八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 完結。 03:53

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字脱字します

 

  それでもご了承の方はお進みください

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 大穴に入ります

 

 

 

 

ティズ 「あれが…、闇のオーロラ!」

 

 

 

 

 

 

イデア 「あの中にエアリーが!? いったい、どうやって…」

 

 

 

リングアベル 「見ろ、崖の突端に魔法陣が…どうやらこれを踏むと中へ。 しっかりと準備して、エアリーを

 

        追うぞ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆闇のオーロラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「ほう、生きておったとはな…。 なかなかしぶとい…。 だが、ちょうど良い。 貴様らのせいで

 

      次のクリスタルが育つ間、我はここで5000年も待たねばならぬ…。 退屈しのぎに、貴様らの悲鳴と

 

      後悔で我を楽しませよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) こっからダンジョン開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 落ち着いていけば、なんてことないです。 よし、念願のぶっ潰しにかかる!

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) おらー! エアリー! ぶっ潰す!

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリー…」

 

 

 

エアリー 「…」

 

 

 

アニエス 「あなたは、本当にエアリーなのですか? 元のエアリーに、戻ってはくれないのですか?」

 

 

 

イデア 「アニエス、こんなヤツにまだそんなことを?」

 

 

 

リングアベル 「隙きを見せるな。 付け込まれるぞ」

 

 

 

アニエス 「でも…。 エアリー、あなたは最初から、本当にこうするつもりだったのですか? 私達との出会いは、

 

      私達との旅は…、あなたの心に何も抱かせないのですか? もし戻れるのなら…、私は、元のエアリーに…

 

      ううっ」

 

 

 

エアリー 「う、ううう…」

 

 

 

ティズ 「何だ!?」

 

 

 

エアリー 「ううううう…あああ…! た…すけ…ううああああ…」

 

 

 

アニエス 「エアリー…?」

 

 

 

エアリー 「あああ…助けて…あああああ…」

 

 

 

アニエス 「今、エアリーの声が…!」

 

 

 

エアリー 「アニエス…」

 

 

 

ティズ 「まさか!」

 

 

 

エアリー 「助け…て…、私は、こいつの意思に…乗っ取られ…こんな姿…」

 

 

 

アニエス 「エアリー!!」

 

 

 

エアリー 「…とでも云うと思ったか!? ククク、ははははは!!!!」

 

 

(-_-) ぶっ潰す

 

 

 

アニエス 「…!?」

 

 

 

エアリー 「人という生き物は本当に愚図で間抜けで学習能力がない、下等な生き物だ…。 特にクリスタルの巫女と

 

      いうのは、救いようがない。 愛らしい妖精の姿…乙女の心を鷲掴みだったろう? はははははっ!!」

 

 

 

アニエス 「っ…」

 

 

 

エアリー 「あれは、いつの世界の貴様らだったか。

 

      その時の貴様らも現実から目を背け、今と同じように我を最後まで信じようとしておったわ」

 

 

 

アニエス 「…!!!」

 

 

 

エアリー 「貴様は、泣き叫ばないだけまだマシと言えよう。 五十歩百歩だけどなあ」

 

 

 

アニエス 「エアリー、あなたはこれまで、そうやって無数の私達を騙し、数多くの民を殺してきたのですね。

 

      確かに…私は愚かでした。 エアリーを、未だに友達だと信じたい…でも。 でも、それももう

 

      やめます! 何千何万という世界の悲劇…この連鎖は、私達の手で止めるっ!!」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

(-_-) レベルマックスなら結構困らない。

 

 

 

エアリー 「ほう、我をここまで追い詰めた光の戦士は、貴様らが初めてだ…。 では、これならどうだ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「…!?」

 

 

 

エアリー 「ふぅ…。 この姿になるのは、どの世界以来だろうな…。 もうかれこれ数千万年、この姿にはなって

 

      いなかった。 フフフ…少し体がなじんでいないようだが…構わない。

 

      さあ歴代最高の光の戦士たち、我が力、存分に味わうが良い!!」

 

 

 

☆再び戦闘開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「く…っ! 俺は…俺は…!」

 

 

 

イデア 「今なら…今更わかった、あたしがバカだったって」

 

 

 

エアリー 「感情で動く者ほど御しやすいのだよ。 父親も災難だったな。 我を警戒していたのに、娘に邪魔される

 

      とはなぁ」

 

 

 

アニエス 「私達が出会ったのは、大穴をのぞむあの高台…。 あなたはわかって近づいたんですね(?)…。

 

      前の世界の私達を殺し、その血も乾かぬうちに!」

 

 

 

エアリー 「そのとおりだ。 お前は実によく働いてくれた。 敵に助力し続けたこと、後悔し続けて死ぬのだな!」

 

 

 

アニエス 「っ…、拒否しますっ!!」

 

 

 

エアリー 「だが全て無駄なことなのだ。 すべてな!」

 

 

 

 

 

 

 

(#^ω^)回復しやがった

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「そんな貴様が一番鬱陶しいのだ!」

 

 

 

 

 

 

(-_-) 突然光が

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「おお…手が…足も…消滅して…ゆ…く。 これははじめての感覚…。 敗北、というものか! 11億年

 

      かけて数多の世界を貫いてきた我が、ここで消えるのか…。 フフフ、ははははは…

 

      それにしても人間という生き物は、実に滑稽な存在…我を倒したところで、何も解決などしない。

 

      わからないだろうな、光の戦士たちよ…ククク。

 

      あらゆる境界が完全に崩れ、あの方が訪れる未来が、必ず来る…。 我はあの方の、ただの使いに過ぎぬ

 

      ということを、思い知るが良いぞ…!

 

      ああ、ウロボロス様…! エアリーは成し遂げられませんでしたが…!

 

      必ずや、数万年後、数億年後に境界の彼方よりその御姿をお現しになることを…願っ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「終わった…のでしょうか…」

 

 

 

リングアベル 「ああ、終わった」

 

 

 

イデア 「あたしたちの旅、こんな形の結末になるなんてね…」

 

 

 

ティズ 「僕たちは…、誰かの希望になることが、できたのかな…?」

 

 

 

アニエス 「できたはずです…。 ですが、それ以上に多くのものを、犠牲にしてしまった…。

 

      クリスタルを解放する儀式が、世界を滅ぼす行為そのものだったとは…」

 

 

 

ティズ 「暴走状態になったクリスタルをなんとか元に戻さないと…」

 

 

 

☆ガクッ

 

 

アニエス 「キャッ!」

 

 

 

ティズ 「うわっ、何だ!?」

 

 

 

イデア 「あっ、崩れかけてる!」

 

 

 

リングアベル 「まずいな。 急いで脱出しよう」

 

 

☆脱出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「あ…消える…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「あ! 老師様! それにレスター卿も!!」

 

 

 

アニエス 「ど、どうして御二人がここに?」

 

 

 

 

 

 

 

 

老師 「アニエスちゃんよ、それにティズ、イデアちゃんにリングアベル…よくぞやってくれた」

 

 

 

レスター卿 「我らが、天使から啓示を受けて1800年。 ようやく闇の根源を断ち切ることができた。 偉大だな、

 

       若さというものは。 我らでは、こうはいかなかっただろう」

 

 

 

老師 「さあ、あとのことはこの老いぼれ共に任せるのじゃ」

 

 

 

レスター卿 「まだ、やるべきことがあるからな、君たちには」

 

 

 

イデア 「やるべきこと…?」

 

 

 

レスター卿 「あの大穴は、繋がっているのだ。 君たちが旅してきた、すべての世界へとな」

 

 

 

老師 「 ”邪悪なる者” が倒れた今、あの大穴はじきに閉じてしまうじゃろう。 大穴が閉じる前に、おぬしたちは

 

    自らが望む世界へと戻るんじゃ」

 

 

 

アニエス 「望む、世界…」

 

 

 

レスター卿 「この世界は、君たちにとって見れば、生まれた世界とは似て非なるもの…。 それを承知でこの世界に

 

       留まるのは自由。 君たちが生まれた世界にもどることもまた、自由だ」

 

 

 

老師 「どれを選ぶのも自由だ。 じゃがな、ゆっくりと考えている暇はなさそうじゃ」

 

 

 

レスター卿 「すでに大穴が閉じ始めたか。 予想より早かったな」

 

 

 

老師 「さあ、急ぎ結論を出すんじゃ! 帰るとすればもう時間はないぞえ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老師 「おぬしは世界を…、すべての世界を救ったんじゃ。 胸を張って故郷に帰るがよい」

 

 

 

アニエス 「はい…。 ありがとうございます…」

 

 

 

ティズ 「…」

 

 

 

レスター卿 「老師…、いつまで抱きついている?」

 

 

 

老師 「最後なんじゃし、もうちょっとだけええじゃろ…」

 

 

 

レスター卿 「困っているだろう、彼女が。 それにティズがすごい目で君を見ているぞ」

 

 

 

老師 「だーもうー、みんな堅いこと云うのう…。 んー、ではな」

 

 

 

レスター卿 「また会おう。 もっとも、そこで出会った私は別の ”私” だがな」

 

 

 

ティズ 「ありがとうございましたっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「ああ、大穴が閉じてゆく…。 穴の収縮が…、止まった!」

 

 

 

アニエス 「お二人の、すさまじい魔力の放出を感じます…」

 

 

 

ティズ 「…行こう、リングアベル…! ダッツさん、ラッツさん、女将さん、帰ろう」

 

 

 

リングアベル 「よし、みんな、しっかり掴まっていろよ〜!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老師 「行った…か…」

 

 

 

レスター卿 「ああ、そのようだ。 振り返りもせずに、な」

 

 

 

老師 「長い戦いじゃったな…」

 

 

 

レスター卿 「フッ、そうだな。 ようやく…2500年に及ぶ戦いも、終わる…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆自分たちの世界へ戻った彼ら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「私が、私がすべてを始めないと…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「王様、ただいま戻りました!」

 

 

 

王様 「おうおう…、よくぞかえってきた! 皆の者、英雄の…、光の戦士の凱旋じゃ!! 祝おうぞ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「お父様の理想は、あたしが…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆完結

 

 

 

 

 

 

 

無事クリアしました…(_ _) 長かった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 最終章突入 嘘つきエアリー 03:18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「お父様は、師匠は、すべて…すべてお見通しだった!!」

 

 

 

 

 

 

 

パパ 「だが、それでも…止めなければ…ならんのだ…。 イデア…そして、風の巫女よ…クリスタルを、

 

    解放…しては…」

 

 

☆がくっ

 

 

イデア 「お父様…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「アニエス…」

 

 

 

アニエス 「そんな…そんな恐ろしいこと…私は…とても聞いていられない…。 だって、もしそれが本当

 

      だとしたら…私は…」

 

 

 

ティズ 「ごめん。 急にこんな話をされたって、驚くよね…。 それでも…アニエス、僕にはリングアベルが

 

     嘘を言っているとは思えないんだ。 だから…」

 

 

 

アニエス 「あなたは、リングアベルを信じるというのですか?」

 

 

 

ティズ 「うん。 信じている。 リングアベルも、イデアも、アニエス、君のことも。 だから…」

 

 

 

アニエス 「…。 では、私も信じます」

 

 

 

ティズ 「…ありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「アニエス! そいつの言葉に耳を貸すな! あと少しでそいつは本性を現すはずだ!」

 

 

 

エアリー 「ほ、本性って何よう! 失礼しちゃうわ! エアリーは…」

 

 

 

リングアベル 「黙れ! 俺は、すべてを思い出したんdなよ! あの日、俺のイデアを無残にも殺した怪物…」

 

 

 

ティズ 「”邪悪なる者”…!」

 

 

 

リングアベル 「その正体はエアリー、お前だ…!」

 

 

 

 

 

エアリー 「ふん…」

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「うふふ…。 せっかくみんな強くなったのに。 でもしょうがないわね…」

 

 

('ω') お前、パッケージにもなっておきながら…敵とか…

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「アニエス…! クリスタル、本当に壊れちゃうよ! …いいの? ねえ!」

 

 

 

アニエス 「…っ。 私は…私は…クリスタルを…壊します…っ! ティズ…それでいいのですよね…」

 

 

 

 

 

 

 

 

老師 「アニエスちゃん、巫女とは…いったいどういった存在なのかのう?」

 

 

 

アニエス 「巫女はクリスタルの啓示を民に伝え、導く者。 それが…、何か?」

 

 

 

老師 「ふむ。 だが、もっとシンプルに言えば、民を導く者のことを、巫女と云うのじゃ」

 

 

 

アニエス 「では、クリスタルは…」

 

 

 

老師 「クリスタルの存在が重要なのではない…。 民を正しく導くことこそが重要なんじゃ。 民は惑う。 目先の

 

    苦しみから逃れるために、巫女に、そしてクリスタルにすがりつく」

 

 

 

アニエス 「民の望みを、巫女やクリスタルにすがる民の願いを叶えてあげることこそが巫女の使命では…」

 

 

 

老師 「そこなんじゃ。 気をつけねばならぬところは。 さっきも言った通り、巫女は民を正しく導く者。 決して

 

    民の願いを聞き届けるだけの存在ではない。 クリスタルとはな、それほど絶対視しなければならぬものではない。

 

    ワシとレスター卿が1000年以上かけて教団とクリスタルを監視してきた結論じゃ。 アニエスちゃんは、この先、

 

    辛く悲しい決断を強いられることがあるやもしれん…。 その時はティズ、何としてでもアニエスちゃんの味方に

 

    なってくれ。 頼む」

 

 

 

ティズ 「はい!」

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「ダメ…本当にこのままじゃ壊れちゃう…!

 

      …。 アニエス、この警告が最後よ。 今すぐに祈祷をやめて」

 

 

 

アニエス 「く…っ」

 

 

 

エアリー 「やめろ…」

 

 

 

アニエス 「っ…!」

 

 

 

エアリー 「やめろぉぉぉ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 怒り爆発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆終章 嘘つきエアリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「これがヤツの本性…。 アニエス、構わない。 そのままクリスタルを破壊してしまうんだ!!」

 

 

 

アニエス 「はい…!」

 

 

 

リングアベル 「俺たちが守る! 必ずな!」

 

 

 

ティズ 「僕たちを、信じて!」

 

 

 

アニエス 「はい…!」

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「何だ! この禍々しさは…」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') エアリー登場

 

 

エアリー 「はぁ〜っはっはっ…!! エアリーだよっ!! さんざん境界を貫き、いくつもの世界を一緒に

 

      戦ってきたではないか」

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「いくつものルクセンダルクが同時に、…いうなれば、並列に存在するのだ」

 

 

 

リングアベル 「ああ、しっかりと体験したさ」

 

 

 

エアリー 「境界を貫き、世界を凍結させることによって、我は膨大なエネルギーを得られるのだ。 そう…、

 

      大いなる破滅、カタストロフを引き起こすためになぁっ!!

 

      もっとも、我の力をもってしても並行世界の境界を貫くなどということはできん。 クリスタルの

 

      暴走の力でも利用せねばな! 我だけではあるまい。 忘れたのか? お前ら全員が我に協力して

 

      ぶち開けたのさ。 おまけに異界から魔物まで吸い寄せられて、まったく…、開けられた方はとんだ

 

      災難だよなあ」

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「自分の考えを持たぬ人間は言われたことに従うしかない。 言われたことに従うのは楽だからなあ。

 

      なんでも他人のせいにできる。 加えて、当たり前と思うことに疑問を持ち、従わぬ勇気を持つ者…

 

      そんな人間のいかに少なきことよ。 消えてもらうぞ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「ㇵァ、ハァ、ハァ…

 

      私たちは…ㇵァ、ハァ…愚かでした…こんなにも…卑劣な罠に気づくことができなかった…!

 

      …。 この祈り、届いて…もし間に合うのなら…世界と、皆を助けて…どうか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「な、何っ!?」

 

 

 

アニエス 「これで…よかったのですか…。 母巫女様…、オリビア…、老師さま…。 傷付いたみんなを置いてなんて

 

      いけない…」

 

 

 

 

 

 

 

 

☆アニエスは力尽きて倒れる

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「くそっ!! まさかこんなゴミ虫どもに、我が野望を邪魔されるとは…抜かったわ! 巫女と戦士の

 

      補充はともかく、まずは、次のクリスタルとなる核を探さねば…まったく、ここにきて5000年の足止め

 

      とは…。 幸い、この世界に残ったクリスタルは、すべて暴走状態、大穴に闇のオーロラを出現させ、

 

      しばらくそこで時期をうかがうとするか。 くそっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「目覚めなさい…

 

     立ち上がるのです…」

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「闇に抗い、踏みにじられても希望を捨てなかった人々… ”私” を守り、育んできた人々

 

     その想いと祈りの力を、今、あなた達4人に授けます…。 闇の根源を絶つために 受け取りなさい

 

     そして、再び立つのです さあ、光の戦士たちよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「あ…れ…?

 

     僕は…。

 

     …。

 

     …!?

 

     みんな! おい、みんな! 返事してくれ! アニエス! イデア! リングアベル!」

 

 

 

アニエス 「う…」

 

 

 

イデア 「ううう〜…」

 

 

 

リングアベル 「くっ…」

 

 

 

ティズ 「よかった…みんな、無事だったんだ…」

 

 

 

イデア 「あたしたち…、ええと、どうなったんだっけ?」

 

 

 

アニエス 「クリスタルは、私が壊して…」

 

 

 

イデア 「エアリーが…すごい化け物になって…」

 

 

 

ティズ 「それで、その後、僕たち…やられちゃったような気がするんだけど…」

 

 

 

リングアベル 「ピンピンしているな」

 

 

 

アニエス 「…夢をみませんでしたか? 優しい声が聞こえてくる夢…」

 

 

 

イデア 「見た! っていうより、聞いた」

 

 

 

リングアベル 「あの声は…どこから?」

 

 

 

アニエス 「このペンダントから、いえ…クリスタルの核から、聞こえた気がしました」

 

 

 

イデア 「これが、喋ったのかな? 誰の声だったんだろう? クリスタルって喋るの?」

 

 

 

ティズ 「アニエスの声にも聞こえたような気がするんだけど…」

 

 

 

アニエス 「私の…?」

 

 

 

リングアベル 「そうか、もしかすると、俺がいた世界の…。

 

        いや、そんなことより、エアリーだ。 あいつをどうにかしなければ」

 

 

 

アニエス 「まさか、エアリーが私たちをだましていたなんて、今でも信じられません…。 いえ、信じたくは…」

 

 

 

リングアベル 「だがあれがヤツの本性だ。

 

        間違いない。 俺の記憶の中でイデアを殺したのは、ヤツが変化した姿だった」

 

 

 

イデア 「前の世界の、あたし、か…」

 

 

 

リングアベル 「放置しておけば、またあいつは別の誰かをだまして、クリスタルを解放するよう誘導するぞ」

 

 

 

ティズ 「この連鎖を、止めなくちゃ…。 ここで、僕らで、止めるんだ」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') エアリーぶっ潰す

 

 

 

 

 

次回、最終回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 エアリーに反抗してみる 03:34

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字脱字します

 

  それでもご了承の方はお進みください

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

☆フロウエル

 

 

 

 

 

街娘 「ちょっと見て〜、この髪ど〜よ? 今大流行の髪染め、とうとうゲ〜ット!」

 

 

 

街娘 「ちょっとちょっと! こっちだって見てよコレ~精霊の髪飾り。 もう財布スッカラカ~ン?」

 

 

 

リングアベル 「この国も、あまり変わっていないようだな。 お、これは…」

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「ふむ、第47回 ”聖花祭” 見事花乙女の栄誉に輝いたのは、ビルビットさん…か。 どうやら聖花祭は

 

        終了しているらしい」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') おばばのもとへ

 

 

 

 

 

おばば 「おや、どちら様でございますか? あいにくオリビア様はお隠れになっております」

 

 

('ω') ここら辺は無いように変化ないな…

 

   改めて見るとレベルが

 

 

 

 

 

 

   これ以上上がらない感じなのだが…

 

   …おのれ、エアリー…

 

 

 

 

 

 

('ω') 赤いおっさん退治

 

 

 

 

 

アニエス 「やはりこの世界でも、女性たちがだまされ、捕らわれていますね」

 

 

 

ティズ 「全員解放しよう!」

 

 

 

ディローザ 「おっと、勝手なことされるとおじさん、困っちゃうよ」

 

 

 

 

 

 

ティズ 「出た! 赤いオジサン!」

 

 

 

ディローザ 「おいおい、そんなガッカリするあだ名をつけないでくれないか。 せめてかっこいいおじさんで頼む。

 

       そもそも君たち、不法侵入だぜ? 出てってくれないかなあ」

 

 

 

アニエス 「あなたが何をしているのかは知っています。 女性たちを利用して悪いことをするのはやめなさい」

 

 

 

ディローザ 「ほう、面白いことを云うお嬢さんだ。 だったら教えてもらおうじゃないの、何を知っているのか」

 

 

 

アニエス 「フェロモール毒素」

 

 

 

ディローザ 「…!? こいつはたまげたな。 いったいどこで聞いた?」

 

 

 

アニエス 「あなたから直接聞きました」

 

 

 

ディローザ 「俺から? 悪いが前にどこかで会ったかな?」

 

 

 

リングアベル 「いいや。 おそらく初対面じゃないかな」

 

 

 

ディローザ 「…ふうん。 とぼけるつもりか。 ま、いい。 で、どこまで知っている?」

 

 

 

リングアベル 「フェロモール毒素で作った香水で、女性を騙して自らの立身に利用している」

 

 

 

ディローザ 「…やれやれ、気味が悪いねえ。 おじさんのことは全部お見通しってわけか。 でもおじさんは、

 

       言い寄ってきた女性にきちんと見返りは与えてるぜ? おじさんのテクは自分で云うのもなんだが

 

       極上なんでね。 みんな喜んでくれるのさ」

 

 

 

イデア 「最低! 不潔!」

 

 

 

ディローザ 「ほう、そういうこと言うんだ? でもおじさんも、はいそうですかとは言えないんだな。 ちょっと

 

       ばかり、痛い目見るかい?」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

ディローザ 「いつまでも ”おじさん” では格好つかないな。 そろそろ正体を明かしておこう…」

 

 

 

イデア 「知ってるわよ! ブラッドローズ特務隊の親玉…赤魔導士のオジサン!!」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

リングアベル 「どうした?」

 

 

 

イデア 「う、うん…、ちょっと…ね」

 

 

 

リングアベル 「親父さんが、あの男の計画の承認をしたというのが気になるのか?」

 

 

 

イデア 「うん…」

 

 

 

リングアベル 「あのレスター卿って人の台詞ではないが…過小評価しすぎ…ではないのか? 前に、あの男の

 

        報告書を手に入れ、その内容はすべてこの手帳に記入してある。 あの男がどのような汚い手段で

 

        公国軍でのし上がろうとしたのか…もう一度よく読んでみるといい」

 

 

 

イデア 「う、うん…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆神殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「見て!」

 

 

 

アニエス 「あれは…災厄を浸透せし者ルサルカ!」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

 

('ω') 儀式の準備

 

 

 

アニエス 「エアリー、準備出来ました」

 

('ω') とっととやってくれ

 

 

 

アニエス 「ええ、始めましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「やったわ! クリスタルの解放は成功よ! アニエス、お疲れ様!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドマン 「ようこそ、風の巫女様。 そして皆さんもようこそ。 盾派の司令官を務める、ダニエル・グッドマンです」

 

 

 

 

 

 

('ω') さっそくアレをなんとかしよう

 

 

 

 

 

 

 

プリン 「あ、風の巫女さんとその愉快な仲間たちの皆さん♪ 来てくれたんですね〜♪」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

プリン 「うう…ひどいよ、私、スパースターなのにぃ。 タダ唄を聴いてもらいたかっただけなのに。 グスン」

 

 

('ω') 解決

 

 

グッドマン 「いやあ、実にお見事な作戦でした! アレを完全に封じ込めていましたね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆街へ

 

 

兵士 「あちらの街の真ん中に見えるお屋敷が、グッドマン司令の邸宅となります」

 

 

 

 

 

 

エレオノーレ 「風の巫女様、それに皆様、ようこそおいでくださいました」

 

 

('ω') お邪魔します

 

 

 

 

 

 

('ω') 一旦出て、また戻る

 

 

 

 

 

 

グッドマン 「おお、お待ちしていましたよ、皆さん」

 

 

('ω') この後事件発生。 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

イデア 「最期に…、何か言い残すことは?」

 

 

 

ナスターシャ(に変身して) 「せっかく…、内戦終息のどさくさに紛れて盾派の司令官と幹部二名を一網打尽に

 

               できたというのにこの」 省略

 

 

グッドマン 「風の巫女様、皆さん…こ、これは…、いったい」

 

 

('ω') 終わりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆神殿へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「見て!」

 

 

 

アニエス、 「あのクリスタルの…、ここもですか」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

 

 

 

('ω')準備

 

 

アニエス 「エアリー、準備出来ました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「はあ…はあ…はあ…」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') よそ見して連打し続けてしまったのだが…

 

 

 

エアリー 「アニエス! やめて! このままじゃクリスタルが壊れちゃう」

 

 

('ω') 的なことを云っていました。

 

 

 

 

 

 

('ω') 壊れたらヤバいかな、と思ってあわてて連打中止。 するといつもと違う展開が…

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「っ…くっ…はぁっ…はぁっ…くっ…はぁっ…」

 

 

 

エアリー 「はふぅ…ふぅ…ふぅふぅ…はふぅ…。 い、いったい、どうしたのよぅ…アニエス…。 はふぅ、

 

      どうして…あんなこと…」

 

 

 

アニエス 「はぁ…はぁ…分かりません…私…急に、意識が…遠のいて…自分でも、何が何だか…」

 

 

 

エアリー 「も、もう少しで、クリスタルが壊れちゃうところだったのよ…!」

 

 

 

アニエス 「…ごめんなさい、エアリー。 ごめんなさい」

 

 

 

エアリー 「…。 はあ、もういいわ…。 結果的にクリスタルは壊れなかったわけだし…」

 

 

 

 

 

 

ティズ 「アニエス! 大丈夫か!? いつもよりずいぶん長い祈祷だったじゃないか」

 

 

 

イデア 「あたし、見ててドキドキしちゃった…」

 

 

 

リングアベル 「大変だったようだな」

 

 

 

アニエス 「みんな…心配かけて、ごめんなさい…。 …。」

 

 

 

エアリー 「もう二度とやったらダメよ? ストップって言ったら、ちゃんとやめるのよ?」

 

 

('ω') いやだね

 

 

アニエス 「はい…」

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「ゆらぎ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「19回目か…」

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「…」

 

 

 

イデア 「ねぇ、アニエス…いったい…」

 

 

 

ティズ 「イデア…、アニエスの思うままに…そう決めたじゃないか」

 

 

 

イデア 「…。 うん、そうだったね…」

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ここで

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) こいつをぶっ潰して

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) カミイズミさんをはっ倒しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆神殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「見て!」

 

 

 

アニエス 「あれは…災厄を蔓延せし者ギガースリッチ!」

 

 

☆戦闘開始

 

☆戦闘終了

 

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

(-_-) で、準備

 

 

 

アニエス 「エアリー、準備できました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) どこまで無視できるかわからないけど、違う展開を求めてやってみる。

 

 

 

エアリー 「…アニエス? ストップ! ストップだってば!」

 

 

(-_-) 前回はここでやめた。

 

 

 

エアリー 「ダメだって言ってるじゃない! どうしたの?」

 

 

 

アニエス 「…」

 

 

(-_-) お? これはもしかして…?

 

 

 

エアリー 「アニエス! やめて! このままじゃクリスタルが壊れちゃう!」

 

 

(-_-) 壊しましょう壊しましょう

 

 

 

エアリー 「やめて…、ね、お願い…、やめてよう…。 アニエス…どうしてこんなことするの。

 

      アニエス…どうしたの…」

 

 

 

ティズ 「これって、止めるべき…なのかな?」

 

 

(-_-) このまま壊す

 

 

 

エアリー 「やめてやめてやめてー!! 世界が! 壊れてしまう!」

 

 

(-_-) もう疲れたんだよ

 

 

エアリー 「ねえ、アニエス! 世界を救うためにここまで頑張ってきたんでしょ!? エアリーたち、いつも一緒

 

      だったじゃない…。 エアリーもアニエスの仲間だよね? だからお願い、エアリーの云うことを聞い

 

      て…聞いてよ…!」

 

 

(-_-) 自分で友達みたいなこと云うやつ信じられないわい

 

 

 

ティズ 「どうなるかわからないけど…僕は、最後までアニエスについていく」

 

 

 

リングアベル 「俺も付き合おう。 彼女のためにな」

 

 

 

イデア 「すごくドキドキしてきた。 …でも、仲間だもん。 アニエスに任せる!」

 

 

 

(-_-) こんなことならさっさと壊しときゃよかった…

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 エアリー許すまじ 02:40

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

☆ホーリーピラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「この光、もう、何度目だっけ…」

 

 

(-_-) まじでな

 

 

 

リングアベル 「…」

 

 

 

ティズ 「ダッツさんたちは?」

 

 

 

イデア 「先にし倉庫に避難してもらったよ」

 

 

 

エアリー 「アニエス、みんな! エアリーを死んでて見守っててね! 今度こそ絶対成功させるから!」

 

 

 

アニエス 「え、ええ…」

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「さあ、光よ! エアリーのブローチに集まりなさーい!」

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

アニエス 「見守りましょう」

 

 

 

ティズ 「え!?」

 

 

 

アニエス 「今は、エアリーを…」

 

 

 

ティズ 「…わかった」

 

 

 

 

 

('ω') …

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆8章 繰り返す世界 〜OVAL〜

 

 

(# ゚Д゚) おおおおおおおおおーい!!!!!!!

 

 

 

宿主 「…さん。

 

    …お客さん」

 

 

 

 

 

 

 

宿主 「お客さん、朝だよ。 ほら、起きた起きた」

 

 

 

ティズ 「…っ!?」

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「また…、この宿ですか…」

 

 

 

ティズ 「お、大穴は…?」

 

 

 

リングアベル 「ここから見る限り、海はまだ腐食している。 おそらく大穴も閉じてはいないだろう」

 

 

 

イデア 「これであたしたち…、えっと…、んっと…5番目の世界に来たってことだよね?」

 

 

 

アニエス 「エアリー、いったいこれは…」

 

 

 

エアリー 「…ごめんなさい…。 でも、エアリーにも全くわからないの…」

 

 

 

(#^ω^)

 

 

 

リングアベル 「…」

 

 

 

イデア 「ま、考え込んでても仕方ないじゃん。 とりあえず、この世界のために、とっととクリスタルを開放しちゃいましょ」

 

 

 

アニエス 「そう…ですね…」

 

 

 

ダッツ 「おーい!」

 

 

(-_-) 呼ばれて終了

 

 

 

 

☆会話イベント「夢の中」

 

 

 

 

 

(-_-) エアリーに対する苛立ちがこんなブレブレの結果に…

 

 

 

 

 

 

イデア 「あたしたち、やっぱり夢の中にいるんじゃないかな? だって大穴は開いてるままだし海はもとに

 

     戻ってるし…夢じゃなきゃ、この状況は説明できないよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「でも夢の中って、これは夢だってわかるものなのかな…? 僕、夢の中じゃ夢を見てるって気づかないけど…」

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「文字通り夢中だから夢の中ということでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「イデア、俺のほっぺにキスをしてくれないか?」

 

 

 

イデア 「なんでよ! 夢だと思って好き放題できるろ思わないで!」

 

 

 

イデア 「違うんだ…これは夢かどうか確かめるための確認なんだ。 さあ! 俺は目をつぶるから遠慮しなくていいぞ!

 

     …イデデデデデデ!」

 

 

 

イデア 「夢かどうか確かめるならほっぺをつねるものでしょ!」

 

 

 

リングアベル 「わかったわかった! 夢じゃない夢じゃない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント 「食いしん嬢万歳」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「う〜〜〜〜〜ん、やっぱりカルディスラの魚料理はどれもこれも美味しいね〜。 どれも新鮮だし、

 

     脂が乗っててジューシィで…もう、ほっぺが落ちそう〜〜〜〜。 さすがは港町だわ」

 

 

 

ティズ 「イデアの食べっぷりも見事というより鬼気迫るものがあったよ。 カルディスホッケの塩焼き、海賊カジキの

 

     ソテー、三色ガニの姿煮…バックラーガレイの煮付けに、甘鮭のルイベ盛り合わせ、大王マグロのカマ焼き」

 

 

 

リングアベル 「俺の頼んだ金ダラ鍋も味見とか言って半分くらい食ってたしな」

 

 

 

アニエス 「私の食べきれなかったブロード太刀魚の天ぷらも食べてもらいました…」

 

 

 

ティズ 「そんなに食べて…大丈夫なの? お腹の具合とか…」

 

 

 

イデア 「うん、ちょっとだけ、苦しいかな、タハハ…。 お腹の出っ張りはかなーり心配だけど…」

 

 

 

リングアベル 「まあ、育ち盛りなんだ。 食った分だけしっかり動けば大丈夫だろう」

 

 

 

イデア 「あーーっ!!」

 

 

 

ティズ 「えっ!? な、なに?」

 

 

 

イデア 「え、縁日風イカ焼きだって〜〜! 美味しそ〜〜〜! いこっ! ねえ、いこうってば!」

 

 

 

リングアベル 「…。 マ、マジすか…」

 

 

 

ティズ 「…ハハハ…」

 

 

 

(-_-) すげー食うな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') こっからちょいと早巻きで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') もうブレブレ…

 

 

オミノス 「だ、誰だっ!! 誰っ? あ、あやしいやつらめっ!! 者ども、出合えっ!! であ…

 

      な、何で出てこないんだよっ!! こ、こうなったら…」

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

オミノス 「おかしいだろ! 生意気だぞ!」

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

アニエス 「これで、街は、焼き討ちされずにすみますね…」

 

 

 

 

 

 

 

('ω')ガンガン行く

 

 

 

 

 

 

 

 

ハインケル 「どうした、イデア…! 貴様は、黒魔導士オミノス・クロウの下に配属したはずだ」

 

 

 

幹部 「団長、本部より伝令です…!」

 

 

 

イデア 「またアニエスを捕まえて殺すつもりね!? そ、そんなこと絶対させないもん!」

 

 

 

ハインケル 「続けろ…」

 

 

 

幹部 「あ、いや、…しかし!」

 

 

 

ハインケル 「この新入りに読み聞かせてやれ…」

 

 

 

幹部 「ハッ!! ” 巫女は発見次第、丁重に扱い、保護すべし! 決して手荒な真似はしないように!” …とのこと」

 

 

 

イデア 「あれ…? 巫女を捕えて殺す命令じゃなかったの?」

 

 

 

ハインケル 「そんなバカな命令を元帥閣下が下すわけがなかろう!! 我々は、腐敗した教団の呪縛から巫女を保護

 

       することを目的としておる! そんなことも知らずに任地についたと言うのか…」

 

 

 

イデア 「いや、あの…うーん、状況がさっぱり…アハハ」

 

 

 

ハインケル 「何をわけのわからん事を言っている!? 言い逃れしようとするその根性、実に不愉快だ! 貴様に

 

       騎士道精神とは何たるかを叩き込んでやる!」

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

ハインケル 「お父上は、貴様を一人前だと判断した。 だからこそ、我が空挺騎士団に配属したのだ!

 

       そのお父上の顔に泥を塗るとは! 恥を知れ!」

 

 

☆戦闘終了

 

 

ハインケル 「げ、元帥、閣…下、…申し訳…ありません…」

 

 

 

イデア 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベアリング 「おっ…!! 風の巫女がこんなところに本当に来るとはな。 団長の情報は正確だぜぇ。

 

       ホーリー、とっとと捕まえちまおうぜ」

 

 

 

ホーリー 「ちょっと待ちな、ベアリング…! あの娘…どっかで見たような…」

 

 

 

ベアリング 「構やしねえさ! ふんじばってから考えようぜえええっ!!」

 

 

 

ホーリー 「ったく…、しょうがないねぇ」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

('ω') まずはベアリングぶっ潰す

 

 

ベアリング 「鋼の筋肉も…輝け…なかったぜ…」

 

 

 

ホーリー 「ベアリング!? 嘘だろ!? 何やってんだい、さっさと立ちな! 立っていつもみたいに雄たけびを

 

      あげなよ! チッ…使えない男だね…、くそったれ…」

 

 

 

('ω') ホーリーぶっ潰す

 

 

ホーリー 「ごふっ…年上の女に…こんな真似するなんて…とんだ…悪ガキどもだね…はあ…はあ…無駄に…

 

     ギラギラ輝いてくれちゃって…本当に…虫唾が走る…よ…」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω')次次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャッカル 「おいおい、何だよこのネズミどもは。 クソっどこから入って来やがった…? ああ…、のどが渇きやがる…。

 

       イラつくぜ。 このイライラはテメエらのせいだぞ…くそどもが…こうなったら生かして帰さねえ…。自分から

 

       罠にかかったネズミは、捕食されるだけ、 そうだろ?」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

('ω') 案の定

 

 

先生 「金の切れ目が縁の切れ目、とでも言っておこう」

 

 

('ω') 切り捨てられる

 

 

ジャッカル 「親じゃ…ねえ…、親分に、せめて…」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

孤児の少年 「ジャッカルのおじちゃ〜ん!!」

 

 

 

孤児の少女 「おじちゃん! しっかりして〜!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 次次々

 

 

 

 

 

 

会話イベント発生 「ラクリーカの激辛料理」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「おーし! 美味しかった〜!!」

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「この世界でも、ラクリーカの激辛料理は健在だったな!」

 

 

 

イデア 「うん、もう、汗だく! まるで砂風呂にでも入ったみたい」

 

 

 

 

 

 

ティズ 「二人とも、50辛なんてよく食べられるよ…。 僕にはとても無理」

 

 

 

 

 

 

アニエス 「ええ、私も…。 でも、最近やっと分かったのです。 辛い物を食べた後のアイスクリームの素晴らしい

 

      美味しさを…!」

 

 

 

イデア 「そういえばそうだね。 辛い物を食べると、少しだけ涼しくなった気分になるかも!」

 

 

 

リングアベル 「気分だけじゃないぞ。 汗が気化した時に体温を冷却してくれてるんだ。 風の神殿から絶えず

 

        風が吹きつけるこの国にはうってつけなんだろうな」

 

 

 

アニエス 「砂漠の国の風土に根差したものなんですね、 この国の激辛料理は」

 

 

 

リングアベル 「そういうことだ。 よし! 次いくぞ!」

 

 

 

イデア 「よしきた! かかってきなさ〜い!」

 

 

 

ティズ 「ええっ!! 激辛料理をハシゴ!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆神殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「見て!」

 

 

 

アニエス 「あのクリスタルの…、ここもですか…」

 

 

 

イデア 「どうする? 解放の儀式、やっちゃう?」

 

 

 

アニエス 「ええ、そうですね…。 あれは…災厄を引き寄せし者オルトロス!」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

 

イデア 「ふぅ、きつかった…。 ねえ、あの魔物、あんなに強かったっけ?」

 

 

('ω') 省略します

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリー、準備出来ました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「はあ…はあ…はあ…」

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「やったわ! クリスタルの解放は成功よ! アニエス、お疲れ様!」

 

 

 

アニエス 「エアリーのブローチは…? どうなっていますか…?」

 

 

 

エアリー 「大丈夫、ちゃんと風の紋章が点灯したわ」

 

 

 

アニエス 「そう…よかった…」

 

 

 

ティズ 「アニエス! 大丈夫!?」

 

 

アニエス 「ええ…。 もう、慣れましたから…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 次は王様かな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「またあの国王だ…」

 

 

(ヽ''ω`) まただ…

 

 

 

 

 

 

 

マヌマット 「フフン、何もかもが順調だ。 いまやこの国の誰もが、余を頼り、すがっておる。 そう思うだろう、

 

       魔法剣士イクマ・ナジットよ」

 

 

 

ナジット 「ああ、かもしれないな。 マヌマット8世王…、いや、時魔導士マヌマット」

 

 

('ω') 省略します

 

 

 

 

 

 

 

マヌマット 「フ、フン…な、何のことかね? 余が何を話したというんだ」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

宰相 「なるほど…。 王が…いえ、元国王がそのような悪事を行っていたとは…」

 

 

('ω') 解決!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「魔法剣って」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「”自動アスピル剣” っていうサポートアビリティ、すごいよね〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「???」

 

 

 

ティズ 「通常攻撃がMPへの攻撃になってしかも吸収できるらしいじゃないか。 ブレイブして、魔法攻撃の合間に

 

     通常攻撃すれば、MPに困る事なんてなくなるかもね。 魔法が得意なアニエスにピッタリじゃないか!」

 

 

 

アニエス 「え、ええ…。 そう…ですか」

 

 

 

 

 

 

イデア 「ティズ、どうしたの急に?」

 

 

 

ティズ 「いや、僕らはほら…、アニエスに、魔法剣の素晴らしさを…ほら、イデアも会得しておいた方が

 

     いいんじゃないかな? イデアの鋭い剣攻撃に、何と属性を付与することができるんだよ。 ブレイブして

 

     魔法剣をかけてすぐに攻撃もできるし、途中で違う魔法剣をかけ直していい…す、凄いね、魔法剣!」

 

 

 

イデア 「もの凄く推すわね。 魔法剣を…。 だったらティズ、あんたが魔法剣士にジョブチェンジすればいいじゃない」

 

 

 

ティズ 「あ、いや、あの…。 その話の流れは、聞いてないな」

 

 

 

イデア 「聞いてない? 話の流れ?」

 

 

 

ティズ 「(ど〜しよっかな…)

 

     おーい、リングアベル、この流れの時は、何て答えればいいんだっけ?」

 

 

 

 

 

 

 

リングアベル 「…。 (…ばっ、バカ…、オイ)」

 

 

 

ティズ 「アニエスとイデアに、あの魔法剣士の薄手の格好させるのは…2人の得意なところを徹底的にヨイショすれば

 

     いい…ってリングアベルのいった通りにしたんだけど…、別の答えが返ってきたぞ〜。

 

     どうするんだ〜?」

 

 

 

イデア 「さあ、あたしたちにも…、説明してもらおうかしら?」

 

 

 

 

 

 

 

イデア 「た〜っぷりとね!!」

 

 

('ω') …姿が消えた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ボリトリィぶっ潰す

 

 

 

 

 

ボリトリィ 「おや、どうもどうも、お初にお目にかかります。 マヌマット・ボリトリィ商会、会長の…」

 

 

 

イデア 「…は、隠れ蓑。 死の商人ニコソギー・ボリトリィ! 貴女のことは全部まるっとお見通しよ!」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あの三姉妹ぶっ潰す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エインフェリア 「あれ以上、お前たちにあのような任務を続けさせるわけにはいかなかった…ブラッドローズを

 

         抜けるつもりが、結果的に公国軍からも追われる身に…。 すまない…」

 

 

 

メフィリア 「気になさらないでお姉様。 私は大丈夫…。 少し疲れただけ…、まだ戦えるわ」

 

 

 

アルテミア 「シッ…! 誰か、接近…、四人…」

 

 

 

イデア 「エインフェリア…! メフィリア、それにアルテミアまで…」

 

 

 

エインフェリア 「ほう…、お前が公国の追手なのかイデア…元帥閣下も、お人が悪い…」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

メフィリア 「お姉様、大丈夫ですか!?」

 

 

 

エインフェリア 「ああ、大丈夫だ…」

 

 

 

アルテミア 「お姉様、アルテミア、この場、引き受けた。 追手、通さない」

 

 

 

エインフェリア 「よい、三人一緒に退くぞ。 ディローザの命令などで大切なお前たちを失ってたまるか。

 

         イデア、…強くなったな。 この場は退こう。 この決着は、またいずれ…な」

 

 

('ω') 彼女たちは姿を消した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
ブレイブリーデフォルト プレイ日記 女将さん対策 03:27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') いざ行かん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィクトリア 「司令本部を突いてくるとは、さすがじゃな、風の巫女よ!」

 

 

 

アニエス 「…!」

 

 

 

ヴィクトリア 「だが、残念じゃったな! わら我がいる以上、ここは絶対に通さぬぞ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィクトリア 「フフ、今日のわらわはすこぶる調子がよい。 実力の差を………はっ、あ、がはっ…

 

        あ、あ、あああああ…がああああ!!」

 

 

 

ヴィクター 「ヴィクトリア様っ!!」

 

 

 

ヴィクトリア 「ヴィクター〜!!! 息…が、で、でき…あああぁぁっ!」

 

 

 

ヴィクター 「ここまで、不安定になっているとは…! すぐに治療しなければ…!」

 

 

 

 

 

 

('ω') 追いかけます

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') おいこらぁ、ここに居るのは分かってんだぞ

 

 

 

 

 

イデア 「ヴィクター…!」

 

 

 

ヴィクター 「どうかお静かに…。 今動かせば彼女は死んでしまう…」

 

 

 

イデア 「また、繰り返すんだね…」

 

 

 

ヴィクター 「繰り返す…? 何のことです?」

 

 

 

イデア 「ううん、こっちのこと…」

 

 

 

ヴィクター 「ひとつ、昔話を聞いていただけますか…」

 

 

 

 

 


ヴィクター 「とある国に、不治の病と宣告された天涯孤独な少女がいました。 そう、ヴィクトリア様のことです。

 

                    まだ幼い彼女は、病によって周囲から忌み嫌われ、ついには教団から不要な子として捨てられました。

 

                    彼女は、生まれた直後にクリスタル正教に引き取られ、育てられていたんです。 彼女は、苦しみと

                   

                    絶望に喘ぎながら、ひとり、死を待つばかりでした。 そこに、奇跡の邂逅があったのです。 教団

 

                    に捨てられ死を待つ彼女に、教団を捨て、世界を放浪していた元帥閣下が目を止めました。 元帥閣

 

                    下がこの国を奪い、エタルニア公国を樹立した後、彼女はこの国で治療を始めました。 私はこの国

 

                    で白魔道ケーブルを開発し、白魔道研究の主任となっていました。 私は彼女に白魔道強化による治

 

                    療を提唱しましたが、それに異を唱える者が一人…白魔道研究副主任、ヴィンセント・S・コート…

 

                    私の…父にあたる人です。 彼は長期の闘病を強いる白魔道強化による治療ではなく、別の治療を施

 

                    すべきと、強弁に提唱しました。 そう、 ” 人造生命術 ” を…! 人造生命術は、旧教団すら

 

                    禁忌の術として固く封印していた異端の技…研究主任の私も、元帥閣下も父の提言を即座に却下しま

 

                    した。 しかし、父はやってしまったのです。 彼女地自身の承諾も得ずに…。 人造生命術を施し

 

                    た彼女の身体は、病魔を退け、成功したかに思われました…。 しかし…彼女の肉体的な成長は止ま

 

                     り、周期的に襲いかかる発作は頻度を増し、彼女の精神をもむしばみました。 父は、死にました…。

 

                     ある日、自我を取り戻した彼女に、殺されたのです。 和あつぃの精神は崩壊しました。 …いえ、

 

                     もうすでに壊れていたのかもしれません。 私は、父を殺害した彼女に、憎しみを抱くべきだったの

 

                     でしょう…。 でも、…できなかった。 彼女の無垢な瞳、純粋な姿に魅了されてしまったのです。

 

                     私は、彼女の身体を治そうと心血を注ぎました。 しかし、苦しみを取り去ることはできませんでし

 

                     た。 彼女が苦しむたびに、自問するのです。 和あつぃはそれでも彼女を救うべきだったのか、と

 

                     ね。 そして必ず、同じ結論に辿り着く。 私がいる限り、絶対に彼女を死なせない。 どれだけ苦

 

                     しもうと、生かし続けてやると。 これは、私のエゴであり贖罪であり最上の喜び。 彼女に一生を

 

                      捧げる。 これ以上の幸せはありません」

 

 

 

ヴィクトリア 「フン、くだらんのう。 実にくだらんぞ、ヴィクター。 長いだけで面白くない」

 

 

 

ヴィクター 「申し訳ありません、ヴィクトリア様。 ご気分はいかがですか?」

 

 

 

ヴィクトリア 「すっかりよくなったが、また発作が来ては、たまったものではない…さっさとこのゴミ虫どもを

 

        仕留めるとしよう」

 

 

 

ヴィクター 「お心のままに…」

 

 

 

イデア 「やめて! あたし達が戦うことに、どんな意味があるの!?」

 

 

 

ヴィクトリア 「意味か、ふむ…そうじゃな…。 イデアよ、お前が目障りだからじゃ。 戦う意味など、それで

 

        十分じゃろう? さあ、ゴミ虫らしく無様に死ぬがいい!」

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

('ω') 先にヴィクトリアぶっ潰す

 

 

 

ヴィクトリア 「う…ヴィクター…、どこじゃ…何も見えぬ…」

 

 

 

ヴィクター 「ヴィクトリア様…、ヴィクトリアーっ!! ああ、ヴィクトリア様が…失われてしまった…

 

       もう、この世には何の意味もありません…アハ、アハハハ、こうなればあなたたち全員…

 

       完璧に殺害した後、私も命を絶ちましょう…!」

 

 

 

('ω') ぶっ潰す

 

 

 

ヴィクター 「感謝…しますよ…私を殺して…くれて…フフフ、これで…ヴィクトリア様と私は…永遠に…一緒…に…」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 次はお父様

 

 

 

 

 

聖騎士 「来たか…見違えたな。 カルディスラへ配属された時とは別人のようだ」

 

 

 

イデア 「お父様…」

 

 

 

聖騎士 「イデア、お前は、私の元を離れ、お前なりの信念をもってここに来た。 一人の父親として、娘の成長を

 

     嬉しく思う。 しかしな…、いや、もはや言葉は要るまい。 そうだ、もう一人、私の命令に背いた者が

 

     いる。 出てくるがよい…アナゼル」

 

 

 

アナゼル 「はっ…」

 

 

 

聖騎士 「こやつめ…、どうしても私を護ると云ってきかぬ。 困った息子だ…」

 

 

 

アナゼル 「元帥閣下…、俺を…俺を息子と言ってくれますか…」

 

 

 

リングアベル 「…」

 

 

 

聖騎士 「何を今さら…、のう? イデア…」

 

 

 

イデア 「うん、今更…だね」

 

 

 

アナゼル 「ありがたき…、ありがたき幸せっ!」

 

 

 

聖騎士 「では、そろそろ始めよう。 我が聖なる剣と、アナゼルの暗黒の剣…相反する二剣の交わりをとく

 

     と味わうがよい! 我が愛する娘よっ!!」 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

       

 

 

 

聖騎士 「さすがは、我が娘よ…」

 

 

 

イデア 「お父様とお母様の娘だもん…。 アナゼルの家族だし、師匠の弟子だし、あたしは、いろんな価値観の人から、

 

     それこそいろんなことを学んでここまで来た。 ときには意見が合わずに反発したこともあったけど、結果的に、

 

     全部の考えがこの体には入ってると思う。 だから…」

 

 

 

聖騎士 「うむ…。 もはや、何も言うまい。 信じた道を進め、我が娘よ。 さすれば、必ずや…必ずや」

 

 

 

イデア 「…うん、わかった…」

 

 

 

聖騎士 「風の巫女殿、ティズ殿、そして…もうひとりの息子、リングアベルよ…娘を、そして世界の明日を…

 

     頼みましたぞ」

 

 

 

リングアベル 「ああ、わかった…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') では神殿へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「見て!」

 

 

 

アニエス 「あのクリスタルの…、ここもですか…」

 

 

 

イデア 「どうする? 解放の儀式、やっちゃう?」

 

 

 

アニエス 「ええ、そうですね…」

 

 

 

リングアベル 「待て! 何かいるぞ!」

 

 

 

アニエス 「え…!? あれは…災厄を蔓延せし者 ギガースリッチ!」

 

 

 

イデア 「やっぱり魔物も復活しているのね!」

 

 

 

ティズ 「来るぞ!」

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティズ 「はぁ…はぁ…」

 

 

 

エアリー 「また魔物に憑りつかれないうちに、クリスタルを解放してしまうのよ!」

 

 

 

アニエス 「わかりました」

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「エアリー、準備できました」

 

 

 

エアリー 「大体わかってるでしょうけど、改めて聞いておきたいことはある?」

 

 

('ω') さっさと始めてくれ

 

 

 

エアリー 「アニエス、始めるわよ? 準備はいい?」

 

 

 

アニエス 「ええ、始めましょう」

 

 

 

 

 

 

 

アニエス 「はあ…はあ…はあ…」

 

 

 

 

 

 

 

☆スパーク!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアリー 「やったわ! クリスタルの解放は成功よ! これで4つすべてが解放されたわよ!」

 

 

 

ティズ 「くっ…この光…、ホーリーピラーか?」

 

 

 

エアリー 「ええ、間違いないわ。 アニエス、もう一度、あそこへ向かいましょう。 今度こそ、大穴を塞いで

 

      世界から闇を浄化するのよ!」

 

 

 

アニエス 「ええ、わかっています。 今度こそ…必ず…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「4度目の」

 

 

 

 

ティズ 「これで、この世界の4つのクリスタルすべてを解放したわけだ…」

 

 

 

イデア 「最初の解放から16個目かぁ…」

 

 

 

ティズ 「南の海域には、おそらくホーリーピラーが立ち昇っている」

 

 

 

アニエス 「4度目のホーリーピラーですね」

 

 

 

ティズ 「うん、もうそろそろ、本気で決着漬けたい…! なあ、エアリー?」

 

 

 

 

 

 

エアリー 「ええ…。 もちろんよ」

 

 

(# ゚Д゚)

 

 

 

エアリー 「今度こそ、絶対に…!」

 

 

 

アニエス 「…頼みましたよ」

 

 

 

ティズ 「…」

 

 

リングアベル 「…」

 

 

イデア 「…」

 

 

 

リングアベル 「さ〜てと…。 後は戻ってからの問題か」

 

 

 

イデア 「戻ってからの? グランシップに?」

 

 

 

ティズ 「またどこか壊れちゃったとか…」

 

 

 

リングアベル 「それもある。 だが、船の修理はダッツたちに任せてあるし…実際にあいつらはよくやってくれている」

 

 

 

イデア 「じゃあ、何が問題なの?」

 

 

 

リングアベル 「女将さん…さ。 ホーリーピラーに突入する時、女将さんを安全な船倉に…、な?」

 

 

 

イデア 「うはっ! そ〜れは難題だ。 前の時も大騒ぎだったんでしょ?」

 

 

 

リングアベル 「結局ダッツが女将をかつぎ上げて一緒に避難したらしい。 この間も、2人で何やらブツブツ相談してた

 

        な… あれはきっと女将のことだな」

 

 

 

イデア 「どんな作戦なんだろ? ある意味楽しみ〜!」

 

 

 

ティズ 「あははっ。 よし、女将さんに関してはダッツさんたちに任せるとして…」

 

 

 

リングアベル 「俺たちは、ホーリーピラーへ!」

 

 

 

イデア 「いざ!」

 

 

 

アニエス 「ええ!」

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブレイブリーデフォルト プレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
| 1/14 | >>