八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   レジェンドワイバーン 04:33

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') こんなところにイベントが…?

 

 

 

加護天使フォーシア 「ねこにんの里に入るには厳しい条件があるそうね。

 

           でも、ねこにんって案外格式に弱いらしいから高位天族と関係ある物を

 

           もっているといいかもしれないわ」

 

 

 

スレイ 「高位天族の身分を証明する物って…?」

 

 

 

ロゼ 「ねえ。 ひょっとして、ジイジって高位天族なんじゃない?

 

    なにか由来の品物持ってない?」

 

 

('ω') なんだよ、それが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天族女性 「プリズナーバック湿原には近づかない方がいいわ。 レジェンドワイバーンが姿を現したの」

 

 

 

ライラ 「レジェンドワイバーン…。 恐ろしい憑魔のようですわね」

 

 

 

ザビーダ 「ようですわね…?」

 

 

 

ライラ 「私だって知らない憑魔くらいいますわ」

 

 

 

ザビーダ 「そりゃあそうだな。 悪い」

 

 

 

エドナ 「マジ返しね。 珍しく」

 

 

 

天族男性 「すでに何人もの天族がやられている。

 

    くそ! アイツはかなり昔に倒されたはずなのに」

 

 

 

スレイ 「レジェンドワイバーンか…」

 

 

 

ロゼ 「居場所が人が住んでないプリズナーバック湿原で良かったね。

 

    名前からして大物憑魔っぽいよ。

 

    気合い入れていこう!」

 

 

 

('ω') うむ。 行ってみるか

 

 

 

 

〜プリズナーバック湿原〜

 

 

 

 

('ω') あれだわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「こいつがレジェンドワイバーンか!」

 

 

 

ライラ 「気をつけて!

 

     ドラゴン級の憑魔のようです!」

 

 

 

ザビーダ 「スレイ! こいつは俺にやらせろ!」

 

 

 

〜戦闘中〜

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「なんとか倒せましたわね」

 

 

 

スレイ 「ザビーダ、この憑魔を知ってたのか?」

 

 

 

ザビーダ 「ここは、大昔に俺が仲間どもと旅を始めた場所なんよ。

 

      そん時にちょっとな」

 

 

 

ライラ 「意外! お仲間がいらっしゃったなんて」

 

 

 

ザビーダ 「ひで〜な、ライラ!」

 

 

 

スレイ 「会ってみたいな。 ザビーダの昔の仲間に」

 

 

 

ミクリオ 「俺もだ」

 

 

 

エドナ 「…もう会えないのよね?」

 

 

 

ザビーダ 「多分な」

 

 

 

ライラ 「あ…ごめんなさい…」

 

 

 

ザビーダ 「いいさ。 

 

      長く生きる天族に分かれは宿命だ」

 

 

 

ミクリオ 「宿命…か」

 

 

 

ザビーダ 「んで! 新しい仲間と同じ場所に戻ってくる。

 

      まったく面白いもんだよなあ!」

 

 

 

ミクリオ 「それも天族の宿命か?」

 

 

 

ザビーダ 「ああ。

 

      ミク坊も、いつか思い出してくれよ」

 

 

 

ミクリオ 「忘れろって方が無理だね」

 

 

 

ザビーダ 「くくく、言うじゃないの」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「さっきのザビーダ、ちょっと変だったよな?」

 

 

 

ロゼ 「なんか隠してるような気がしたね」

 

 

 

スレイ 「…けど、オレ達を仲間って言ってくれた」

 

 

 

ロゼ 「うん。 あたしもそう思ってる」

 

 

 

スレイ 「もちろんオレもだ」

 

 

 

ロゼ 「じゃあ、聞かなくて大丈夫だよ。

 

    必要なことなら、きっと話してくれると思うし。

 

    安心されましたか、導師殿?」

 

 

 

スレイ 「ごめん。 つきあわせちゃって」

 

 

 

ロゼ 「いいってことよ!

 

    お代は安くしておくから」

 

 

 

スレイ 「ええっ!? お金取るの!」

 

 

 

('ω') あんまりだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆グレイプガント盆地

 

 

 

 

('ω') お馬さん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇ディスカバリー「自然に帰った馬」を発見しました

 

 

('ω') あ、自然に帰ったお馬さんだったのね

 

 

 

☆会話イベント発生 「戦場跡にて」

 

 

 

ロゼ 「変だな。

 

    この辺りに野生の馬なんていなかったはずだけど」

 

 

 

ライラ 「そうなのですか?」

 

 

 

ロゼ 「うん。

 

    セキレイの羽で何度も通ったけど見た事ない」

 

 

 

エドナ 「軍馬だった馬じゃないの?」

 

 

 

ロゼ 「そっか! きっと軍とはぐれたんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「無責任だな、まったく!」

 

 

 

ロゼ 「どちらの国の馬なのでしょう?」

 

 

 

エドナ 「さあね。 案外両方の国だったりして」

 

 

 

ロゼ 「はぐれた同士で仲良くやってるってこと?」

 

 

 

エドナ 「不思議じゃないでしょ。

 

     馬に戦う理由はないんだから」

 

 

 

ライラ 「馬も戦争の被害者なんですよね…」

 

 

 

エドナ 「正確には被害馬ね」

 

 

 

ロゼ 「いいよね? あのままにしておいても」

 

 

 

エドナ 「いいでしょ。

 

     戦場の穢れも消えたし。 きっとうまく生きて行くわよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「ウマだけに、ですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「強引に拾わなくていいわよ!」

 

 

('ω') 組み込んでくるなあダジャレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆メルシオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') この先ってどう行くのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 色んな所が岩で塞がってるけど、壊せない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') なんかボタン的なものある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 開いた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 進めるところとそうでないところがたくさんある

 

 

アクア 「スキルの空いてる装備を見せてみ〜。

 

     ウチ色に染めたげるわ〜」

 

 

('ω') ありがてえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ? なんかいるな

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「マンイーター…ですわ!」

 

 

 

ロゼ 「あー食べるわ、絶対食べに来るわ」

 

 

 

ザビーダ 「まあ、食べるにもいろいろあるだろ?」

 

 

 

ロゼ 「全部お断りよ」

 

 

('ω') この後戦闘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 荷物?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇ディスカバリー 「残された商人の荷物」を発見しました

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「憑魔の巣」

 

 

 

 

ロゼ 「あちゃ〜……嫌な物見つけちゃった」

 

 

 

ライラ 「ですね」

 

 

 

スレイ 「落し物が?」

 

 

 

ライラ 「ええと、それは…」

 

 

 

ロゼ 「スレイ。 周りを見ての感想は?」

 

 

 

スレイ 「ここは、スライム憑魔の巣って感じー。

 

     あっ!」

 

 

 

ザビーダ 「そう。 食べられちまったんだよ。 持ち主は」

 

 

 

スレイ 「…けど、なんで荷物だけ無事なんだ?」

 

 

 

ロゼ 「きっとグルメなのよ」

 

 

 

ライラ 「あながち間違いではありませんわね。

 

     スライム憑魔はエゴと貪欲さのかたまりですから」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

ザビーダ 「他人の心配してる場合じゃないぜ。

 

      俺たちも巣の中にいるんだ。

 

      気が付いたら胃袋の中ってこともありえるぜ」

 

 

 

スレイ 「わかった。 気は抜かない」

 

 

 

ロゼ 「ザビーダは食べやすそうだよね。

 

    吐き出すものが少ないし」

 

 

 

ザビーダ 「そうそう、よく言われるんだ」

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「 ”食わせ者だ” ってな」

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   もうひとりのメーヴィン 01:57

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ローグリン

 

 

 

 

スレイ 「今更だけど、メーヴィンのお墓、あれでよかったかな?」

 

 

 

ロゼ 「良いと思うよ。 おじさん、ローグリンによく行ってたし、親しい人もいたはずだしさ。

 

    ローグリンの人とはなしたら、なにかおじさんの話が聞けるかもしれないね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') すみません、ちょっとお話いいですか

 

 

おじさん 「冒険詩人メーヴィンを知っておるか?

 

      遺跡を巡り、太古を讃える詩を歌った美貌の詩人じゃよ」

 

 

('ω') ?

 

 

 

おじさん 「たしか…トリスイゾル洞に住んでいたはずじゃ」

 

 

 

ロゼ 「美貌の冒険詩人メーヴィン!?

 

    どういうこと?」

 

 

 

スレイ 「わからないけど…気になるよな」

 

 

 

ロゼ 「なる×100!」

 

 

 

エドナ 「…マネされた!」

 

 

 

スレイ 「冒険詩人メーヴィン、か…」

 

 

 

ロゼ 「名前気になりすぎ!

 

    ローグリンの東にあるトリスイゾル洞に住んでるって言ってたよね?」

 

 

 

('ω') 行くしかない!

 

 

 

 

 

 

 

☆トリスイゾル洞

 

 

 

 

('ω') この人…?

 

 

 

 

 

 

 

 

天族アカシャ 「天族アカシャと申します。

 

        導師よ、こんな僻地にどんな御用でしょう?」

 

 

 

スレイ 「オレはスレイです。 えっとー。

 

     ここにメーヴィンって詩人がいるって聞いたんだけど、知ってますか?」

 

 

 

天族アカシャ 「詩人メーヴィン…彼女なら」

 

 

 

 

 

 

 

 

天族アカシャ 「そこで眠っています」

 

 

 

スレイ 「…亡くなった?」

 

 

 

天族アカシャ 「もう300年も前に。

 

        縁あって私が墓守をしています」

 

 

 

ロゼ 「300年…話違うじゃない…」

 

 

 

ライラ 「長命な天族には時々あるんです。

 

     時間の感覚がずれてしまうことが。

 

     情報をくれた方にとっては、300年前の話が数年前のことのように思えていたのでしょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「あ、俺もあるわ。

 

      プリンとって置いたらうっかり100年経ってた」

 

 

 

スレイ 「そうなのか?」

 

 

 

天族アカシャ 「彼女にどんな御用があったのですか?」

 

 

 

スレイ 「オレの知り合いにもメーヴィンって探検者がいて、その人の家族かと思った

 

     んだけど…偶然同じ名前だっただけみたいだね」

 

 

 

天族アカシャ 「偶然ではありません。

 

        その探検家も刻遺の語り部でしょう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天族アカシャ 「詩人メーヴィンも語り部でした。

 

        語り部は個の名を持たない一族。

 

        ”メーヴィン”とは一族が代々受け継ぐ名なのです」

 

 

 

スレイ? 「つまり、詩人は何代か前のメーヴィンか!」

 

 

 

ザビーダ? 「メーヴィン…”看取る者”って意味だっけか?」

 

 

 

天族アカシャ 「彼らは、その名と共に誓約を受け継ぎ、世界を傍観する宿命を負うのです」

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「しかし、なぜそんな宿命を?」

 

 

 

ザビーダ 「初代がなんかやらかしちまって、強制的に誓約が与えられた…とかなんとかだっけ?」

 

 

 

ライラ 「私も詳しくは…。

 

     すべてを知るのは語り部だけでしょう」

 

 

 

天族アカシャ 「今代のメーヴィンは?」

 

 

 

スレイ 「最後は看取ったけど…」

 

 

 

天族アカシャ 「…そうですか。

 

        ”我は世界を見る者、歴史を見る者。

 

        眺むる世界に人はあり、流れる歴史に人がいる”」

 

 

 

 

 

 

 

 

天族アカシャ 「”人よ往け、人よ往け。 世界を回せ。

 

        我は見る、我は見る。 輪廻の果てを

 

        佇む体は独りでも、我が心は人とあり

 

        〇?讐因果を呑み込んで、我が心は人とあり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ? 「それ、詩人メーヴィンの?」

 

 

 

ライラ 「人への愛情に満ちた詩ですわね」

 

 

 

天族アカシャ 「はい。 彼女だけでなく一族皆の夢なのでしょう。

 

        語り部は、孤独ゆえに世界を愛し、人を愛する。

 

        あなた方に看取られた今代はきっと幸せだったと思います」

 

 

 

ロゼ? 「…だといいね」

 

 

 

スレイ 「応えなきゃな。

 

     メーヴィンが託してくれた想いに」

 

 

 

('ω') だな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ここで、なんと、衣装のカラバリが気になって…

 

 

・スレイ

 

 

 

('ω') うーん…今のままでいいかな…

 

 

 

 

 

 

・ミクリオ

 

 

 

('ω') お、これはありかも

 

 

 

 

 

 

 

 

・ロゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

('ω') ロゼがなぜか衣装持ちに…

 

 

 

 

 

 

 

・ライラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ウエディングになっちまうな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ザビーダ

 

 

 

 

('ω') 間違い探しか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') これ以外はなんんか似合わないな…

 

   検討した結果、今のままでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「メーヴィンの背景」

 

 

 

 

 

ロゼ 「メーヴィンおじさんには難しい事情があったんだね」

 

 

 

スレイ 「ああ。 特別な宿命を背負ってたんだな」

 

 

 

ロゼ 「それでも…おじさんはいつもセキレイの羽を手伝ってくれたよ」

 

 

 

スレイ 「オレには探検家の心得を教えてくれた」

 

 

 

ロゼ 「とにかく世界中を飛び回ってて」

 

 

 

スレイ 「オレたちに道を示してくれた」

 

 

 

ロゼ 「うん! それがメーヴィンおじさんだよね。

 

    どんな事情や宿命があってもー」

 

 

 

スレイ 「メーヴィンはメーヴィンだ」

 

 

 

ロゼ 「スレイがスレイなように、ね!」

 

 

 

スレイ 「ロゼがロゼなように、だよ」

 

 

 

ロゼ 「マネすんなよ〜」

 

 

 

スレイ 「そっちこそ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   実家へ帰る 03:46

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   前回のつづきから

 

   ネタバレです

 

   たまに誤字・脱字します。

 

   それでもご了承の方はお進みください。

 

   レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

('ω') なかなかレベル上げがうまくいかない…

 

   そんな中、それでも多少は進んでいるようなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆アリーシャの家

 

 

 

 

('ω') 久々

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 先客か

 

 

偉そうな人 「本日はアリーシャ姫様の接待、痛み入りました」

 

 

 

アリーシャ 「いや、ロゴス殿には、今後もローランスとのパイプ役をお願いしたいと思い

 

       まして」

 

 

 

ロゴス 「その件は、なにかと物入りでした。 先立つ物がそれなりに」

 

 

 

アリーシャ 「先立つ物…?

 

       承知しています。 それは」

 

 

 

ロゴス 「承知するだけですか?」

 

 

 

アリーシャ 「い、いえ…もちろん便宜を…。

 

       十分に取り計らわせていただきます」

 

 

 

ロゴス 「そういうことであれば、私も存分に働かせていただきましょう。

 

     …しかし、60点といったところですなあ。

 

     そこまで顔に出ては足元を見られますぞ。 今後はご注意を」

 

 

 

アリーシャ 「は…?」

 

 

 

ロゴス 「私のような者を使いこなしてこそ、人の上に立てる。

 

     精進なされよ」

 

 

 

アリーシャ 「はい。 肝に銘じます」

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 良い奴なんだろうな、たぶん。 癖はあるけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリーシャ 「ふう…まだまだ未熟だな」

 

 

 

メイド 「あまり無理をなされませんように」

 

 

 

アリーシャ 「ありがとう。

 

       けれど、無理じゃない。 少々遠回りをするだけだ」

 

 

 

メイド 「アリーシャ様によってお辛いことでしょうに」

 

 

 

アリーシャ 「私の理想なんて。

 

       私には民のために汚れる強さが必要なんだ。

 

       ”戦士は守るもののために強くあれ。 民のために優しくあれ”

 

       穢れのないハイランドをつくるのは国の皆だ。 私は、その礎として強くならなくては」

 

 

 

メイド 「…変わられましたね、アリーシャ様」

 

 

 

 

アリーシャ 「まだまだだよ。 人知れず災厄と戦っている人たちに比べれば…

 

       負けてられないから。 仲間として」

 

 

 

 

 

 

 

 

メイド 「でも少しは休まれますように」

 

 

 

アリーシャ 「わかった。 大臣たちとの会議まで少し時間があるからね」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「アリーシャ、なんか変わったね」

 

 

 

ザビーダ 「ああ。 前より、いい女になったな」

 

 

 

ライラ 「見極めたからでしょう。

 

     夢を実現させるためになにが必要かを」

 

 

 

ミクリオ 「その上で決めたんだな。 政治家として生きることを」

 

 

 

スレイ 「…ああ」

 

 

 

エドナ 「もしかして寂しい?」

 

 

 

スレイ 「まさか。

 

     信じられるよ。 もうアリーシャは大丈夫だって」

 

 

 

ザビーダ 「こっちもいい男になったんじゃないの」

 

 

 

スレイ 「だろ?」

 

 

 

ミクリオ 「おっと」

 

 

 

ライラ 「言いますわね」

 

 

 

 

 

 

('ω') そんなわけで会うことできず。

 

   しかたない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「誤解は解かずに」

 

 

 

 

ライラ 「ロゼさん。

 

     結局、セルゲイさんの誤解を解かなかったんですね」

 

 

 

 

ロゼ 「うん、なんかね。

 

    セルゲイが、がっかりするかなって」

 

 

 

スレイ 「オレもそう思った」

 

 

 

ミクリオ 「セルゲイにとって、スレイとロゼは守りたい世界の象徴なのかもしれないな」

 

 

 

ザビーダ 「見てるのかねえ。

 

      自分がなくしちまった家族ってやつを」

 

 

 

ロゼ 「嘘ついちゃうけどさ、もうちょっと黙っておこうよ」

 

 

 

ライラ 「はい、良いと思いますわ」

 

 

 

ザビーダ 「いっそ本当にしちゃう気はないわけ?」

 

 

 

ロゼ 「あはは! それはないっしょー」

 

 

 

エドナ 「ほんと見事なコンビネーション」

 

 

 

ロゼ 「とにかく! やるべきことをやる! そしたらー」

 

 

 

スレイ 「笑って本当のことを話せる日がくるよな。 きっと」

 

 

('ω') それまで黙っておく、と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆スレイの実家へ

 

 

ロゼ 「スレイ、お爺ちゃんの家、見て行った方がいいんじゃない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') さっそくやってきましたスレイの家! ではなくお爺ちゃんの家!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 中に人がいる

 

 

天族モイモイ 「遺跡から溢れていた穢れが弱まったのを感じる。

 

        またあの女性に背負わせてしまったのか…。 自分の無力さが悔しいよ」

 

 

 

天族エド 「マオテラスと繋がったヤツを倒せるものなんてー。

 

      …いや、俺は絶望しないぜ。 スレイ。

 

      お前とミクリオとジイジー。 俺は、俺の家族を信じる」

 

 

 

天族メイル 「ミクリオもスレイも必ず帰ってきてね! 絶対、絶対、約束よ!」

 

 

 

('ω') 色々調べたらジイジの手紙が見つかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「スレイ、それって…」

 

 

 

スレイ 「”私、ゼンライは、人間スレイと天族ミクリオの出生の真実をここに書き残すものである”」

 

 

 

ミクリオ 「ジイジの手記か!」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「”スレイとミクリオは、災厄の時代が始まった村カムランの生き残りである。

 

     ミクリオの母は、先代導師ミケルの妹ミューズ。

 

     スレイの母は、カムランの住人セレン。

 

     私は、カムランを脱出してきたミューズから二人を託された。

 

     私は、領域によってイズチを閉じ、二人を外界と切り離して養育すると決めた。

 

     我が力が続く限り、この小さな赤子たちを守ろうと思う。 我が家族として”」

 

 

 

ロゼ 「メーヴィンおじさんが見せてくれた記憶」

 

 

 

ザビーダ 「ああ、マオ坊が憑魔化した直後の事だな」

 

 

 

エドナ 「ライラ、あなたがゼンライに会ったのも、この直後なんじゃない?」

 

 

 

ロゼ 「そっか。 ジイジからカムランの事件と、災厄の時代の始まりを知らされた」

 

 

 

ミクリオ 「それで誓約で浄化の力を手に入れ、導師の出現を待ち続けた…ってことか」

 

 

 

ライラ 「…お二人の名前までは伺いませんでしたが」

 

 

 

ミクリオ 「スレイ、他に書いてあることは?」

 

 

 

スレイ 「”願わば、時代の仇を背負わされてしまったこの子らに地平穏な日々を。

 

     だが、もしー」

 

 

 

ロゼ 「スレイ?」

 

 

 

スレイ 「”−だがもし、この子らが宿命を乗り越えて世界を拓くことを望むのなら”」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「”その過去と未来に、人と天族の加護があらんことを心より願う”」

 

 

 

ミクリオ 「本当にわかってたんだな、ジイジには」

 

 

 

スレイ 「ジイジ…」

 

 

天族シロン 「ジイジを頼む。 あの人も、お前たちが来るのを待っているはずだ」

 

 

 

天族ショーイ 「イズチのーいや、この世の平和は、ミューズさんが支えてくれたものだった。

 

        そのミューズさんが希望としたのが、ミクリオ、スレイ…お前たちだったんだよ」

 

 

 

天族ロロ 「始まりの村カムランが決戦の場になる…か。

 

      すべては縁なんだろうな」

 

 

 

天族メディア 「あの女性は、強い誓約を使ってカムランの穢れを封じていたの。

 

        誓約の内容はー最愛の我が子と別れ、その姿を二度と目にしないこと。

 

        …我が子を愛する母だけが使える力よ」

 

 

 

天族タチオ 「…行ってこい、スレイ、ミクリオ。

 

       答えは、もうお前たちの胸にあるんだろ?」

 

 

 

天族マアム 「…ごめんなさい、ミクリオ。

 

       ミューズさんのことを、ずっと黙っていて。

 

       真実を話せば苦しむだけだと思ったのよ。

 

       でも私たちが思ったより強く育っていたのね。 あなたも、スレイも」

 

 

 

天族ナッツ 「大変な時に泣き言ばかり言ってごめんなさい。

 

       でも、すごく嫌な予感がするの。 どうか気をつけて…」

 

 

 

天族ロアーナ 「スレイ、ミクリオ…やめてもいいのよ?

 

        私は、これ以上、あなたたちだけが苦しい思いをする必要なんてないと思う」

 

 

 

('ω') うーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ねこにん情報

 

 

加護天使ウーノ 「そういえば、”ねこにん”かはわからないが、私の領域内に不思議な

 

         ヤツがいるぞ?

 

         憑魔ではないのは確かだが、天族のようなそうでないような。

 

         何とも曖昧な気配だよ」

 

 

 

('ω') 行ってみるか

 

 

 

 

 

 

 

('ω') …ねこ、だよな

 

 

ねこ? 「高位天族様の身分を証明する物、もってるかニャ?」

 

 

('ω') なんかあったっけ…

 

 

ねこ? 「残念…もってないみたいニャ。

 

     またのお越しをお待ちするニャ」

 

 

('ω') ううむ…

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   サブクエストを淡々と 03:40

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字脱字します

 

  それでもご了承の方はお進みください

 

  レッツ・ファンタジー

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「アイゼンのお墓参りに行こうと思うんだ」

 

 

 

ロゼ 「あたしは良いと思うよ、そういうの。 お墓は誰かがお参りするためにあるんだから」

 

 

(-_-) というわけで、お墓参り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…お土産よ、お兄ちゃん」

 

 

 

 

ロゼ 「アイゼンがいつもお土産くれたのも、こういう気持ちだったのかもね。

 

     一緒に行かなくても、お土産で思い出を繋げられるもんね」

 

 

 

エドナ 「へえ。 旅烏のあなたらしい台詞ね」

 

 

 

ミクリオ 「エドナも気持ちは同じだろ?」

 

 

 

エドナ 「違うわ。 教えないけど」

 

 

 

ロゼ 「あはは、かなりエドナっぽい台詞なんだけど」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…」

 

 

 

ロゼ 「お兄さんって言っても別の人なんだし、同じ気持ちじゃなくても良いんじゃない?」

 

 

 

エドナ 「!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「透視能力?」

 

 

 

ロゼ 「ないない」

 

 

 

ライラ 「ふふ」

 

 

 

エドナ 「そうね…お兄ちゃんと同じものを見てるのかなんて、どうでもいいことだったわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「そういう事ではありませんわ」

 

 

 

ロゼ 「そうだよ。 お兄さんと違ったこと感じてても悩まなくていいよって意味」

 

 

 

スレイ 「だな。 エドナの旅はエドナのものなんだから」

 

 

 

エドナ 「…面倒な子たちね。

 

     心配いらない。

 

     良いことばかりじゃないけど旅は楽しい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「エドナが気持ちを素直に!」

 

 

 

ザビーダ 「赤飯だ! 人間がそうするらしいぜ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「いやまて、落ち着け、これは罠だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…って、お兄ちゃんは思ったのかなって話。

 

     さ、行きましょ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「行ってくるね。 お兄ちゃん」

 

 

('ω') きっといい兄ちゃんだったんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 次はどこ行くかな

 

 

スレイ 「セルゲイならうまく和平をまとめてくれるよな」

 

 

 

ロゼ 「ま、大丈夫でしょ。 セルゲイだし!

 

    …気になるならハッパかけに行ってもいいけど」

 

 

('ω') かけにいこうぜ、ハッパ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') というわけで、セルゲイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「セルゲイ。 ハイランドとの交渉はどうなった?」

 

 

 

セルゲイ 「皇帝陛下とハイランド王は和平に同意された。 だが、実務交渉が難航している」

 

 

 

スレイ 「一番偉い人が許可したのに?」

 

 

 

ロゼ 「それは形式だよ。 実務では保守派は面子に賭けて条件を譲らないし」

 

 

 

セルゲイ 「推進派も、これを機に利権を得ようとしている輩がほとんどだ。

 

      味方の中に敵がいて敵の中に味方がいる。 混沌極まりない状況だ」 

 

 

 

スレイ 「はあ…。 聞いてるだけで疲れる」

 

 

 

ロゼ 「大変だねえ、セルゲイも」

 

 

 

セルゲイ 「なんの。 スレイや奥方の苦労に比べれば」

 

 

 

ロゼ 「えっと、その奥方っていうの実は…」

 

 

 

セルゲイ 「奥方。 困難な道を共に進む人がいるということは幸せなことだ。

 

      前ばかり見ている男は、なかなかその幸福に気づけないものだが、どうか見守って

 

      やってもらいたい」

 

 

 

ロゼ 「わかった。 任せて!」

 

 

 

セルゲイ 「はは、許されよ。 自分が言うまでもないことだったな。

 

      おっと、次の議会の時間だ。 失礼する」

 

 

 

('ω') セルゲイ…

 

 

 

セルゲイ 「心配無用。 自分は折れない。 ここまでの道を築いてくれた者たちのためにも」

 

 

☆颯爽と歩いていくセルゲイ

 

 

 

スレイ 「和平は心配ないよな。 アリーシャにまかせて」

 

 

 

ロゼ 「多分。 スレイが励ましてあげたら、より心配なくなると思うけどね。

 

    屋敷に行けば、会えるんじゃない?」

 

 

('ω') 行ってみようか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 着いたー城下町

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ん? 何かあったようだな

 

 

 

民 「なんでも子供が死んでるのが見つかったんだって」

 

 

 

民 「スリの小僧だ。 真面目に働く気になったと思ってたのに」

 

 

 

民 「たちの悪いごろつきの懐を狙ってしくじったらしい」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

民 「子どもだからって容赦しなかったんだねえ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民 「自分のやった事のヤバさがわかってなかったんだね」

 

 

 

民 「あの子にゃ仲間のガキもいたが…。 同じように殺されちまってるかもなあ」

 

 

 

民 「…だろうな。 どうせ家無し子だってなもんだ」

 

 

 

民 「ごろつきなんてヤツはメンツを気にするもんな。 なめたヤツは徹底的にやっちまう…」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

ロゼ 「…行こ、スレイ」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

ライラ 「気に病まないで…スレイさんは導師として正しい選択をしましたわ」

 

 

 

スレイ 「…ありがとう、ライラ。 けど…」

 

 

 

ロゼ 「…やりきれないね」

 

 

('ω') ほんとだな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 気を取り直して

 

 

スレイ 「ねこにんの里の情報か…」

 

 

 

ロゼ 「 ”ネコ” がキーワードなのは確かだね。 その辺のネコにもきいてみよっか!

 

    な〜んて! もちろん冗談だけどさ」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') このネコ様に聞いてみるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ここかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') なんかいたよな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あ、いたいた

 

 

 

ムルジム 「あら、私はネコ天族よ。 残念ながら ”ねこにん” じゃないわ。

 

      ねこにんの里だったら、雷を自由に操ったっていう高位天族が常連だって噂よ」

 

 

('ω') …誰だ…? あーだめだ…わからん…アリーシャに会いに行こう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆貴族街へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ちょ! みんな、そんなことしたらー」

 

 

 

ロゼ 「こらー! ネコいじめんな!」

 

 

 

☆逃げていく子供たち

 

 

 

ミクリオ? 「まったく! ネコ憑魔に仕返しされるぞ」

 

 

☆スクッ(ねこが立った)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') …え?

 

 

 

ネコ 「ありがとうございますニャ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「うわあ! ネコ憑魔!?」

 

 

 

ねこにん 「憑魔じゃないニャ。 ねこにんニャ」

 

 

('ω') まじかよ…こんなとこにいたのかよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「…人なの? ネコなの?」

 

 

 

エドナ 「どっちでもいいわ」

 

 

 

ロゼ 「可愛ければってこと?」

 

 

 

ねこにん 「助けてくれたお礼にねこにんの里にご招待しますニャ」

 

 

 

ザビーダ 「おお?!」

 

 

 

ミクリオ 「こんなことで…ここまでいろいろ話を追ってきたというのに…」

 

 

 

ライラ 「幸運でしたわね♪」

 

 

 

スレイ 「だな! じゃあ頼むよ」

 

 

 

ねこにん 「残念ながらねこにんの里は一見さんお断りニャ」

 

 

 

ミクリオ 「自分で誘ったんだろう」

 

 

 

ねこにん 「ご指摘はもっともニャ。

 

      けど世知辛い世の中ニャ。 高級化か格安路線か選ばないと、やっていけないのニャ」

 

 

 

ザビーダ 「どこの世界もネコはお高いってか」

 

 

 

ロゼ 「商売人としては難しい選択だよね」

 

 

 

ミクリオ 「商売なのか? ねこにんの里って」

 

 

 

ロゼ 「けど、商売なら縁も大事だよね!」

 

 

 

ねこにん 「その通りにゃ、お嬢にゃん! じゃあ、わかるニャ?」

 

 

 

ロゼ 「当然! アレだね!」

 

 

 

ねこにん 「それニャ!」

 

 

 

ミクリオ 「もう…ついていけない…」

 

 

 

スレイ 「はは…」

 

 

 

ねこにん 「ねこにんの里の常連高位天族の身内だって証明してくれればいいニャ」

 

 

 

ロゼ 「だって、スレイ?」

 

 

 

スレイ 「高位天族の身分を証明するものかぁ…」

 

 

('ω') うーん、誰かいたっけ…

 

 

 

スレイ 「高位天族の身分を証明する物って…?」

 

 

 

ロゼ 「ねえ、ひょっとして、ジイジって高位天族なんじゃない?

 

    なにか由来の品物持ってないの?」

 

 

('ω') !キセル!

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') もっかい行ってみる

 

 

 

ねこにん 「高位天族様の身分を証明する物、持ってるかニャ?」

 

 

('ω') ドキドキ

 

 

ねこにん 「残念…もってなかったみたいニャ。 またの起こしをお待ちするニャ」

 

 

('ω') なん…だと…どういうことだ…金にしてないはずだ…

 

   もう少し後ってことかな? 後回しにする! アリーシャに会いに行く!

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   決戦! 02:31

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ディスカバリー「カノヌシの紋章」を発見しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「未知の紋章」

 

 

 

 

 

ミクリオ 「マオテラスの紋章か」

 

 

 

スレイ 「いや…ちょっと違くないか? これ…」

 

 

 

ライラ 「これはカノヌシ様の紋章ですわ」

 

 

 

ロゼ 「カノヌシ…? どんな天族?」

 

 

 

ミクリオ 「かなり古い伝承だけに出てくる謎の天族だな」

 

 

 

ザビーダ 「一応五大神だ。 マオテラスの前のな」

 

 

 

スレイ 「マオテラスの先代!? 五大神って入れ替わるものなのか?」

 

 

 

エドナ 「流行り廃りはなんにだってあるわ。

 

     現に、今はマオテラス信仰だけが盛んじゃない。 他の四神をおしのけて」

 

 

 

スレイ 「そういうもの…かもな」

 

 

 

ミクリオ 「つまり、ここはカノヌシの神殿だったのか」

 

 

 

スレイ 「かもしれないな…。 行こう」

 

 

 

ミクリオ 「ああ」

 

 

☆二人が先に行く

 

 

ロゼ 「…スイッチ、無理矢理切っちゃったね」

 

 

 

エドナ 「ライラ、あの二人のー」

 

 

 

ザビーダ 「…」

 

 

 

ロゼ 「あれ?」

 

 

☆ライラとザビーダが何か話してる?

 

 

ロゼ 「あ、うん。 いくよ、二人とも」

 

 

 

ザビーダ 「ああ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') でかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') これもでかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') でかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「嫌な予感がぬぐえません…」

 

 

 

ザビーダ 「言ったろ? 楽に行こうぜ。 考えたってしょうがねえ」

 

 

 

ライラ 「ええ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') いよいよか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ザビーダ、決着付けなきゃいけない相手だっていってたよな」

 

 

 

ザビーダ 「ああ。 何だかんだで、殺らずに済みそうだ」

 

 

 

ライラ 「スレイさんとの出会いで、新たなる可能性が生まれたのですわね」

 

 

 

ザビーダ 「そうそ! まさに運命の出会いってな! 野郎なのが唯一の問題だ」

 

 

 

エドナ 「バカなの?」

 

 

 

ミクリオ 「まったくだ。 五大神の一人を殺す…いや、殺せるつもりだったなんて」

 

 

 

ザビーダ 「やってみねえと結果はわからんだろうが、よ」

 

 

 

ロゼ 「ザビーダ、、答えを最初から持ってて、まったくブレなしなんだ。 意外とすごいやつ?」

 

 

 

ザビーダ 「お。 ロゼちゃん、俺と契約して器になってみる?」

 

 

 

エドナ 「調子乗りすぎ」

 

 

('ω') ちょっと平和会話

 

 

 

スレイ 「ザビーダ、ありがとう」

 

 

 

ザビーダ 「あん?」

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「オレ達の出会いが救う方法を生んだってのがすんげーうれしくてさ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「ったく、この甘ちゃん導師め。 甘ったるすぎだぜ。

 

      こっからが正念場だろ?」

 

 

('ω') いくか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ロゼ、いよいよ決戦だ」

 

 

 

ロゼ 「そうだけど、気負い過ぎはノーサンキュー! 忘れんなよ? あたしもスレイも今まで通り、でしょ!」

 

 

('ω') 素敵だロゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「穢れの中心にて」

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「っとに何ここ!」

 

 

 

スレイ 「すごいところだよ」

 

 

 

ミクリオ 「何もかもが非常識すぎる」

 

 

 

ライラ 「膨大すぎる穢れが、こんな異常な光景を生んでいるんでしょう」

 

 

 

ザビーダ 「この世ならざる景色ってところか」

 

 

 

ロゼ 「こんな感じなんだ。 あの世って?」

 

 

 

エドナ 「あの世を見た事ある人がそう言ってるしね」

 

 

 

ザビーダ 「見たらちゃんと教えてやるって、嬢ちゃんたち。 それもすぐかもしれねぇぜ?」

 

 

 

ライラ 「ふふふ、大丈夫ですわね。 冗談が云えるのなら」

 

 

 

ロゼ 「ホント、いつもの調子だね」

 

 

 

エドナ 「あなた達も人のこと言えないと思うわ」

 

 

 

ザビーダ 「どうよ? こういうの?」

 

 

 

ミクリオ 「頼もしい限りだ」

 

 

 

スレイ 「ああ。 本当に」

 

 

('ω') がんばるぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「おやつの王様」

 

 

 

 

 

エドナ 「マロングラッセの芳醇な香りと上品な甘み。 大地の恵みが詰まった、おやつの最高傑作だわ」

 

 

 

ライラ 「ええ。 優雅な午後のひと時に頂きたい、ぜいたくな一粒ですわね」

 

 

('ω') なぜこの状況でおやつの話が…

 

 

 

ザビーダ 「そうそう、その高級感が女子を喜ばせるんだよねぇ」

 

 

 

ライラ 「女性の心が良くお分かりですのね」

 

 

 

ザビーダ 「はっはっは。 お菓子は女性の心を溶かす大事なアイテムだからな」

 

 

 

エドナ 「…マロングラッセはね、手間と時間をかけて香り高く仕上げるお菓子なの」

 

 

 

ライラ 「古の大王が最愛の王妃に送ったとも言われるロマンあふれるものでもありますわ!」

 

 

 

ザビーダ 「そうそう、ロマンとマロンも掛かって、ベスト口説きスイーツなんだよ」

 

 

 

エドナ 「うまいこと、何一つ言えてないし、口説きアイテムに使うなんて1000年早いから」

 

 

('ω') マロングラッセは確かにうまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 階段上がってもまだある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「スレイさん、あなたの後ろには私たちが居ますわ。 それを忘れないで」

 

 

 

エドナ 「そういうことらしいわ」

 

 

 

ザビーダ 「そういうことらしいぜ」

 

 

 

ロゼ 「思いっきりやっちゃって!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ありがとう。 みんな」

 

 

 

ミクリオ 「決着をつけよう。 すべてに」

 

 

☆スレイとミクリオは先に歩き始める

 

 

エドナ 「…二人ともカムランに入ってから一度もおじいちゃんの話しなかったわね」

 

 

 

ライラ 「ええ…ゼンライ様に危害を加えるのは無意味だとかの者へ示しているのでは」

 

 

 

ザビーダ 「ビビってるように見えたぜ。 俺はよ。 あれじゃ自分らの弱点を認めてるようなもんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「行こう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ヘルダルフ! 決着の時だ!」

 

 

 

ヘルダルフ 「…苦しみとともに生きねばならぬ世界…すべての者はこれからの解放を望んでいるのは明白。

 

       何故それに抗う? 導師よ」

 

 

 

スレイ 「…確かにお前の目指す世界では苦しみから逃れられるかもしれない。

 

     けど、やっぱ違うと思う」

 

 

 

ミクリオ 「僕らは苦しみから目をそむけたくない」

 

 

 

ライラ 「辛いことがあるから楽しいことを実感できるのですわ」

 

 

 

ロゼ 「だね。 あたしらは生きてるって感じたいんだ」

 

 

 

ヘルダルフ 「苦しみに抗うことでのみ得られる安寧…

 

       そんなものを世界が享没するはずもあるまい」

 

 

 

エドナ 「別に逃げるのが悪いってワケじゃないわ」

 

 

 

ザビーダ 「俺らがそうしねぇってだけさ」

 

 

 

ヘルダルフ 「…ワシは自然の摂理を語っているのだ」

 

 

 

スレイ 「摂理に従うのが生きることだって言うのか」

 

 

 

ヘルダルフ 「無論の事よ」

 

 

 

スレイ 「違う! それは死んでないだけだ。

 

     それがどれほど苦しいことか、お前は知ってるはずだ!」

 

 

 

ヘルダルフ 「最期にもう一度問おう、導師スレイ。

 

       ワシに降れ」

 

 

 

スレイ 「断る!」

 

 

 

ヘルダルフ 「…災禍の顕主と導師…やはり世の黒白ということか。

 

       だがワシは白とは変じぬ!」

 

 

 

スレイ 「オレも黒にはならない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

スレイ 「いくぞ! みんな!」

 

 

 

ミクリオ 「まずはマオテラスの力を引き出させるんだ!」

 

 

 

ライラ 「そうしなければ繋がりを見いだせません!」

 

 

 

ロゼ 「了解!」

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うおおお!」

 

 

☆手のひらを見て動きが止まる

 

 

スレイ 「な…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「親だけは捨てられぬか。 いかに成長しようとそれが貴様の限界よ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ジイジ…」

 

 

☆ヘルダルフのその掌には…ジイジの顔が…

 

 

 

ミクリオ 「なんだって!」

 

 

 

ヘルダルフ 「黒にならぬと言ったな。 今お前に湧き出ている感情はどうだ?」

 

 

 

ザビーダ 「取り込みやがったのか…!」

 

 

 

ロゼ 「スレイ、下がりなー」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うわぁぁ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') スレイー!

 

 

 

ミクリオ 「ライラ! 浄化すればジイジは助かるんだろう?」

 

 

☆ライラからは返事がない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジイジ 「オオオオ…」

 

 

 

ヘルダルフ 「愛する子を傷付ける苦悩…伝わるか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ヘルダルフ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「さあ、救ってやるがよい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

ジイジ 「ううう…」

 

 

スレイ 「ジイジ!」

 

 

ミクリオ 「ジイジ!」

 

 

ライラ 「なんと愚劣な…!」

 

 

 

ロゼ 「とにかく一度ぶっ飛ばす! 話はそれから!」

 

 

 

エドナ 「それがよさそうね」

 

 

 

ザビーダ 「ああ。 手をこまねいてたらやられちまう!」

 

 

 

ミクリオ 「貴様は苦しむ辛さを知ってるんだろう! なぜ躊躇なくそれを他人に押しつけられる!」

 

 

 

ヘルダルフ 「こうさせたのはワシではない」

 

 

('ω') まわりのせいか、ゴラァ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') いけ! ロゼ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「待て! ロゼ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「…わかってとは云わない。 あたしを憎んでもいい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「今だけはあたしに任せて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ロゼ…」

 

 

 

ミクリオ 「頼む…きっと何か…何か方法がある…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「自らの家族だけは失いたくない…たいした覚悟だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「ふざけんな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おじいちゃんもミューズって人もホントだったら犠牲になる必要なんてない…。

 

    全部あんたのせいでしょ!」

 

 

 

ヘルダルフ 「そう、自ら愚かな選択をして堕ちたわけじゃないのに…それでどうするというのだ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「あたしが何とかする!

 

    そう決めたんだから!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「はぅ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「従士の出る幕ではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「スレイ…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「これは…これだけは…オレがやらなきゃいけない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ありがとう、ロゼ。 本当に」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「スレイさん…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「スレイ…」

 

 

 

スレイ 「下がってて、みんな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「君一人に背負わせない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「ふん…貴様らは誰も救えん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ&ミクリオ 「”ルズローシヴ=レレイ!”」

 

 

('ω') あってるか不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジイジ 「自由に、自らの思う道を生きよ。 お前の人生を精一杯」

 

 

 

スレイ 「ジイジ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「この痛み…忘れない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うおおぉぉぉ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジイジ 「よくやった。 スレイ、ミクリオ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ&ミクリオ 「うあああああああ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「自らの手を汚し…涙してまで抗うのか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「…よかろう。 真の孤独をくれてやる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「マオテラス!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') いやいやいやでかいって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

('ω') たぶんラスボス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全滅…まじか…レベルが足りんかったか…?

 

 

ちょいとレベル上げの旅に出ることにします。

 

 

しばし待て!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
| 1/26 | >>