八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 お前を嫁に 02:45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから。

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ、ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女将 「ああ、あんたたち、無事でよかったよ。

 

    クリスタルの解放ってのも成功したんだね」

 

 

 

ダッツ 「そうかあ、そいつはめでたいぜ!」

 

 

 

ラッツ 「こっちも大変だったんだよぉ。

 

     まるで砲弾のスコールだったなぁあれは。

 

     そういや、しばらく前に真っ黒い飛空艇が南西の方に飛んでったぜ」

 

 

 

ダッツ 「脱走兵だろ? どんな組織だって潰れるときにはそんなもんだって」

 

 

 

ラッツ 「違ぇねえ」

 

 

 

 

 

 

 

 

(・_・) さて、うろうろしようかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・_・) ここ、気になってたんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「うーん! うーん!

 

     …駄目だ。 開かないよ」

 

 

 

??? 「その門を通りたくば、世界中に散らばった6つのキーストーンを探してくるのだ」

 

 

 

ティズ 「キーストーン?」

 

 

 

イデア 「何それ? 鍵なの? 石なの?」

 

 

 

??? 「閉ざされた扉があり、何かをはめる穴が6つ。

 

     普通は分かるだろう。

 

     これは君たちの資質を問うための仕掛け…。 当然、ヒントはなしだ」

 

 

 

イデア 「ええ〜〜〜〜〜っ! 何かないの? 形とか、名前とか…」

 

 

 

??? 「ノーヒント…だ。

 

     では、君たちの再来を待つことにしよう」

 

 

(・_・) うーんなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・_・) これは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「エアリー。 すごい光なんだがこのままグランシップで突入して平気なのか?」

 

 

 

エアリー 「大丈夫! みんなで行きましょう!

 

      いい? ホーリーピラーに入ったら、もう後戻りはできないと思ってね。

 

      何ってったってエアリーにもはじめてのことなんだから。

 

      やり残したことがあったら、今のうちにすませてね。

 

      準備はできた?」

 

 

 

 

 

 

 

 

(・_・) うーん…キーストーン…忘れてたな…

 

     どうしよう…行ってしまおうか…

 

     よし、もうこうなったら行ってしまおう!

 

     なんとかなるだろ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・_・) 行く! 行ってみる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「じゃあ、行くわよー!」

 

 

☆光一面 光の柱の中に入った

 

 

イデア 「すっごく綺麗だね…」

 

 

 

リングアベル 「ものすごい衝撃が来るんじゃないかと身構えていたが、

 

        案外、なんともないな」

 

 

 

ティズ 「でもこの光、なんだろう…

 

     すごく、あたたかい」

 

 

 

アニエス 「ええ…。 とても優しい、懐かしい感じのする光です」

 

 

 

ティズ 「ダッツさんたちは、念の為安全な場所に避難しておいてください」

 

 

 

ダッツ 「おう、わかった。 気をつけろよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「見て。 エアリーのブローチが、ホーリーピラーの原初の光を

 

      取り込み始めたわ!

 

      このブローチいっぱいに溜め込まれた光は、やがて世界中に拡散されて

 

      闇を浄化するの! みんなはそこで見守っていてね!

 

      あ、この光から出ちゃったらまたやり直しになっちゃうから、ちゃんと

 

      操縦しておくのよ!」

 

 

 

リングアベル 「ああ、任せておけ」

 

 

 

エアリー 「エアリーは集中するために瞑想を始めるわ。

 

      その間、話しかけたりしちゃダメよ!

 

      集中力が途切れたりしたら、いったいどんなことになっちゃうか…」

 

 

 

アニエス 「わかりました!」

 

 

 

エアリー 「じゃあ始めるわ! わあ、光よ!

 

      エアリーのブローチに集まりなさーい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「む、船がゆっくりと…揺れ始めたぞ」

 

 

 

ティズ 「大丈夫かな?

 

     飛空艇が故障したりしないよな…」

 

 

 

イデア 「船が壊れるとか、そういう揺れだとは思えないけど…」

 

 

☆がくっ

 

 

 

リングアベル 「うおっ!」

 

 

 

ティズ 「うわっ! 何だ!」

 

 

 

アニエス 「なんですか、この衝撃…!」

 

 

 

??? 「うわああああ!」

 

 

 

ティズ 「ラッツさんたちだ! 甲板の方だ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) !

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「アナゼル・ディー…!

 

     どうしてここに!?」

 

 

 

アナゼル 「元帥閣下のご指示だ。 あの方はすべて見通しておられた。

 

      世界に仇なす貴様らの行い、ここで俺が食い止める!」

 

 

 

イデア 「アナゼル! こんな無意味なこと、やめて!

 

     もう終わるわ!」

 

 

 

アナゼル 「うるさい!

 

      まだだ、まだ終わってはいない! 終わってたまるかっ!!」

 

 

 

エアリー 「キャッ!」

 

 

 

ティズ 「まずい! このままじゃエアリーが!

 

     リングアベルだけでも艦橋へ!」

 

 

 

リングアベル 「わかった!」

 

 

 

アナゼル 「行かせるか!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

アナゼル 「このまま船ごと落ちてくれるなら好都合だ!

 

      お前は元帥閣下を、まったく理解していない!」

 

 

 

イデア 「あなたが口出ししないで!」

 

 

(-_-) イデアはもう白黒ついたといいました

 

 

 

アナゼル 「馬鹿な! 白黒ついただと!?

 

      お前はわかったつもりになっているだけだ!

 

      風の巫女よ、お前は最初に殺しておくべきだった!

 

      これほど危険な存在になるとはな…! イデアをたぶらかすな!」

 

 

 

アニエス 「あなた方の偏った信念に興味などありません。

 

      私の使命は世界を災厄から救うこと…それまでは、倒れるわけには行かないのです!」

 

 

 

アナゼル 「イデア! 俺と共に、巫女を倒すんだ!」

 

 

 

イデア 「アニエスはあたしの大切な仲間なの!」

 

 

 

アナゼル 「くっ!」

 

 

 

ティズ 「このままだとグランシップがもたない!」

 

 

 

アナゼル 「フロウエルの貧民街、腐臭漂う地下スラム…泥水をすすり、

 

      砂を噛んで生きてきた。

 

      俺は生まれてすぐに親に捨てられたっ!!

 

      世界を呪いながら憎悪を糧に生きてきたんだ!

 

      そんな俺を、元帥閣下が拾ってくれた。 温かく、家族同然に育ててくれた…!

 

      あの方の理想の手助けをすることが俺の夢だった!

 

      それを、お前たちはっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナゼル 「俺たちは、家族みたいに暮らしていたじゃないか!

 

      俺は、俺は…! 一人前になったら…

 

      お前を…よ、よ、嫁…にしたいと…なのにっ!!」

 

 

 

イデア 「こんなときに、そんな話しないでよっ! バカ!」

 

 

 

アナゼル 「そんな話、だと…? くっそおおおお!」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

アナゼル 「ぐはっ…はあ、かはっ…」

 

 

 

イデア 「あ、アナゼル…」

 

 

 

アナゼル 「う、うう…」

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´゚д゚`)

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「え…?

 

     アナゼル…その顔…」

 

 

 

リングアベル 「…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

アナゼル 「お前は…、なぜ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´゚д゚`)あっ落ちた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「アナゼルーっ!!」

 

 

 

リングアベル 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「今の、いったいどういう…?

 

     何で、同じ顔?

 

     この手帳…あの男が落としていった…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「リングアベルの持つ手帳とそっくりです」

 

 

 

イデア 「…リングアベル、あなたは…誰…?」

 

 

☆がくっ

 

 

イデア 「キャッ」

 

 

 

ティズ 「大変だ! 揺れが酷い…このままじゃ船が落ちる!

 

     リングアベル! 話は後だ! 艦橋に戻ろう!」

 

 

 

リングアベル 「あ、ああ…」

 

 

 

 

 

 

イデア 「アナゼル…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「みんな、何かにつかまって!」

 

 

 

イデア 「揺れが激しすぎるよ! 何が起きてるの!?」

 

 

 

リングアベル 「まずい、船を制御できないぞ」

 

 

 

イデア 「どういうこと!?」

 

 

 

リングアベル 「まるで見えない力に吸い上げられているかのようだ!」

 

 

 

ティズ 「吸い上げられている!?」

 

 

 

アニエス 「エアリー! どうなって…闇は…闇はまだ浄化できないのですか!?

 

      エアリー! 応えて!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うおおおおおおおお!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
スポンサーサイト 02:45
| - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>