八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   サブクエストを淡々と 03:40

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから

 

  ネタバレです

 

  たまに誤字脱字します

 

  それでもご了承の方はお進みください

 

  レッツ・ファンタジー

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「アイゼンのお墓参りに行こうと思うんだ」

 

 

 

ロゼ 「あたしは良いと思うよ、そういうの。 お墓は誰かがお参りするためにあるんだから」

 

 

(-_-) というわけで、お墓参り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…お土産よ、お兄ちゃん」

 

 

 

 

ロゼ 「アイゼンがいつもお土産くれたのも、こういう気持ちだったのかもね。

 

     一緒に行かなくても、お土産で思い出を繋げられるもんね」

 

 

 

エドナ 「へえ。 旅烏のあなたらしい台詞ね」

 

 

 

ミクリオ 「エドナも気持ちは同じだろ?」

 

 

 

エドナ 「違うわ。 教えないけど」

 

 

 

ロゼ 「あはは、かなりエドナっぽい台詞なんだけど」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…」

 

 

 

ロゼ 「お兄さんって言っても別の人なんだし、同じ気持ちじゃなくても良いんじゃない?」

 

 

 

エドナ 「!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「透視能力?」

 

 

 

ロゼ 「ないない」

 

 

 

ライラ 「ふふ」

 

 

 

エドナ 「そうね…お兄ちゃんと同じものを見てるのかなんて、どうでもいいことだったわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「そういう事ではありませんわ」

 

 

 

ロゼ 「そうだよ。 お兄さんと違ったこと感じてても悩まなくていいよって意味」

 

 

 

スレイ 「だな。 エドナの旅はエドナのものなんだから」

 

 

 

エドナ 「…面倒な子たちね。

 

     心配いらない。

 

     良いことばかりじゃないけど旅は楽しい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「エドナが気持ちを素直に!」

 

 

 

ザビーダ 「赤飯だ! 人間がそうするらしいぜ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「いやまて、落ち着け、これは罠だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…って、お兄ちゃんは思ったのかなって話。

 

     さ、行きましょ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「行ってくるね。 お兄ちゃん」

 

 

('ω') きっといい兄ちゃんだったんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 次はどこ行くかな

 

 

スレイ 「セルゲイならうまく和平をまとめてくれるよな」

 

 

 

ロゼ 「ま、大丈夫でしょ。 セルゲイだし!

 

    …気になるならハッパかけに行ってもいいけど」

 

 

('ω') かけにいこうぜ、ハッパ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') というわけで、セルゲイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「セルゲイ。 ハイランドとの交渉はどうなった?」

 

 

 

セルゲイ 「皇帝陛下とハイランド王は和平に同意された。 だが、実務交渉が難航している」

 

 

 

スレイ 「一番偉い人が許可したのに?」

 

 

 

ロゼ 「それは形式だよ。 実務では保守派は面子に賭けて条件を譲らないし」

 

 

 

セルゲイ 「推進派も、これを機に利権を得ようとしている輩がほとんどだ。

 

      味方の中に敵がいて敵の中に味方がいる。 混沌極まりない状況だ」 

 

 

 

スレイ 「はあ…。 聞いてるだけで疲れる」

 

 

 

ロゼ 「大変だねえ、セルゲイも」

 

 

 

セルゲイ 「なんの。 スレイや奥方の苦労に比べれば」

 

 

 

ロゼ 「えっと、その奥方っていうの実は…」

 

 

 

セルゲイ 「奥方。 困難な道を共に進む人がいるということは幸せなことだ。

 

      前ばかり見ている男は、なかなかその幸福に気づけないものだが、どうか見守って

 

      やってもらいたい」

 

 

 

ロゼ 「わかった。 任せて!」

 

 

 

セルゲイ 「はは、許されよ。 自分が言うまでもないことだったな。

 

      おっと、次の議会の時間だ。 失礼する」

 

 

 

('ω') セルゲイ…

 

 

 

セルゲイ 「心配無用。 自分は折れない。 ここまでの道を築いてくれた者たちのためにも」

 

 

☆颯爽と歩いていくセルゲイ

 

 

 

スレイ 「和平は心配ないよな。 アリーシャにまかせて」

 

 

 

ロゼ 「多分。 スレイが励ましてあげたら、より心配なくなると思うけどね。

 

    屋敷に行けば、会えるんじゃない?」

 

 

('ω') 行ってみようか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 着いたー城下町

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ん? 何かあったようだな

 

 

 

民 「なんでも子供が死んでるのが見つかったんだって」

 

 

 

民 「スリの小僧だ。 真面目に働く気になったと思ってたのに」

 

 

 

民 「たちの悪いごろつきの懐を狙ってしくじったらしい」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

民 「子どもだからって容赦しなかったんだねえ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民 「自分のやった事のヤバさがわかってなかったんだね」

 

 

 

民 「あの子にゃ仲間のガキもいたが…。 同じように殺されちまってるかもなあ」

 

 

 

民 「…だろうな。 どうせ家無し子だってなもんだ」

 

 

 

民 「ごろつきなんてヤツはメンツを気にするもんな。 なめたヤツは徹底的にやっちまう…」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

ロゼ 「…行こ、スレイ」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

ライラ 「気に病まないで…スレイさんは導師として正しい選択をしましたわ」

 

 

 

スレイ 「…ありがとう、ライラ。 けど…」

 

 

 

ロゼ 「…やりきれないね」

 

 

('ω') ほんとだな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 気を取り直して

 

 

スレイ 「ねこにんの里の情報か…」

 

 

 

ロゼ 「 ”ネコ” がキーワードなのは確かだね。 その辺のネコにもきいてみよっか!

 

    な〜んて! もちろん冗談だけどさ」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') このネコ様に聞いてみるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ここかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') なんかいたよな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あ、いたいた

 

 

 

ムルジム 「あら、私はネコ天族よ。 残念ながら ”ねこにん” じゃないわ。

 

      ねこにんの里だったら、雷を自由に操ったっていう高位天族が常連だって噂よ」

 

 

('ω') …誰だ…? あーだめだ…わからん…アリーシャに会いに行こう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆貴族街へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ちょ! みんな、そんなことしたらー」

 

 

 

ロゼ 「こらー! ネコいじめんな!」

 

 

 

☆逃げていく子供たち

 

 

 

ミクリオ? 「まったく! ネコ憑魔に仕返しされるぞ」

 

 

☆スクッ(ねこが立った)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') …え?

 

 

 

ネコ 「ありがとうございますニャ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「うわあ! ネコ憑魔!?」

 

 

 

ねこにん 「憑魔じゃないニャ。 ねこにんニャ」

 

 

('ω') まじかよ…こんなとこにいたのかよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「…人なの? ネコなの?」

 

 

 

エドナ 「どっちでもいいわ」

 

 

 

ロゼ 「可愛ければってこと?」

 

 

 

ねこにん 「助けてくれたお礼にねこにんの里にご招待しますニャ」

 

 

 

ザビーダ 「おお?!」

 

 

 

ミクリオ 「こんなことで…ここまでいろいろ話を追ってきたというのに…」

 

 

 

ライラ 「幸運でしたわね♪」

 

 

 

スレイ 「だな! じゃあ頼むよ」

 

 

 

ねこにん 「残念ながらねこにんの里は一見さんお断りニャ」

 

 

 

ミクリオ 「自分で誘ったんだろう」

 

 

 

ねこにん 「ご指摘はもっともニャ。

 

      けど世知辛い世の中ニャ。 高級化か格安路線か選ばないと、やっていけないのニャ」

 

 

 

ザビーダ 「どこの世界もネコはお高いってか」

 

 

 

ロゼ 「商売人としては難しい選択だよね」

 

 

 

ミクリオ 「商売なのか? ねこにんの里って」

 

 

 

ロゼ 「けど、商売なら縁も大事だよね!」

 

 

 

ねこにん 「その通りにゃ、お嬢にゃん! じゃあ、わかるニャ?」

 

 

 

ロゼ 「当然! アレだね!」

 

 

 

ねこにん 「それニャ!」

 

 

 

ミクリオ 「もう…ついていけない…」

 

 

 

スレイ 「はは…」

 

 

 

ねこにん 「ねこにんの里の常連高位天族の身内だって証明してくれればいいニャ」

 

 

 

ロゼ 「だって、スレイ?」

 

 

 

スレイ 「高位天族の身分を証明するものかぁ…」

 

 

('ω') うーん、誰かいたっけ…

 

 

 

スレイ 「高位天族の身分を証明する物って…?」

 

 

 

ロゼ 「ねえ、ひょっとして、ジイジって高位天族なんじゃない?

 

    なにか由来の品物持ってないの?」

 

 

('ω') !キセル!

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') もっかい行ってみる

 

 

 

ねこにん 「高位天族様の身分を証明する物、持ってるかニャ?」

 

 

('ω') ドキドキ

 

 

ねこにん 「残念…もってなかったみたいニャ。 またの起こしをお待ちするニャ」

 

 

('ω') なん…だと…どういうことだ…金にしてないはずだ…

 

   もう少し後ってことかな? 後回しにする! アリーシャに会いに行く!

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   決戦! 02:31

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ディスカバリー「カノヌシの紋章」を発見しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「未知の紋章」

 

 

 

 

 

ミクリオ 「マオテラスの紋章か」

 

 

 

スレイ 「いや…ちょっと違くないか? これ…」

 

 

 

ライラ 「これはカノヌシ様の紋章ですわ」

 

 

 

ロゼ 「カノヌシ…? どんな天族?」

 

 

 

ミクリオ 「かなり古い伝承だけに出てくる謎の天族だな」

 

 

 

ザビーダ 「一応五大神だ。 マオテラスの前のな」

 

 

 

スレイ 「マオテラスの先代!? 五大神って入れ替わるものなのか?」

 

 

 

エドナ 「流行り廃りはなんにだってあるわ。

 

     現に、今はマオテラス信仰だけが盛んじゃない。 他の四神をおしのけて」

 

 

 

スレイ 「そういうもの…かもな」

 

 

 

ミクリオ 「つまり、ここはカノヌシの神殿だったのか」

 

 

 

スレイ 「かもしれないな…。 行こう」

 

 

 

ミクリオ 「ああ」

 

 

☆二人が先に行く

 

 

ロゼ 「…スイッチ、無理矢理切っちゃったね」

 

 

 

エドナ 「ライラ、あの二人のー」

 

 

 

ザビーダ 「…」

 

 

 

ロゼ 「あれ?」

 

 

☆ライラとザビーダが何か話してる?

 

 

ロゼ 「あ、うん。 いくよ、二人とも」

 

 

 

ザビーダ 「ああ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') でかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') これもでかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') でかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「嫌な予感がぬぐえません…」

 

 

 

ザビーダ 「言ったろ? 楽に行こうぜ。 考えたってしょうがねえ」

 

 

 

ライラ 「ええ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') いよいよか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ザビーダ、決着付けなきゃいけない相手だっていってたよな」

 

 

 

ザビーダ 「ああ。 何だかんだで、殺らずに済みそうだ」

 

 

 

ライラ 「スレイさんとの出会いで、新たなる可能性が生まれたのですわね」

 

 

 

ザビーダ 「そうそ! まさに運命の出会いってな! 野郎なのが唯一の問題だ」

 

 

 

エドナ 「バカなの?」

 

 

 

ミクリオ 「まったくだ。 五大神の一人を殺す…いや、殺せるつもりだったなんて」

 

 

 

ザビーダ 「やってみねえと結果はわからんだろうが、よ」

 

 

 

ロゼ 「ザビーダ、、答えを最初から持ってて、まったくブレなしなんだ。 意外とすごいやつ?」

 

 

 

ザビーダ 「お。 ロゼちゃん、俺と契約して器になってみる?」

 

 

 

エドナ 「調子乗りすぎ」

 

 

('ω') ちょっと平和会話

 

 

 

スレイ 「ザビーダ、ありがとう」

 

 

 

ザビーダ 「あん?」

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「オレ達の出会いが救う方法を生んだってのがすんげーうれしくてさ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「ったく、この甘ちゃん導師め。 甘ったるすぎだぜ。

 

      こっからが正念場だろ?」

 

 

('ω') いくか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ロゼ、いよいよ決戦だ」

 

 

 

ロゼ 「そうだけど、気負い過ぎはノーサンキュー! 忘れんなよ? あたしもスレイも今まで通り、でしょ!」

 

 

('ω') 素敵だロゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「穢れの中心にて」

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「っとに何ここ!」

 

 

 

スレイ 「すごいところだよ」

 

 

 

ミクリオ 「何もかもが非常識すぎる」

 

 

 

ライラ 「膨大すぎる穢れが、こんな異常な光景を生んでいるんでしょう」

 

 

 

ザビーダ 「この世ならざる景色ってところか」

 

 

 

ロゼ 「こんな感じなんだ。 あの世って?」

 

 

 

エドナ 「あの世を見た事ある人がそう言ってるしね」

 

 

 

ザビーダ 「見たらちゃんと教えてやるって、嬢ちゃんたち。 それもすぐかもしれねぇぜ?」

 

 

 

ライラ 「ふふふ、大丈夫ですわね。 冗談が云えるのなら」

 

 

 

ロゼ 「ホント、いつもの調子だね」

 

 

 

エドナ 「あなた達も人のこと言えないと思うわ」

 

 

 

ザビーダ 「どうよ? こういうの?」

 

 

 

ミクリオ 「頼もしい限りだ」

 

 

 

スレイ 「ああ。 本当に」

 

 

('ω') がんばるぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「おやつの王様」

 

 

 

 

 

エドナ 「マロングラッセの芳醇な香りと上品な甘み。 大地の恵みが詰まった、おやつの最高傑作だわ」

 

 

 

ライラ 「ええ。 優雅な午後のひと時に頂きたい、ぜいたくな一粒ですわね」

 

 

('ω') なぜこの状況でおやつの話が…

 

 

 

ザビーダ 「そうそう、その高級感が女子を喜ばせるんだよねぇ」

 

 

 

ライラ 「女性の心が良くお分かりですのね」

 

 

 

ザビーダ 「はっはっは。 お菓子は女性の心を溶かす大事なアイテムだからな」

 

 

 

エドナ 「…マロングラッセはね、手間と時間をかけて香り高く仕上げるお菓子なの」

 

 

 

ライラ 「古の大王が最愛の王妃に送ったとも言われるロマンあふれるものでもありますわ!」

 

 

 

ザビーダ 「そうそう、ロマンとマロンも掛かって、ベスト口説きスイーツなんだよ」

 

 

 

エドナ 「うまいこと、何一つ言えてないし、口説きアイテムに使うなんて1000年早いから」

 

 

('ω') マロングラッセは確かにうまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 階段上がってもまだある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「スレイさん、あなたの後ろには私たちが居ますわ。 それを忘れないで」

 

 

 

エドナ 「そういうことらしいわ」

 

 

 

ザビーダ 「そういうことらしいぜ」

 

 

 

ロゼ 「思いっきりやっちゃって!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ありがとう。 みんな」

 

 

 

ミクリオ 「決着をつけよう。 すべてに」

 

 

☆スレイとミクリオは先に歩き始める

 

 

エドナ 「…二人ともカムランに入ってから一度もおじいちゃんの話しなかったわね」

 

 

 

ライラ 「ええ…ゼンライ様に危害を加えるのは無意味だとかの者へ示しているのでは」

 

 

 

ザビーダ 「ビビってるように見えたぜ。 俺はよ。 あれじゃ自分らの弱点を認めてるようなもんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「行こう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ヘルダルフ! 決着の時だ!」

 

 

 

ヘルダルフ 「…苦しみとともに生きねばならぬ世界…すべての者はこれからの解放を望んでいるのは明白。

 

       何故それに抗う? 導師よ」

 

 

 

スレイ 「…確かにお前の目指す世界では苦しみから逃れられるかもしれない。

 

     けど、やっぱ違うと思う」

 

 

 

ミクリオ 「僕らは苦しみから目をそむけたくない」

 

 

 

ライラ 「辛いことがあるから楽しいことを実感できるのですわ」

 

 

 

ロゼ 「だね。 あたしらは生きてるって感じたいんだ」

 

 

 

ヘルダルフ 「苦しみに抗うことでのみ得られる安寧…

 

       そんなものを世界が享没するはずもあるまい」

 

 

 

エドナ 「別に逃げるのが悪いってワケじゃないわ」

 

 

 

ザビーダ 「俺らがそうしねぇってだけさ」

 

 

 

ヘルダルフ 「…ワシは自然の摂理を語っているのだ」

 

 

 

スレイ 「摂理に従うのが生きることだって言うのか」

 

 

 

ヘルダルフ 「無論の事よ」

 

 

 

スレイ 「違う! それは死んでないだけだ。

 

     それがどれほど苦しいことか、お前は知ってるはずだ!」

 

 

 

ヘルダルフ 「最期にもう一度問おう、導師スレイ。

 

       ワシに降れ」

 

 

 

スレイ 「断る!」

 

 

 

ヘルダルフ 「…災禍の顕主と導師…やはり世の黒白ということか。

 

       だがワシは白とは変じぬ!」

 

 

 

スレイ 「オレも黒にはならない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

スレイ 「いくぞ! みんな!」

 

 

 

ミクリオ 「まずはマオテラスの力を引き出させるんだ!」

 

 

 

ライラ 「そうしなければ繋がりを見いだせません!」

 

 

 

ロゼ 「了解!」

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うおおお!」

 

 

☆手のひらを見て動きが止まる

 

 

スレイ 「な…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「親だけは捨てられぬか。 いかに成長しようとそれが貴様の限界よ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ジイジ…」

 

 

☆ヘルダルフのその掌には…ジイジの顔が…

 

 

 

ミクリオ 「なんだって!」

 

 

 

ヘルダルフ 「黒にならぬと言ったな。 今お前に湧き出ている感情はどうだ?」

 

 

 

ザビーダ 「取り込みやがったのか…!」

 

 

 

ロゼ 「スレイ、下がりなー」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うわぁぁ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') スレイー!

 

 

 

ミクリオ 「ライラ! 浄化すればジイジは助かるんだろう?」

 

 

☆ライラからは返事がない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジイジ 「オオオオ…」

 

 

 

ヘルダルフ 「愛する子を傷付ける苦悩…伝わるか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ヘルダルフ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「さあ、救ってやるがよい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

ジイジ 「ううう…」

 

 

スレイ 「ジイジ!」

 

 

ミクリオ 「ジイジ!」

 

 

ライラ 「なんと愚劣な…!」

 

 

 

ロゼ 「とにかく一度ぶっ飛ばす! 話はそれから!」

 

 

 

エドナ 「それがよさそうね」

 

 

 

ザビーダ 「ああ。 手をこまねいてたらやられちまう!」

 

 

 

ミクリオ 「貴様は苦しむ辛さを知ってるんだろう! なぜ躊躇なくそれを他人に押しつけられる!」

 

 

 

ヘルダルフ 「こうさせたのはワシではない」

 

 

('ω') まわりのせいか、ゴラァ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') いけ! ロゼ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「待て! ロゼ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「…わかってとは云わない。 あたしを憎んでもいい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「今だけはあたしに任せて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ロゼ…」

 

 

 

ミクリオ 「頼む…きっと何か…何か方法がある…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「自らの家族だけは失いたくない…たいした覚悟だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「ふざけんな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おじいちゃんもミューズって人もホントだったら犠牲になる必要なんてない…。

 

    全部あんたのせいでしょ!」

 

 

 

ヘルダルフ 「そう、自ら愚かな選択をして堕ちたわけじゃないのに…それでどうするというのだ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「あたしが何とかする!

 

    そう決めたんだから!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「はぅ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「従士の出る幕ではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「スレイ…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「これは…これだけは…オレがやらなきゃいけない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ありがとう、ロゼ。 本当に」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「スレイさん…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「スレイ…」

 

 

 

スレイ 「下がってて、みんな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「君一人に背負わせない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「ふん…貴様らは誰も救えん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ&ミクリオ 「”ルズローシヴ=レレイ!”」

 

 

('ω') あってるか不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジイジ 「自由に、自らの思う道を生きよ。 お前の人生を精一杯」

 

 

 

スレイ 「ジイジ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「この痛み…忘れない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うおおぉぉぉ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジイジ 「よくやった。 スレイ、ミクリオ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ&ミクリオ 「うあああああああ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「自らの手を汚し…涙してまで抗うのか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「…よかろう。 真の孤独をくれてやる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルダルフ 「マオテラス!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') いやいやいやでかいって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

('ω') たぶんラスボス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全滅…まじか…レベルが足りんかったか…?

 

 

ちょいとレベル上げの旅に出ることにします。

 

 

しばし待て!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   サイモン、ばいばい 02:09

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「…ミクリオは強いな」

 

 

 

ロゼ 「…うん。 さすがはスレイのライバルだね」

 

 

('ω') そうして進んでいくと…

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「スレイ! 今の!」

 

 

('ω') …ここは…?

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「さあて…今度はどんな手でくる?」

 

 

('ω') どうやら幻覚のようだ

 

 

 

ライラ 「気を引き締めましょう」

 

 

 

スレイ 「幻術はなんでもありだ。 気をつけて」

 

 

 

ロゼ 「おう! …そう言うスレイは本物だよね?」

 

 

 

('ω') ここに出てくる敵は…数が多くないか!?

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

('ω') うじゃうじゃ…

 

 

ライラ 「ヒュドラには自己再生能力が備わっています!」

 

 

 

エドナ 「不死者とかと同じやつよ」

 

 

 

('ω') めんどい!

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') おう…

 

 

スレイ 「サイモンの幻術だ!」

 

 

 

ミクリオ 「時間が惜しい! 一気に突破しよう」

 

 

 

スレイ 「わかった!」

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あ、一気ってそういうことね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あれま。 向こうも同じ

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「わ〜! 何これ気持ち悪!」

 

 

 

スレイ 「サイモン! こんなことしても無駄だ!」

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆幻術から現実へ

 

 

 

スレイ 「ライラ、器なしで穢れの中にいるの結構つらいよね?」

 

 

 

ライラ 「え? ええ。 力も存分に振るえませんし…」

 

 

 

エドナ 「幻覚のタネも尽きてきたみたいね」

 

 

 

スレイ 「だな。 でも油断せずに進もう」

 

 

 

ミクリオ 「ああ。 冷静さを失わない事が重要だ」

 

 

 

 

('ω') ってまた幻術!

 

 

 

 

 

スレイ 「幻術…厄介な力だけど…」

 

 

 

ロゼ 「 ”やっかい” ってか、不愉かい! あとショーゾーケンのシンガイ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') おい…またかよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') バージョン変えてきやがった

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

敵ロゼ 「ホントはやりたくないんでしょ?」

 

 

 

敵スレイ 「その想いがこの姿を生みだしてるんだ」

 

 

 

スレイ 「もうそんな言葉で惑わされるはずないだろ。

 

     サイモン…焦ってるのか?」

 

 

 

敵スレイ 「…闇へと堕ちよ!」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

☆また現実へ

 

 

 

 

 

ロゼ 「けどサイモンがまた何かしかけてくるんじゃ…」

 

 

 

スレイ 「多分。 でも手の込んだことはしてこないと思う」

 

 

 

ザビーダ 「…そうかもしれないな。 見せる幻なんか芸がなくなってる」

 

 

 

ミクリオ 「スレイとロゼなら見たまま幻として紡げるけど他のは出来ないのかもしれない」

 

 

 

エドナ 「そうね。 どうせ幻を生みだすのならもっとエグイの出してもいいはずなのに」

 

 

 

ロゼ 「エグイって…」

 

 

 

ライラ 「とにかく進んでみましょう」

 

 

 

ザビーダ 「だな。 こうやって足を止めさせることがあいつの狙いかもしんねえぜ」

 

 

('ω') 行くか

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「よくやるわね。 性懲りもなく」

 

 

 

ライラ 「でも、術の効果が落ちている気がしますわ」

 

 

 

スレイ 「サイモン…まさか…」

 

 

('ω') 弱ってるかもな

 

 

 

スレイ 「もう大丈夫だ。 恐れずに進もう」

 

 

 

ロゼ 「さ、最初から怖がってないってば! 幻覚はオバケじゃないし」

 

 

('ω') お化けだめか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「え〜? 一本道だったのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「不思議ちゃんの幻ね」

 

 

 

ミクリオ 「これ以上時間を無駄にしないためにやはり幻を打破する必要があるか」

 

 

 

エドナ 「どうやって?」

 

 

 

ザビーダ 「幻とはいえ相手するのは楽じゃないぜ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「…もうすぐ幻術は解けると思う」

 

 

 

ロゼ 「え、なんで?」

 

 

 

スレイ 「サイモンは天族だから。

 

     こんな穢れた領域の中じゃ力を振るうのも難しいんじゃないか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「図星だったようだな」

 

 

 

サイモン 「…いくら幻で責め立ててもお前の心にはもうさざ波も立たぬのか…。

 

      ならば、別の手を使うまでのことよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「何? やけくそ?」

 

 

 

サイモン 「大人しく屈せ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

スレイ 「サイモン…お前…」

 

 

 

サイモン 「なんだ、その目は? 同情か?

 

      同情するならその身を闇と染めろ!

 

      最早その身が染まらぬのなら…このまま共に夢幻と踊り狂おうぞ!」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモン 「ふふ。 私を殺さねばこの舞台は終らない」

 

 

 

スレイ 「サイモン、もうやめよう…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆立ち上がろうとするサイモン

 

 

 

サイモン 「死を受け入れるか」

 

 

 

☆スレイ、無言

 

 その場を立ち去ろうとする

 

 

 

 

サイモン 「待て! 導師っ!」

 

 

☆杖を振りかぶろうとしたが、できずに倒れるサイモン

 

 

 

サイモン 「あっ」

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「それがあんたのホントの顔ってわけね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「行こう。 ジイジが心配だ」

 

 

 

スレイ 「あ、うん」

 

 

 

サイモン 「もはや手遅れ…すべて我が主の掌中よ…」

 

 

 

ロゼ 「あたしらが、はい、そうですかってあきらめると思う?」

 

 

 

サイモン 「…なぜ抗うのだ…抗えばそれだけ苦しむ…。

 

      なぜ苦しみから解放されありのまま生きるという我が主の目指す世界を否定する…

 

      …忘れたわけではあるまい。 その業ゆえに命を落とした風の天族の存在を。

 

      彼の選んだ復讐という答えは我が主の目指すあり方に他ならぬではないか。 お前たちは

 

      彼も否定しているのだぞ」

 

 

 

ロゼ 「…デゼルは確かに苦しんでた。 でもあいつは自分の決めた事をがんばってた」

 

 

 

サイモン 「そうだ苦しみから逃れるためにな」

 

 

 

ロゼ 「けどあいつはー」

 

 

 

サイモン 「業を抱えたものがそれに抗う事はすなわち自分自身を否定することに他ならない。

 

      抗い、否定した先に何があった? 空虚な死ではないか」

 

 

 

ライラ 「…サイモンさん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「抗うのをやめた先…そこに生の実感はあるのでしょうか?

 

     抗えば確かに苦しみを伴う事が多いですわ。 それでも顔を上げ、答えを信じて足を踏み出した時…

 

     そこに生の実感があると思いませんか?

 

     デゼルさんは確かに最初は苦しみから逃れようとしたのかもしれません。 ですが、全てを思い出した時、

 

     彼はあなたの言う自らの業を呪い、諦めましたか?」

 

 

 

スレイ 「…そうか」

 

 

 

ロゼ 「だからデゼルは最期に笑ってた…。 ううん、笑えたんだね、ライラ」

 

 

 

サイモン 「それが何だというのだ! 正しい解に至らねば空虚な自己満足ではないか!」

 

 

 

ザビーダ 「いいじゃねえの、自己満足で」

 

 

 

ミクリオ 「…結果は重要だが、かといってそれは経過が不要には繋がらない、か」

 

 

 

サイモン 「詭弁に過ぎん…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…いい加減気付いてくれる?

 

     急いでるのに何故ライラがわざわざこんな話してるのか」

 

 

 

スレイ 「…サイモン、前にオレに聞いたよな。

 

     ”存在するだけで不幸をもたらす業を持ったものは存在自体が悪なのか、死ぬべきなのか” って」

 

 

 

サイモン 「…どう答えるかなど聞くまでもない」

 

 

 

スレイ 「…でも言っとく。

 

     自分を悪だって決めつけなくていい。

 

     …違うな。 悪でもいいじゃないか」

 

 

 

サイモン 「なんだと…」

 

 

 

スレイ 「や、なんか違うな…えーっと」

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「上手く言おうとするな」

 

 

 

スレイ 「どんなヤツだって居てもいいし、みんな幸せになる方法、きっと見つけるよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「だからー」

 

 

 

サイモン 「貴様は自分の残酷さがわかっておらん…。 貴様は今まさに私の幸せを奪っているのだ…。

 

      もはや我が主の御為に働けぬ私に存在理由などない…」

 

 

 

ロゼ 「っとにもーこいつ! あたしもも一発ぶっとくか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモン 「…」

 

 

 

ミクリオ 「もう行こう。 スレイ」

 

 

 

スレイ 「…ああ」

 

 

 

サイモン 「うっ…わぁぁぁ〜! あぁぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモン 「うぅ…わぁぁぁ〜! あぁぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「伝わったかな。 オレ達の言いたいこと」

 

 

 

ライラ 「わかりません…。 ですが、耳は傾けていましたわ」

 

 

 

スレイ 「サイモンは…」

 

 

 

ロゼ 「おっと、女の涙に惑わされんなよ。 幻覚以上の怖い力なんだからね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「…ここがカムランか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「初めて来るのに知ってる場所なんてなんかへんなかんじ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「…なんだか時が止まってるみたいだ」

 

 

 

エドナ 「実際そうなのかも。 マオ坊のあのバカみたいな力を考えればね」

 

 

 

ライラ 「…ここで亡くなったのですね」

 

 

 

スレイ 「ライラ。 大丈夫か?」

 

 

 

ライラ 「ありがとう、スレイさん。 もちろん大丈夫ですわ」

 

 

 

ザビーダ 「神殿まではまだ結構ある。 楽に行こうぜ」

 

 

('ω') 遠いな…

 

 

 

スレイ 「神殿に向かおう」

 

 

 

ロゼ 「了解。 そこにいるんだよね。 マオテラスと繋がったヘルダルフが」

 

 

('ω') がんばりますか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「憐れなサイモン」

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「サイモンってなんか憐れ。 業とかいうのにホント苦しんだんだね」

 

 

 

ザビーダ 「ヘルの野郎に仕えることでやっと自分の存在意義を感じられるぐらい、な」

 

 

 

スレイ 「あんなすごい力を持ってるのに、自分を信じられなかったんだ」

 

 

 

ロゼ 「あの力ならいつでもあたしらを殺せたのにそうしなかったのもヘルダルフの指示だったのかな」

 

 

 

ミクリオ 「それもあるかもしれないが…殺せなかったんじゃないだろうか。

 

      あれは普通じゃ考えられない。 特別な力に感じた」

 

 

 

スレイ 「そうか、誓約だな」

 

 

 

エドナ 「…で、誓約は ”殺めない” ってワケね」

 

 

 

ザビーダ 「人、天族、憑魔なんでもござれだが殺せない。 意味があるようで意味がない、か」

 

 

 

ライラ 「ですが、先ほどは本気だったと思いますわ」

 

 

 

エドナ 「誓約を侵して、力を失っても…ひげネコの思惑にすら反してでもね」

 

 

 

ライラ 「はい。 この穢れの中で力を存分に発揮できなかったのが幸いしたのでしょう」

 

 

 

スレイ 「そこまでしてオレを…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ディスカバリー「カムラン開拓の記念碑」を発見しました

 

 

 

 

☆会話イベント発生「カムランの記念碑」

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「この石碑は新しいな」

 

 

 

ロゼ 「何か書いてある…

 

    ”この村から始めよう”」

 

 

 

ライラ 「!」

 

 

 

ミクリオ 「カムラン開拓の記念碑か」

 

 

 

スレイ 「導師をやめたミケルさんはなにを始めるつもりだったんだろうな」

 

 

 

ロゼ 「普通の生活…家族との暮らし…」

 

 

 

ミクリオ 「陰れのない世界への第一歩という意味かもしれない」

 

 

 

スレイ 「始まりの村カムランー。

 

     ”災厄の時代が始まった” って意味じゃなかったんだな」

 

 

 

ロゼ 「希望がこもった名前だったんだね」

 

 

 

ライラ 「ミケル様…」

 

 

 

スレイ 「取り戻そう、ライラ。 希望の名前を」

 

 

 

ロゼ 「災厄の時代を終わらせて」

 

 

 

ライラ 「はい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') どんどん進んでいったらなんか強そうなのがいるんだが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

('ω') 強い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「それは真っ白い紙のように」

 

 

 

 

 

ロゼ 「なんか微妙な性能の装備品を見つけたわけだけど」

 

 

 

ザビーダ 「この価値がわからないとは、ロゼちゃんも商人としてはまだまだ青いねぇ〜」

 

 

 

ロゼ 「おょ? あたしに商人道を語るかね?」

 

 

 

ザビーダ 「確かに見た目も性能も名前も微妙だが、これが同種の装備品全てと融合することが可能なわけよ」

 

 

 

ライラ 「でも…お高いんでしょう?」

 

 

 

ザビーダ 「ところがなんと、融合価格もお値打ちどころか最安値更新! 一家に一台! へっぽこ装備!」

 

 

 

ロゼ 「結局へっぽこなんかい」

 

 

 

ライラ 「しかも! 10回融合してから地の主のもとへお越しいただくと、ななななんと!」

 

 

 

ザビーダ 「地の主が貴方のためだけに、祝福銘をおつけするサービスを無料でご提供!」

 

 

 

ロゼ 「それ他の装備と一緒じゃん!」

 

 

 

 

 

 

('ω') その変な名前のものはこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「始まりの村の今」

 

 

 

 

 

ザビーダ 「おっそろしい量の穢れだな。 スレイがいなけりゃドラゴンになってるぜ」

 

 

 

ミクリオ 「マオテラスが発しているのか…マオテラスに流れ込んでいるのか…。

 

      とにかく、この穢れがマオテラスを憑魔にしている原因なんだ」

 

 

 

エドナ 「穢れの中心は村の奥のようね。 おそらくそこに…」

 

 

 

スレイ 「ヘルダルフとマオテラスがいる」

 

 

 

ロゼ 「行こう!」

 

 

 

ライラ 「この中で生き残っている憑魔は普通ではないはずです。 十分に注意してください」

 

 

 

スレイ 「ああ! みんなもね」

 

 

 

ロゼ 「大丈夫! 導師一行だって並じゃないから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「以前ヘルダルフと戦った時よりも酷い穢れだ…」

 

 

 

ロゼ 「着実に近づいてるってことだね」

 

 

 

ミクリオ 「ああ。 気は抜けない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   ミクリオのお母さん 01:45

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「まずイズチへ行こう」

 

 

 

ロゼ 「あるはずだもんね。 マオテラスとヘルダルフがいるカムランに通じる道が」

 

 

 

 

☆アロダイトの森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ああ。 ジイジの加護領域を感じない…」

 

 

 

ミクリオ 「イズチに何かあったのか…?」

 

 

 

ロゼ 「急ごう。 二人とも!」

 

 

 

ザビーダ 「うぇ…ひっでえ穢れだ」

 

 

 

ライラ 「これがあのアロダイトの森だなんて…」

 

 

 

スレイ 「くっ、一体なにが!?」

 

 

 

ロゼ 「…先手を打たれたのかもしれない」

 

 

('ω') とにかく進んでいこう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') !これは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「ゼンライ様の領域内でも力を発揮できる者がこの地に憑魔や人を招き入れたのでしょう」

 

 

 

スレイ 「…ヘルダルフ」

 

 

 

ミクリオ 「ヤツがカムランに踏み入るため人間に封印を破壊させようとしたのかもしれない」

 

 

 

ザビーダ 「どうかな。

 

      あいつはマオ坊と繋がってる。 もともと封印なんぞ何の役にも立ってねえだろ」

 

 

 

スレイ 「ああ。 きっとヘルダルフは、もうカムランでオレ達を待ち構えていると思う。

 

     これはきっと…ただのいやがらせだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「なら、ここでウダウダしてたらヘルの野郎の思うつぼだな?」

 

 

 

スレイ 「とにかくイズチに急ごう」

 

 

☆再び歩き出すスレイ

 

 

 

エドナ 「…ひげネコの狙いはわかりきってるわ」

 

 

 

ロゼ 「スレイに穢れを生ませるため、か」

 

 

 

エドナ 「スレイも気付いてるわね。 だから努めて冷静であろうとしてる」

 

 

 

ロゼ 「きったないなぁ、ホント。

 

    誰だって故郷や親が酷い目にあって冷静でいられるわけないって」

 

 

 

ライラ 「スレイさんの心を傷付けるため、かの者が何を企てているか…」

 

 

 

ロゼ 「想像つくよ。 それだけは絶対阻止しなきゃ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「…ヘルダルフ!」

 

 

 

ロゼ 「スレイ、ちょっと落ち着いた方が…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆イズチ

 

 

 

('ω') 様子がおかしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') …なにあれ…

 

 

 

ライラ 「これほどの憑魔が生まれてしまっているなんて!」

 

 

 

スレイ 「ああ! 一気に決める!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

スレイ 「ジイジ! みんなっ!」

 

 

 

ロゼ 「だから落ち着いてってば!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「憑魔になって自分を失い、お互い傷つけあったんだわ」

 

 

 

スレイ 「どうしてこんなことに…」

 

 

 

ミクリオ 「昔ヘルダルフが考えたのと同じことをしようとしたのかもしれない。

 

      イズチやカムランは戦略的に価値があるんだろう?」

 

 

 

ロゼ 「もう戦争は終ろうとしてんのに!」

 

 

 

エドナ 「戦争を終わらせたくないバカがいるってことでしょ」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

ザビーダ 「けどよ、こいつらのせいだけじゃねぇな、こりゃ。

 

      どっかからすげえ穢れが漏れてやがる」

 

 

 

ミクリオ 「…母が施した封印が破られたのかもしれない」

 

 

 

スレイ 「ジイジ…みんな…無事でいてくれっ」

 

 

 

('ω') 先に進もう

 

 

 

スレイ 「こんなのって…」

 

 

 

ロゼ 「スレイ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆スレイの家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 久しぶりだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') …荒れてる…

 

 

ロゼ 「…ここ、スレイの家なんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 特に何もなかったので、外へ

 

 

 

ミクリオ 「妙だ」

 

 

 

スレイ 「ああ。 ハイランド兵の亡骸はあるのに杜の仲間の痕跡がない」

 

 

 

ミクリオ 「まさかみんな…」

 

 

 

ライラ 「悪い方に考えないで、二人とも」

 

 

 

ロゼ 「そうだよ。 きっとみんなうまく逃げたんだって」

 

 

 

スレイ 「そうだな」

 

 

 

ミクリオ 「もっと隅々まで探してみよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') しばらく探索してると…

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「この感じ! ジイジ!」

 

 

 

ミクリオ 「ああ!」

 

 

 

 

 

 

('ω') ここはジイジのお家ですな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「これは結界ですわ。 ゼンライ様がここに人が入らぬよう施したのでしょう」

 

 

 

スレイ 「ジイジ! オレだ! スレイだ!」

 

 

 

??? 「スレイだって?」

 

 

 

☆ガチャ

 

 

 

??? 「スレイ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「よかった! みんな! 無事だったんだ!」

 

 

 

ミクリオ 「ジイジは?」

 

 

 

??? 「ジイジは俺達をここに残して人間を追い払うって…」

 

 

 

ライラ 「この穢れのさなかにお一人で!?」

 

 

 

??? 「すまん…俺達も行くべきだった。

 

     …だが、俺達がついていっても足手まといになるだけ…ジイジを見殺しにしてしまった…」

 

 

 

ロゼ 「反省はしても後悔はするな! ばーいライラ!」

 

 

 

スレイ 「ジイジがそう簡単にやられるもんか」

 

 

 

??? 「スレイ…」

 

 

 

スレイ 「捜してくる! カイム、みんな、ここを動かないで!」

 

 

('ω')カイムっていうのかこの人…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「みんな無事だったんだ。 ジイジだってきっと…!」

 

 

 

スレイ 「きっと無事さ。 ジイジは強いんだ」

 

 

 

ロゼ 「もちろん! スレイたちを育てた人だもんね!」

 

 

 

('ω') しかし、どこにも見当たらず…ちょっとみんなから情報をもらおう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天族カイム 「スレイ、ジイジの結界に干渉して、お前たちは中に入れるようにしておいた。

 

       もし中の皆になにか話を聞きたければ、もう自由に出入りして大丈夫だぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') さっそくお邪魔します

 

 

 

天族シンシア 「結局、穢れに染まらない場所なんてないのね。 この世界のどこにも…」

 

 

 

天族シロン 「すまん…ジイジを守るのは俺の役目のはずなのに…」

 

 

 

天族ナッツ 「こんなの嫌よ…マイセンに続いてジイジまでいなくなったら私…」

 

 

 

天族マアム 「もう終わりなのかしら…私たちのイズチは…」

 

 

 

天族ショーイ 「…ジイジは遺跡に向かったはずだ。 あそこには絶対に守らなければならないものがあるから…」

 

 

 

天族ロロ 「きをつけろ。 指揮官も兵士たちも何者かに操られているみたいだったぞ」

 

 

 

天族メディア 「スレイ、助けに来てくれてありがとう。 私たちは平気だから、どうかジイジをお願い」

 

 

 

天族タチオ 「…こうなる可能性はわかっていた。 それでも、この道を選んだのだ。 ジイジも、ワシらも…な」

 

 

 

天族メイル 「うう…なんで人間はこんなことをするの…? わからない…わかりたくもないわ…」

 

 

 

天族エド 「スレイ、ジイジを助けてあげてくれ! 俺じゃ力が足りないけど、導師のおまえなら…!」

 

 

 

天族モイモイ 「ジイジは俺達に言った。 

 

        ”決して絶望してはならん。 ワシらにはスレイとミクリオはいるんじゃから” って」

 

 

 

(-_-) モイモイ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「どこ? じいじが向かった ”災厄の始まりの門” って!」

 

 

 

ミクリオ 「イズチにそんな場所があるとしたら…」

 

 

 

スレイ 「マビノギオ遺跡の奥だ!」

 

 

 

(-_-) 早速行ってみよう! って…あら

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 不思議ちゃん

 

 

 

サイモン 「もはや手応えは計れんな。 だからこそ、手は唯一となり、それに賭けねばならなくなったのだが…」

 

 

 

ミクリオ 「貴様…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「お前が何を企もうと関係ない。 オレの答えは決まってる」

 

 

 

サイモン 「憎かろう、私が? 討ちたいだろう、私を?」

 

 

 

スレイ 「ジイジはどこだ? サイモン」

 

 

 

サイモン 「… ”災厄の始まりの門” に殺到した人間を除きに向かった。 もはやすべて手遅れだがな」

 

 

(-_-) 姿を消すサイモン

 

 

 

スレイ 「信じない。 手遅れだなんて」

 

 

 

ロゼ 「そうだよ。 バレバレの挑発だっての」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「怯えるサイモン」

 

 

 

 

 

 

エドナ 「…不思議ちゃん、不安みたいね」

 

 

 

ライラ 「スレイさんの成長が予想以上だったのでしょう」

 

 

 

ザビータ 「ああ。 このあとどんな手を使ってもスレイは全部はね退けるかもってびびってる」

 

 

 

ライラ 「ですが…彼女が見出した唯一の策までスレイさんがはねのけられるか…。

 

     正直私も不安ですわ」

 

 

 

ザビータ 「なぁに。 させなきゃいい。 それだけだろ?」

 

 

 

ライラ 「はい!」

 

 

 

エドナ 「…あの子はこんな想い知らなくていい。

 

     あの子が覚悟してたとしても」

 

 

 

ライラ 「エドナさん…」

 

 

 

ザビータ 「…さすがにマジモードだな。 エドナちゃん」

 

 

 

エドナ 「あなたも珍しくマジモードが長いじゃない」

 

 

 

ライラ 「良い事ですわ! ザビータさんはずっとマジモでお願いします」

 

 

 

ザビータ 「お、ライラが言うならそれもありか? 惚れちゃうぜ? いや、もう結婚する?」

 

 

 

エドナ 「ライラのバカ。 放っとけばマジモそのままだったのに」

 

 

 

ライラ 「ごめんなさい…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆マビノギオ山岳遺跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ディスカバリー「厳しい雷神像」を発見しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「雷神の像」

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「これ…おっかない顔の像だよね」

 

 

 

ミクリオ 「多分、マビノギオ遺跡の祭神だと思う。 名前はわからないけどー」

 

 

 

ライラ 「これはゼンライ様ですわ」

 

 

 

(-_-) !!

 

 

 

ミクリオ 「えっ!?」

 

 

 

スレイ 「これがジイジ!?」

 

 

 

ライラ 「かつて、ゼンライ様が厳しさと加護を併せ持つ雷神として、人々の尊崇を集めていたと聞いています」

 

 

 

ミクリオ 「そうか。 僕たちが遊び場にしていたのは…」

 

 

 

スレイ 「ジイジの神殿だったんだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビータ 「なんだこりゃ…」

 

 

 

ロゼ 「…こいつが兵を進めたんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「最後までどうしようもないバカだったわけね」

 

 

 

ライラ 「ミューズさん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ミクリオのお母さん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ライラ、治癒の天響術を!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 気がついた…!

 

 

 

ミューズ 「この穢れの気配…。

 

      ですが…まだ…私の命を使えば…!」

 

 

 

スレイ 「何するつもり? 無理しないで!」

 

 

 

ミューズ 「天族の方…。

 

      私はどうしても…希望を繋ぎたいのです…! この命に代えても!」

 

 

 

ミクリオ 「なぜそこまで…」

 

 

 

ミューズ 「いつかゼンライ様が育んだ子らが…導師と、それを助ける者…となって…

 

      人と天族の未来を…希望へと導いてくれると信じているから…」

 

 

 

ミクリオ 「それが…答えなんだ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミューズ 「…私の杖を…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ちょっと渡すのをとまどうスレイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミューズ 「ありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ミューズさんっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「さようなら、ミューズ。

 

      あなたの願い、きっと叶うと僕も信じる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミューズ 「ありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ミクリオ…あれで本当に…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「ゼンライ様もきっとこの先ですわね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「それにマオテラス坊や」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビータ 「ヘルの野郎もな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「気合い入れてこ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「ああ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「行くぞ! みんな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモン 「…最終幕の開演ね。

 

      ヘルダルフ様…。 本当に彼らはまだ染まるのでしょうか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモン 「いや、それをこそ私が成すのだ…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   みんなでサウナ エドナの兄 01:59

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

    前回のつづきから

 

   ネタバレです。

 

   たまに誤字・脱字します。

 

   それでもご了承の方はお進みください。

 

   レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「マジで倒せたな、ドラゴン。

 

      大したもんだ。 さすが俺様が見込んだ男だ」

 

 

 

スレイ 「わかってるよ。 エドナのお兄さんの事だろ」

 

 

 

ザビーダ 「気づいてるかもだが、ジークフリートで俺たちをアイゼンに撃ち込めばー」

 

 

 

スレイ 「穢れを切り離し、元に戻せるかもしれない」

 

 

 

ザビーダ 「だが、所詮は可能性だぜ。

 

      何発必要なのか…そもそも本当にできるのかすらわからねぇ」

 

 

 

スレイ 「ああ。 今じゃないってわかっているよ」

 

 

 

ザビーダ 「…悪い。 余計な口出しだったな」

 

 

 

スレイ 「世界中を探せば、別の方法があるのかもしれないけど…」

 

 

 

ザビーダ 「そうだな。

 

      だが、ヘルの野郎は待ってくれねえだろうな」

 

 

 

スレイ 「今やらなかったら、できなくなる」

 

 

 

ザビーダ 「別に強制はしないぜ?」

 

 

 

スレイ 「…独りでもやるから、だよな」

 

 

 

ザビーダ 「そういうこと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') メデューサの項目が出てきたので、いけるのかな?

 

 

スレイ 「メデューサたちの正体、確かめなきゃな」

 

 

 

ロゼ 「三姉妹の故郷は、グレイブガンド盆地の奥にある村だって。 そこに行けば、きっと何かわかるよ」

 

 

('ω') 行ってみるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あ、一発目逃しちゃった

 

 

スレイ 「そっちこそ。 こんなとこで何してるんですか?」

 

 

 

兵 「はい。 合同で国境線の警備を行っているのですが、地図にない不審な村を発見。

 

   調べようとしていたところで」

 

 

 

('ω') あやしい

 

 

 

スレイ 「その調査、オレたちに任せてもらえませんか?」

 

 

 

ロゼ 「それがいいね。 もしあいつらが戻ってたらー」

 

 

 

兵 「どういうことですか?」

 

 

 

ロゼ 「導師じゃないと太刀打ちできない危険が待ってるかもしれないんだ」

 

 

 

兵 「ですが…」

 

 

 

スレイ 「頼む。 オレはみんなが心配なんだ」

 

 

 

兵 「…わかりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「地図にない村か…」

 

 

 

ロゼ 「枢機卿姉妹が育った村に間違いないよ。 気をつけて調べよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆村

 

 

 

 

 

 

('ω') 荒れてるな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') なんかおるやん

 

 

ロゼ 「なんかいるよ!」

 

 

 

ザビーダ 「…しかも二体だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 姉妹メデューサ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

スレイ 「村に戻ってるってことは、やっぱり!」

 

 

 

エドナ 「枢機卿の姉妹なのね」

 

 

 

ライラ 「石化対策が無ければ、決して勝てません…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ふぅ…」

 

 

☆駆けつけてくる兵士

 

 

 

兵 「導師殿、今の騒ぎは!?」

 

 

 

兵 「この女性たちは…?」

 

 

 

ロゼ 「倒れてたの。 保護お願い」

 

 

 

兵 「了解しました。 眠り病患者かもしれませんね」

 

 

 

スレイ 「眠り病?」

 

 

 

兵 「このあたりの古い記録を照合してみたのですが、どうやらここは二十年前に滅びた

 

   フォートンという村のようです。

 

   記録によると、全員が無気力になり、ひたすら眠りをむさぼる病に罹ったとか。

 

   まるで夢という幻に閉じ込められたかのように」

 

 

 

ロゼ 「スレイ、それって」

 

 

 

スレイ 「…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兵 「この女性は、白皇騎士団が責任をもって保護します」

 

 

 

兵 「後の事はお任せください」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「人の運命は…」

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「やりきれないな。 枢機卿たちは、どう生きても憑魔になるか死ぬしかない運命だったのか?」

 

 

 

スレイ 「それは…」

 

 

 

ライラ 「運命というものは確かに存在します。

 

     ですが、すべてが決まっているかなんて思いたくありませんわ」

 

 

 

ロゼ 「運命とかって考えた事ないなぁ。

 

    みんな白と黒のギリギリで生きてる。 どう転ぶかなんてわかんない。 あの姉妹たちは

 

    みんな黒の方に進んだ。 だから憑魔になった。 そんだけでしょ」

 

 

 

スレイ 「白か黒かは自分で選べる?」

 

 

 

ロゼ 「当然でしょ? 自分の人生だよ?」

 

 

 

ライラ 「スレイさん」

 

 

 

スレイ 「ああ。 ロゼの言う通りだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 体力消耗したし、ちょっと宿に泊まります。

 

 

 

☆会話イベント発生

 

 

ザビーダ 「ライラたちは?」

 

 

 

スレイ 「みんなサウナに入るって」

 

 

 

ザビーダ 「っしゃ! サウナ行こうぜ! ミク坊も!」

 

 

 

ミクリオ 「僕は後でいい」

 

 

 

ザビーダ 「反論は却下!

 

      男はハダカのつきあいが以下略!」

 

 

 

ミクリオ 「なんなんだよ、もう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「…というわけで、燻製用の小屋がサウナの原型という説が有力なようだ」

 

 

 

ザビーダ 「風を読みきる…俺様ならできるはず!」

 

 

 

スレイ 「ふうん…どっちにしろ北方の文化だったんだよな。 それがグリンウッド全土に広がったんだろう?」

 

 

 

ミクリオ 「改めて言われると不思議だな」

 

 

 

ザビーダ 「エドナちゃんはパス! 三千年後くらいにまたな」

 

 

 

スレイ 「昔は大陸全体が寒かったから…とか?」

 

 

 

ザビーダ 「熱気を駆け抜けて…届け!」

 

 

 

ミクリオ 「ありうるのか? そんなことが」

 

 

 

スレイ 「あっ! ヴァーグラン森林の切株!」

 

 

 

ミクリオ 「デゼルが云ってたな! 気候が冷え込んだか日差しが弱かった時代があったって」

 

 

 

ザビーダ 「あつっ! 風が弾かれた!? ライラの炎か…!」

 

 

 

ミクリオ 「思わぬものが繋がったね」

 

 

 

スレイ 「新しい歴史が証明できるかもしれない。 ふう…熱いな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「うるさいわね。 男サウナ」

 

 

 

ロゼ 「どうせスレイとミクリオがサウナの歴史とかで盛り上がってるんでしょ」

 

 

 

ライラ 「 ”なぜサウナが大陸中に広がったんだろう?” とかですね」

 

 

 

ロゼ 「そうそう」

 

 

 

エドナ 「そして、けしからんマネをしてる他一名」

 

 

 

ライラ 「大丈夫です。 怪しい風は燃やしておきましたから」

 

 

 

ロゼ 「ヤボだよねえ。 もっと落ち着いてこのアツアツ天国を楽しめばいいのに」

 

 

 

ライラ 「はい。 身も心も浄化されるよう…」

 

 

 

エドナ 「この気持ちよさに気づけないなんて、ホント男ってー」

 

 

 

ライラ 「子どもですよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「オレ、覚悟決めたよ。 エドナのこと」

 

 

 

ロゼ 「…わからんけど、わかった。 付き合うよ。 どんな覚悟にも」

 

 

('ω') 男前

 

 

 

 

 

☆霊峰レイフォルク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「スレイ…ここってまさか…」

 

 

 

エドナ 「…どういうつもり?」

 

 

 

ザビーダ 「アイゼンを殺すって事さ」

 

 

 

エドナ 「待って。 ワタシとの約束は…!」

 

 

 

ザビーダ 「悪いな。 俺の約束はアイツをぶっ殺すってことなんだわ」

 

 

 

エドナ 「…そう。 見極めたのね。

 

     お兄ちゃんを救う方法はヘルダルフと同じだって。

 

     そうよね。 ドラゴンを元に戻すことなんてできない。 だから殺すしかないのよ。

 

     気にしなくていいわ。 本当はわかってる。 アレはもう、ただの化け物だって。

 

     人や天族を何十人も殺して食べた怪物。 ワタシのことだってエサとしか思ってない。

 

     なのに、在りもしない可能性にすがって逃げることもできなかった。

 

     何百年もずっと無駄に縛り付けられて…頭ではわかってるのに、お兄ちゃんってだけで…。

 

     殺さないと…アレが生きてる限りワタシはー」

 

 

 

ザビーダ 「 ”オレがドラゴンになったら殺してくれ”

 

      ”きっとエドナが苦しむから” 」

 

 

 

エドナ 「それって…」

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「なによそれ!? 勝手なことばかり!

 

     勝手に旅に出て! 勝手にドラゴンになって! ワタシが、どんなに寂しかったかー。

 

     お兄ちゃん…もう一度…会いたいよ…」

 

 

 

('ω') …

 

 

 

エドナ 「お兄…ちゃん…。 うう…う…」

 

 

 

スレイ 「…守れなかったよ。 エドナとの約束」

 

 

 

ロゼ 「だね。 けど今更グチグチ言わない! …覚悟決めたんでしょ? ”二人” を救うって」

 

 

 

('ω') だな

 

 

 

ロゼ 「叶えてあげなきゃね。 アイゼンの望み」

 

 

 

スレイ 「ああ。 エドナが自由になるになることがアイゼンの救いなんだと思う」

 

 

 

ミクリオ 「こうするしかないんだよな。 ヘルダルフと戦う前に」

 

 

 

ライラ 「はい。 エドナさんのためにも」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「ホント、あきれるほど優等生揃いだ」

 

 

 

ロゼ 「あったりまえでしょ」

 

 

 

ライラ 「お独りで背負わないでください」

 

 

 

ザビーダ 「優等生だがバカだな。 こんなことにつきあうなんてよ」

 

 

 

エドナ 「本当にそうよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「ブルってるなら抱きしめてやるけど?」

 

 

 

エドナ 「イヤよ。 バカ」

 

 

 

ザビーダ 「上等だ」

 

 

 

スレイ 「決めよう。 今ここで」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') なんかきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') エドナの兄ー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') でかいでかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

ザビーダ 「悪い! 待たせちまったな!」

 

 

 

エドナ 「この時が来ちゃったよ、お兄ちゃん」

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「エドナ…」

 

 

 

エドナ 「何も言わないで。

 

     …分かってると思うから。

 

     ごめんね。 苦しませて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あの石はエドナのお兄ちゃんのお墓です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ディスカバリーに登録された

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生「アイゼンの墓」

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「できたね。 ささやかだけど」

 

 

 

スレイ 「…うん」

 

 

 

ザビーダ 「スレイ。 お前は、ばっちりけじめつけたんだ。 思いつめんじゃねえって」

 

 

 

スレイ 「大丈夫だよ。 オレは」

 

 

 

ザビーダ 「気にすんな。 野郎も満足してるだろうしな」

 

 

 

ロゼ 「あんたも?」

 

 

 

ザビーダ 「…俺もさ」

 

 

 

ミクリオ 「けど、エドナは時間が必要かもしれないね」

 

 

 

ライラ 「はい。 何百年も積み重ねた想いですから」

 

 

 

ザビーダ 「 ”エドナは泣き虫だけど、芯は強い子だ” 」

 

 

 

ロゼ 「それってアイゼンの?」

 

 

 

ザビーダ 「知ってるだろ? 俺たちも」

 

 

 

スレイ 「ああ。 だよな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 何百年もか…

 

 

   エドナがスレイに話があるらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「いいけど…どうかしたの?」

 

 

 

エドナ 「どうもしないわ。 気にしないで」

 

 

 

スレイ 「…うん、わかった」

 

 

 

ミクリオ 「顔を見たくないって事かな?」

 

 

 

スレイ 「だとしても、オレはエドナの言う通りにするよ」

 

 

 

エドナ 「勘違いしないで。 ただの個人的な理由よ」

 

 

 

ライラ 「腫れているからじゃないでしょうか。 目が」

 

 

 

ロゼ 「そっか。 あんなに泣いたからね」

 

 

 

ミクリオ 「それならいいんだが」

 

 

 

ザビーダ 「よくないぜ〜。 背中で語る大人の色気に気付かなきゃな」

 

 

 

エドナ 「黙りなさい、オヤジザビーダ。 略してオジーダ」

 

 

 

ザビーダ 「はっは〜! 調子戻ってるじゃないの〜。

 

      ちょっと傷付いた」

 

 

 

スレイ 「ははは。

 

     で、用事って何なの?」

 

 

 

エドナ 「ちょうどいいから今のうちにみんなに言っておこうと思って。

 

     一度しか言わないから。

 

     ありがと」

 

 

 

スレイ 「えっと…二回言ったけど?」

 

 

 

ザビーダ 「ひとつはアイツの分だろ。 なあ、親友」

 

 

 

('ω') いい子だな

 

 

 

ザビーダ 「スレイ、ついでに俺も言っとくわ。

 

      おかげでダチとの約束を果せた。 サンキューな」

 

 

 

('ω') おうよ

 

 

 

スレイ 「ロゼ。 アイゼンは…」

 

 

 

ロゼ 「…どっかで宿とって休まない? 年のせいか、な〜んか腰が痛くってさー。

 

    スレイもエドナも疲れただろうし、ね」

 

 

('ω') そうしよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆宿

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「すぅすぅ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「…」

 

 

 

ミクリオ 「ほほえましく眺めてるって顔じゃないね」

 

 

 

ライラ 「…見つけた答えを信じると頑張ってるお二人が、無理をなさってないかと」

 

 

 

ザビーダ 「アイゼンの事か」

 

 

 

ライラ 「…はい」

 

 

 

ザビーダ 「無理してるに決まってるだろ。

 

      いくら自分で決めたからってホントは嫌な事だったんだ」

 

 

 

ミクリオ 「…そうだな」

 

 

 

ザビーダ 「けどま、しょうがねえ。 決めちまったのも事実だ」

 

 

 

ライラ 「ザビーダさん…」

 

 

 

ミクリオ 「ザビーダ…君も…」

 

 

 

ザビーダ 「ふぅ。

 

      導師様ご一行、俺様は大したもんだと思ってんぜ?

 

      嫌な事だからって逃げずにちゃんと応えたんだからな」

 

 

 

ミクリオ 「ザビーダ…」

 

 

 

ザビーダ 「ったく…言わせんなって、こんなこと」

 

 

 

ライラ 「そうですね…そうでした」

 

 

 

ザビーダ 「そうゆうこと」

 

 

 

ミクリオ 「どういうことだ?」

 

 

 

エドナ 「わからないの? ミボ。 まだまだ子どもね」

 

 

 

ミクリオ 「エドナ!?」

 

 

 

ライラ 「ミクリオさん、心配するのではなくてームググ!」

 

 

 

エドナ 「しゃべりすぎ」

 

 

 

ザビーダ 「これ宿題な、ミク坊」

 

 

 

ミクリオ 「なにがなんだか…」

 

 

 

ライラ 「ふふ。 ミクリオさんはずっと前に気付いているはずですわ」

 

 

 

ミクリオ 「? これがさぱらんということか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOZプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
| 1/25 | >>