは、風の巫女よね…

 

       あなたたちは、いつまでそうやって…取り繕っているつもり?

 

       いつまで? いつまでよ…?

 

       見せてほしいわ…キレイ事を並べて辛うじて関係を維持するあなたたちが、汚れていく姿を…

 

       見せて…ああ、早く見せて…私に見せて…っ!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

メフィリア 「アハハ…こうして私を殺すあなたたちの手も…血で汚れているのよ…アハハ…

 

       嬉しい…あなたたちを汚すことができて…嬉しい…ゲホッ…ゴフッ…

 

       ねえ、あなたたちは…どこから来たの…?

 

       この世界の…住人では…ないの…でしょう…?

 

       どこに…いるの…あなたたち…は…どこに…」

 

 

☆バタっっ

 

 

ティズ 「この人…僕たちに何が起こってるのか、気づいていたんだね」

 

 

 

リングアベル 「ずばり言い当てるとはな…。

 

        できればもっと詳しく聞きたかった…」

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「あ…! エインフェリア!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エインフェリア 「…!!

 

         イデア…か。 まさか、こんなところで再会できるとはな…」

 

 

 

アニエス 「…。

 

      誰も、いない…。

 

      ここはクリスタル正教の隠れ里のはずです。

 

      なぜ、誰もいないのですか? 

 

      …!! ま、まさか…! 公国の…?」

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

エインフェリア 「ここは、もうずっと無人だ…。

 

         私がこの国に派遣されるずっと前から…」

 

 

 

アニエス 「え…?」

 

 

 

エインフェリア 「ここがクリスタル正教の隠れ里だった事実は間違いないが…

 

         何度か調査に来たものの、人がいた形跡はなかったのだ」

 

 

 

リングアベル 「そう言えば…確かにもう何年も人が暮らしていた形跡がないな」

 

 

 

エインフェリア 「あるいは彼らは、自滅したのかもしれんな」

 

 

 

アニエス 「自滅とは、どういう…」

 

 

 

エインフェリア 「教団は欲にまみれ、己の権力を守ることに精一杯になっていた。

 

         民の声など聞こうとしなかった。

 

         そんな教団の腐敗が飛び火してここも内部から瓦解したとしても、

 

         何ら不思議ではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「私はクリスタルに仕え、神殿から出るまで、世界の情勢については何も知りませんでした。

 

      ですから、あなたの言う通り、教団が腐敗していたかどうかは、正直わかりません。

 

      しかし、あなた方がその教団をではなく、罪もない信徒を弾圧したのははっきりしています。

 

      そこにどんな高い理想があったとしても、それだけは…」

 

 

 

エインフェリア 「ああ、そうだ…。 我らは教団の力を削ぐため、信徒たちを捕らえ、武力を持って

 

         改宗を迫っている。

 

         彼らの思想や尊厳を、暴力でねじ伏せ、すべて否定するのだ。

 

         どんな手段を用いてでもな…

 

         しかし…、そんなブラッドローズのやり方に、私は…少し、疲れてしまったのかもしれん」

 

 

 

イデア 「疲れたって…」

 

 

 

エインフェリア 「メフィリアとアルテミア…妹たちも、命令とは言えそんなやり方を繰り返すうちに

 

         心が壊れていった…。

 

         そしてイデア、お前も公国に背いた…。

 

         お前の行動は許せなかったが、ある意味で、私は納得はしていたのだ。

 

         実際に行動できたお前が少しうらやましいよ」

 

 

 

イデア 「だ、だったら…!

 

     だったら今からでも遅くない! ブラッドローズを抜けて、一緒に戦おうよ!

 

     エインフェリアが一緒に来てくれるなら、こんな心強いことは…」

 

 

 

エインフェリア 「それはできん。 できぬのだ!」

 

 

 

イデア 「どうして…」

 

 

 

エインフェリア 「私とお前は、同じ師の元で剣を学んだ身。 共に語り合ったな。

 

         剣の腕を磨き、エタルニア公国のために輝かしき未来のために

 

         ともに邁進しよう、と。

 

         元帥閣下の掲げる理想に胸をときめかせ、その社会の実現のために

 

         頑張ろうと誓い合った」

 

 

 

イデア 「でも現実は、お父様の目指す理想とは、かけ離れてしまった。

 

     あなただって、気づいているでしょ!?」

 

 

 

エインフェリア 「ああ、ブラッドローズ特務隊も、そして公国も、理想とは…ずいぶん、

 

         それは私も痛感している」

 

 

 

イデア 「だったら…!」

 

 

 

エインフェリア 「だが、綺麗な道だけを歩んで叶う理想などない。

 

         どんなに手を汚そうとも、心で泣こうとも、決して振り返ったり、膝を折ったりしない。

 

         あの方の目指した世界…人がクリスタルの呪縛から解き放たれた世界を手に入れるためならばな!

 

         私は、この報われぬ場所で戦い抜く…。

 

         戦い…戦い抜かねばならんのだ…!

 

         さあ、私は私の信念、お前たちはお前たちの信念で…正々堂々と、な」

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エインフェリア 「つ、強く…なったな…」

 

 

 

イデア 「エインフェリア…」

 

 

 

エインフェリア 「なぜ、泣く…?

 

         私を破ったのだ…

 

         …胸を張れ…」

 

 

 

イデア 「でも…」

 

 

 

エインフェリア 「いいか、イデア…聞いて…ほしい…

 

         私の…最後の忠告だ…

 

         お父君に、会うのだ…

 

         他人越しではない、お前の目で、お父君を…しかとみるのだ…

 

         そうすれば…きっと…お前にも…あの方の追うものが…」

 

 

 

イデア 「わかった。 きっと会いに行く」

 

 

 

エインフェリア 「それで…いい…。

 

         それで…」

 

 

 

☆ガクッ

 

 

イデア 「…っ」

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 02:47
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>