八方屋匠

CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   デゼルの笑顔が…! 02:53

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回のつづきから

 

  ネタバレです。

 

  たまに誤字・脱字します。

 

  それでもご了承の方はお進みください。

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

ライラ 「攻撃してはいけません! ロゼさんが…!」

 

 

 

ミクリオ「このままだとロゼは完全に憑魔に…」

 

 

 

エドナ 「あの怪我じゃその前に命が尽きてしまうわ」

 

 

 

??? 「導師は時に決断を迫られる…そうだろう?

 

     決めたまえよ。 哀れな道化の命も尽きるぞ?」

 

 

 

ライラ 「お黙りなさい!!」

 

 

 

デゼル 「スレイ、いったん下がれ! 俺に策がある!」

 

 

 

ライラ 「デゼルさん!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 策とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「自棄を起こす事だけはやめてくれ。、導師よ!

 

     それではせっかくここまで整った部隊が台無しだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「…スレイ、聞け」

 

 

 

スレイ 「デゼル、無理するな」

 

 

 

デゼル 「いいから聞け…憑魔と…ロゼの結びつきだけを…破壊するんだ」

 

 

 

スレイ 「たとえ導師であってもそんな奇跡のようなこと…できるわけがない…」

 

 

 

デゼル 「…スレイ、ザビーダから預かった、…アレを貸せ。

 

     これは力を撃ち出すもんなんだろう?

 

     オレがその力になる。

 

     俺自身を攻撃として撃ち出せ」

 

 

 

スレイ 「なんだって?」

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「憑魔と同化しつつも

 

     意思のある攻撃となって繋がりを見つけて

 

     そこにのみ攻撃を与えられる…そういういいたいのね」

 

 

 

ミクリオ 「それはただの特攻だ!」

 

 

 

デゼル 「…これに込められている最後の弾の力と

 

     俺の残りの力を振り絞って合わせれば

 

     きっと取り込まれずに繋がりだけをぶっ潰せる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「スレイ…俺にもロゼにももう時間はない…わかるだろう」

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') あ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「デゼル…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ガシャン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ズキューン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 力が…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「頼むぜ…しくじるなよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘続行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 渾身の一撃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') どうやらロゼの意識のなか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「俺は謝らなきゃならん。

 

     俺のせいでおまえを…風の傭兵団を不幸にした」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「すまなかった」

 

 

 

ロゼ 「言いたかったのはそれ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「ハタから見たら不幸って事になるのかもだけど、

 

    あたしはぜんっぜん、不幸とか感じた事ないよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「五年前のあの出来事で、あたし達はバラバラになってもおかしくはなかったのに

 

    風の骨、セキレイの羽としてまた一緒に旅ができた。

 

    楽しかった。 感謝してるんだよあたしは」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「ほーら! 言いたいことあんでしょ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「…俺は半端もんだ。

 

     結局、何もまともに(?)できなかった。

 

     けど、たったひとつだけ、ちゃんと出来たよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「そのたったひとつを

 

     やり遂げられた事が本当に嬉しい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「俺も…感謝してる。 サンキュな」

 

 

('ω') その笑顔反則ー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「スレイたちに、お前らとの旅、悪く無かったっていっといてくれ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おう!」

 

 

 

デゼル 「あいつらがもし悩んでたら…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「おまえら、やりたいことがあるんだろうが!

 

     いつまでもくよくよしてると俺の鎖で締め上げるぞ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「ってケツを叩いてくれよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「じゃあな。 そのままでガンバレよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 目が覚めた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「彼の死をどう思う?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「なあどう思う?

 

     彼のように、人に慕われるほど…

 

     加護を与えれば与えるほど人を不幸にする天族は

 

     存在してはならないのだろうか。

 

     彼の存在自体が悪で、滅されるべきなのだろうか」

 

 

 

ロゼ 「そんなわけない!」

 

 

 

??? 「吠えるな。 娘よ」

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「貴様も一時は同じ理由で導師を葬ろうとしたというのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「おまえは一体何者なんだ」

 

 

 

??? 「我が名はサイモン。

 

     彼と同じく業を背負った憐れな天族だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') おや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモン 「この舞台は幕だな。

 

      今は悼んでやりたまえ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「みんなにも明日の朝ここに集合と伝えておいた。

 

      たまには一人になるのもいいだろうしな」

 

 

 

スレイ 「サンキュ。 ミクリオ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「…スレイ、あまり気に病むなよ」

 

 

 

スレイ 「ん…」

 

 

 

ミクリオ 「じゃ、僕もちょっとぶらついてくる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') どうしよっかな

 

   宿の中に何人かいるな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) じゃ、まずはエドナ

 

 

 

エドナ 「…あの不思議ちゃん。

 

     自分は業を背負うものだって言ってたわね」

 

 

 

スレイ 「ああ。 導師は悲しい業を背負った天族の事を知る必要があるとも言ってた」

 

 

 

 

 

 

 

 

エドナ 「人に取って存在しているだけで悪という者…

 

     死を解放と云うこともあるわ。

 

     そこにいるだけで望まない結果を導く者にとって死はー」

 

 

 

スレイ 「エドナ! それ以上は言わせない!」

 

 

 

エドナ 「…バカね。 デゼルのことじゃないわ」

 

 

 

スレイ 「お兄さんのことでもダメだ。 言っちゃ」

 

 

 

エドナ 「言ったとしても、そんなのただの言葉じゃない。

 

     それも何度も耳にしたでしょ」

 

 

 

スレイ 「それでもイヤなんだ。 今、聞きたくない」

 

 

 

エドナ 「…そう。

 

     …じゃ、話は終わりね」

 

 

 

スレイ 「ん…」

 

 

 

☆立ち去ろうとするスレイ

 

 

 

エドナ 「スレイ」

 

 

 

☆立ち止まり振り返るスレイ

 

 

 

エドナ 「言いたかったのはデゼルは救われたいたんじゃないかってこと」

 

 

 

 

 

 

エドナ 「さっきはワタシが悪い。 謝る。 ごめん」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ありがと、エドナ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆次はミクリオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「…デゼルの死も、彼の業もあのサイモンの言葉も災禍の顕主を鎮めるために

 

      導師は受け入れなくてはならないんだろうか?」

 

 

 

スレイ 「上手く気持ちがまとまらないよ」

 

 

 

ミクリオ 「嫌ならやめればいい」

 

 

 

スレイ 「ミクリオ!」

 

 

 

ミクリオ 「最期まで聞いてくれ。

 

      導師の使命や宿命などに押しつぶされるぐらいなら…いつでもやめればいい。

 

      少なからずそう思ってる。

 

      昨日まではな。 でも今は違う。

 

      …デゼルのためにも、答えを見つけだしたい。 

 

      そうだ、彼に報いるとかそんなのじゃない。 ただ、知りたい。もう同じことは繰り返さないために。

 

      だからもう、やめてもいいなんて思ってない」

 

 

 

 

 

 

スレイ 「きちんと答えを見つけださないとな」

 

 

 

ミクリオ 「ああ。 導師の使命だからじゃない。 僕たちの旅は僕たちのものだ」

 

 

 

スレイ 「そうだな、ありがとう」

 

 

 

ミクリオ 「礼は不要だ。 僕のことを話しただけだからな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 他のメンバーに会おうとおもっていたのだが、見つけられず…

 

   宿の中にいるっぽかったんだけど、宿に入ったら話が進んでしまったです…

 

 

 

 

 

 

 

☆翌朝

 

 

 

 

 

('ω')広場に集合

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おはよう、スレイ。 よく眠れた?」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うん」

 

 

 

ロゼ 「そうは見えないけど」

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「よう、スレイ」

 

 

 

スレイ 「ザビーダはまだこの街にいたのか」

 

 

 

ザビーダ 「つれないねえ、なぁ、ライラ?」

 

 

 

ライラ 「さあ、全員集まりましたよ。 陪神契約をする理由を聞かせてください」

 

 

 

ザビーダ 「はいはい。

 

      俺の目的は導師殿の旅路と繋がっているのさ」

 

 

 

 

ミクリオ 「ザビーダの目的?」

 

 

 

スレイ 「たしか決着をつけなきゃいけない相手がいるとか言っていたな(?)」

 

 

 

 

 

 

 

 

('ω') ん?どしたスレイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「そ。 一人は可愛いエドナちゃんの兄貴。 もう一人は…マオテラスさ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「マオテラスって五大神の?」

 

 

 

ザビーダ 「本来このグリンウッド大陸はマオテラスが護ってるはずだろ?

 

      なのにあの?は岩?を消し、それと時を同じくして災禍の顕主が現れたっていうじゃないか。

 

      こりゃどういうわけだ?」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') 異変に気づくロゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「まさか…」

 

 

 

ザビーダ 「俺はそのまさかだと思い至ったわけさ」

 

 

 

ミクリオ 「マオテラスが憑魔になってヘルダルクと結びついているっていうのか」

 

 

 

エドナ 「一種の(?)ないといけないわね」

 

 

 

ライラ 「そのためにはかの者との接触は不可欠ですわ」

 

 

 

ザビーダ 「となればヘルダルクの領域下でも力を振るえないといけないだろ。

 

      そこで俺様の出番ってわけだ。

 

      デゼルの抜けた穴を俺が埋めれば、ヤツの領域内でも普通に動ける」

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「どうだ? 利害も一致してるっしょ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「…どうしましょう? スレイさん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「あ、うん。 なんだっけ?」

 

 

 

ロゼ 「スレイ…ちょっといい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「おまえら、やりたいことがあるんだろうが!

 

    いつまでもくよくよしてるとオレの鎖で締め上げるぞ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「あいつの言葉だよ。

 

    頼まれたんだ。 スレイ達のケツを叩いてくれって。

 

    そんで…あたしにはそのまま…ガンバレって。

 

    だからあたしは…このまま…がんばろうって…」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「あたし…なんで泣いてんの…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ロゼ…」

 

 

 

ロゼ 「…あいつ、スレイたちと旅できて…良かったって…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「あたし…全然気づいてなくて…あいつ…笑って…

 

    …あたし…もっと話とけば…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「あー、もうやめよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「…デゼルの言葉、確かに受け取ったよ。

 

     最後まで面倒見いいの、デゼルらしい」

 

 

 

ロゼ 「まったくだ」

 

 

 

スレイ 「ロゼ…もう大丈夫だよ」

 

 

 

ロゼ 「それ、あたしの台詞だし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「よし! 行こう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「待てっつーの! 陪神契約どうなった!」

 

 

 

スレイ 「あ!」

 

 

 

 

 

 

 

('ω') …この後したのかどうかわからないです

 

 

 

 

ザビーダ 「さって! どうすんだ?」

 

 

 

スレイ 「予定通り、グレイブガント盆地に行ってみようと思う」

 

 

 

ミクリオ 「最初にヘルダルフに会った場所だからね」

 

 

 

ザビーダ 「グレイブガント盆地な! 了解ー!」

 

 

 

スレイ 「ロゼ…」

 

 

 

ロゼ 「辛気臭いのノーサンキュー! あたしは平気だし!

 

    …今まで通りいこう。 あたしもスレイも」

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOXプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   デゼルの過去 04:21

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから

 

  ネタバレです

 

  それでもご了承の方はお進みください

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「契約破棄!? まさか!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「デゼル!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 止めに入ろうとするスレイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「おっと。 最後までやらせてやりたまえ」

 

 

 

スレイ 「おまえ? どうして」

 

 

 

ミクリオ 「スレイ、構ってる場合じゃない!」

 

 

 

 

 

 

スレイ 「わかってる!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「ふっふっふ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) どんどん増えていく

 

   そんな中、戦闘!

 

 

エドナ 「またなの?」

 

 

 

??? 「私は他者の感覚に作用し、惑わすことができる」

 

 

 

ライラ 「では突然憑魔になったように見えたのも…」

 

 

 

??? 「察しの通り。 あの憑魔は本物だがな」

 

 

 

スレイ 「ライラ! 主神の命でデゼルを止めてくれ!」

 

 

 

ライラ 「無理です! 倍神契約は破棄されました!」

 

 

 

ミクリオ 「そんなことができるのか!?」

 

 

 

ライラ 「普通は無理です! 倍神から一方的になんて!」

 

 

 

??? 「ほう…ますますおもしろい…」

 

 

 

スレイ 「おまえは何が狙いなんだ!」

 

 

 

??? 「導師、貴様は知るべきなのだ」

 

 

 

スレイ 「何?」

 

 

 

??? 「見せてやろう。 ”彼” という天族の業を…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「やっとだ! やっと貴様を殺せる!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「あいつらとの度は本当に楽しい…」

 

 

 

友 「冥利に尽きるだろ?」

 

 

 

デゼル 「ああ、感謝してる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇子 「天族一の風の傭兵団を是非ともローランスに連れたいのです」

 

 

 

ロゼ 「あたしがコナン皇子と婚約!? 夢みたい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友 「よかった。 旅が終わっちまうのは残念だがな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「終わらないでくれ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇子 「ぬかるなよ。 

 

    行かぬか!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「コナン皇子! 団長が居ないんです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「その子に近づくんじゃねえ」

 

 

 

 

 

 

 

 

皇子 「私に指示する貴様は何者か」

 

 

 

友 「こいつ…すでに憑魔に…」

 

 

 

ロゼ 「え、誰に話して…?」

 

 

 

皇子 「貴様らのその旨そうな匂い…たまらんなぁ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「何故これほどの短期間で憑魔と化したのだろうな?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

団長 「皇子! 俺たちが第一皇子を殺しただと!?

 

    何の冗談だ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇子 「衛兵! 盗賊がここに!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

団長 「罠にかけたな…俺たちを!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友 「なぜこんなことに…」

 

 

 

皇子 「風の傭兵団、団長ブラドは第一皇子レオンを殺害。

 

    身柄をペンドラゴ守備隊によって拘束される。

 

    よって貴様ら全員も拘束する」

 

 

 

??? 「わかるだろう? コナン皇子が憑魔と化し、我欲に従い、邪魔者を除こうと考えたからだ。

 

     そして…コナン皇子が憑魔になった原因をわかっていよう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「 ”彼” だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇子 「おまえは私のものとなるなら特別に放免しよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「なっ!」

 

 

 

皇子 「ぐふふ。 次期皇帝の側妾となれる!

 

    これほどの栄誉はあるまい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「こんの…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友 「間に合え!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇子 「ぎゃああああ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友 「うおお!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇子 「ぐ、うぅぅああ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「すべて貴様の加護の賜物…

 

     人はその力を持つものをなんというか知っているか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「疫病神だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「…俺のせい…だった?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「全て…俺の…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「彼もどうやら全て思い出したようだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ロゼ! デゼル!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「くっふふ。 

 

     さぁ、ここからだ導師。 刮目するのだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「ロ…ゼ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「デゼル! ここを動くな。 いいね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「こいっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラ 「ロゼさんのあの負傷! たとえ穢れを浄化しても負荷に耐える体力は残っていませんわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOXプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   デゼル復讐の相手 04:15

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回の続きから

 

  ネタバレです

 

  それでもご了承いただける方はお進みください

 

  レッツ・ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) あれ? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 待ち伏せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆シャキーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「今回の相手だけは俺に任せなって。

 

      悪いことは言わないから」

 

 

 

デゼル 「ふざけんなよ、ザビーダ」

 

 

 

ザビーダ 「ふざけてないぜ。 今回はな。

 

      ま、聞く耳持たないってんなら、?????(読めず)」

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ムカついたデゼル

 

 

 

 

 

 

 

 

☆シュッ

 

 

 

 

 

 

 

 

☆避けられる

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「わかったよ、デゼル…

 

      俺にはどうしてもケリをつけなきゃならんヤツがあと二人いる。

 

      だからこの最後の2発はその時のために大事に取ってたもんだ」

 

 

 

ミクリオ 「お、おい。 話が見えない」

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「ミク坊、男の本気は本気で受け止めるもんだ。 覚えとけ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ズキューン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「なんでそうなんの!」

 

 

 

スレイ 「しょうがない! やるぞ!」

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「はぁ…はぁ…

 

      …やるようになったじゃねぇの…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「スレイ、こいつが憑魔を殺すのを止められねぇときはこいつを撃て」

 

 

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「コレの力なら穢れと結びつくのをしばらくはかせげる」

 

 

 

スレイ 「わかった」

 

 

 

ザビーダ 「最後の一発をくれてやるんだ。 この貸し、(?)返せよ」

 

 

 

ミクリオ 「何故そこまで…」

 

 

 

 

 

 

ザビーダ 「へっ、なんとなくさ…」

 

 

 

デゼル 「…」

 

 

 

ザビーダ 「行けよ。 俺ぁ、ちっと寝るわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆どさっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ほんとに寝た

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆一方

 

 

スレイ 「ザビーダ、何故この道具をオレに…?」

 

 

 

ロゼ 「”なんとなく”って言ってたね。 多分、本心なんじゃない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生 「ザビーダがくれたもの」

 

 

 

 

 

 

スレイ 「不思議なものだよね、これ」

 

 

 

ミクリオ 「ザビーダがくれたやつか。

 

      あいつは力を撃ち出す道具だと…」

 

 

 

スレイ 「言ってた。

 

     これで穢れに対抗する力を得てるって」

 

 

 

ミクリオ 「自分を撃てば力を増し、誰かに撃てば穢れとの結びつきを断つ。

 

      そういう ”力の矢” を撃つための "専用の弓” というところか」

 

 

 

スレイ 「この弾に、その力が?」

 

 

 

ミクリオ 「おそらく」

 

 

 

スレイ 「これが最後の一発か…」

 

 

 

ミクリオ 「そうなるね。

 

      どうやって作ったかわからない以上は」

 

 

 

スレイ 「分解してみたらなんかわかるかも…」

 

 

 

 

 

 

ミクリオ 「スレイ」

 

 

 

スレイ 「わかってる。

 

     元に戻せなくなるだけだよな」

 

 

 

ミクリオ 「慎重に扱おう。 貴重なものなのは間違いない」

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「力を撃ち出す…か」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ペンドラゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 久しぶりだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) とりあえず宿

 

    泊まったら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受付 「こんな夜更けにお出かけですか?

 

    何かと物騒ですから、お気をつけて」

 

 

 

(-_-) どうも

 

 

 

スレイ 「さて、どうやって忍び込む?」

 

 

 

ロゼ 「城に行く前に街の様子を一通り確認させてくれる?

 

    忍び込む場所が場所だし、念のため色々と下見しておきたいんだ」

 

 

 

(-_-) わかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆宿の外に出ると…

 

 

 

 

 

 

??? 「これはこれ頭領…ようこそ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) あれ、だれだっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「あんたその姿…憑魔?」

 

 

 

キツネ 「くっくっく」

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネ 「おお、怖いいい目だなぁ! 頭領!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 守護神登場

 

 

 

デゼル 「今てめえにかける時間はない!

 

     速攻ケリつけてやるからとっとと来い!」

 

 

 

キツネ 「はっはあ。 いい感じの怒りだなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

キツネ 「やっぱり喰いたくてしょうがない!」

 

 

 

スレイ 「来るぞ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

☆戦闘終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネ 「くっそ! まだ足りないのかい…!」

 

 

 

ロゼ 「ここまでだよ。 ルナール」

 

 

(-_-) え?そんな名前?

 

 

 

スレイ 「ライラ」

 

 

 

ライラ 「わかりましたわ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) …?

 

 

 

ロゼ 「何? この感覚…」

 

 

 

ミクリオ 「気をつけろ…まだ何かいる!」

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「余計なことはしないでもらおうか」

 

 

 

デゼル 「この声は…」

 

 

 

キツネ 「うるさい! 俺の邪魔しようってか?」

 

 

 

??? 「キツネ。 おまえの役目は彼らを誘うことであろう。

 

     余計な真似をしてあの方の怒りを買ったらどうしてくれる!」

 

 

 

キツネ 「うっ」

 

 

☆逃げようとするキツネ

 

 

??? 「待て!」

 

 

 

 

 

 

 

??? 「…予定外であったが利用させてもらおう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「わ! なんだこれ!」

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

??? 「さあ、早く追わねばキツネを取り逃がすぞ。 娘。

 

     貴様らをここに誘った裏切り者をな…」

 

 

 

ロゼ 「! じゃああの依頼は…」

 

 

 

スレイ 「罠か!」

 

 

 

ロゼ 「ルナール…!」

 

 

 

ライラ 「デゼルさん、この声の主をご存知なんですの?」

 

 

 

デゼル 「忘れるものか…! 俺が追う相手の声を!」

 

 

 

ミクリオ 「なんだって…」

 

 

 

エドナ 「ライラ、気づいてる?」

 

 

 

ライラ 「はい。 この領域は穢を持っていませんわ」

 

 

 

スレイ 「…どうなってるんだ。

 

     これって幻?」

 

 

 

ロゼ 「夢じゃないのは確実!

 

    ホッペつねったら痛いし!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネ 「もういいだろ? な? 出してくれ!」

 

 

 

??? 「あの方の意向を無視することは許さん。 わかったか?」

 

 

 

キツネ 「わ、わかった!」

 

 

 

 

(-_-) 追い詰めた

 

 

 

 

 

キツネ 「ひぃ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「うっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「どうなってるんだ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「前座にしては有意義だった。

 

     娘よ、なかなか良い怒りだった。

 

     それが憎悪として芽吹けばあの方も喜ばれよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「…何? こいつ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「待ちわびた…!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「機は熟したろう? お互いにな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「待てデゼル!

 

     こいつは憑魔じゃない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「関係あるか! ダチを憑魔にし、風の傭兵団を貶めたおまえらは絶対殺す!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「何言ってんの? デゼル?」

 

 

 

??? 「ほう。 この娘にはまだ語ってなかったのか。

 

     いい。 実にいい。

 

     最高のお膳立てではないか!」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「デゼル! やめるんだ!」

 

 

 

デゼル 「放せ! 俺はこの時のためだけに生きてきた!」

 

 

 

ロゼ 「ちょっと! いい加減感じ悪いぞ!

 

    スレイ! デゼル! 何なわけ?!」

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「…娘、私が教えてやろう。

 

         この者は死んだ友との絆の証である風の傭兵団と存続を思うあまり

 

     霊応力の高いお前を時に操り利用してお前たちを暗殺集団という闇社会の住人に仕立て上げた」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「そして憑魔を殺すために神依のちからに目をつけすべては友の仇を討つためと言い聞かせ

 

     お前に干渉し続け復讐の器となるよう仕向けた」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「そうだ! 貴様への復讐!

 

     そのために俺は全てをなげうつ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「?」

 

 

(-_-) あー…やっちまった…

 

 

 

ミクリオ 「?念だ! 嫌な予感しかしない!」

 

 

 

ライラ 「退きましょう、スレイさん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??? 「させぬよ」

 

 

 

☆???が変身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「突然憑魔に!? なぜ…」

 

 

 

??? 「言葉で思い出さないのなら…別の方法を使わせてもらう」

 

 

 

デゼル 「やっと正体を現しやがったな! くそ!」

 

 

 

 

 

 

☆戦闘開始

 

 

 

 

 

デゼル 「絶対殺す! それこそが俺の存在理由!」

 

 

 

??? 「よくこれ程に自己肯定の幻に溺れたものだ…」

 

 

 

デゼル 「何を言ってやがる!」

 

 

 

??? 「なんとも憐れだ。 理解はできるがな」

 

 

 

デゼル 「…るせぇ」

 

 

 

??? 「あの時、友をどうして、何故失ったか…

 

     憑魔を殺したあと、その穢れがどうなるのか…

 

     それでも思惑通りの街で復讐を成し遂げると?」

 

 

 

デゼル 「うるせえ!」

 

 

 

??? 「よく思い出せ。 友を失ったのは私のせいか?

 

     なぜ風の傭兵団の存続を願う…何が本心だ?」

 

 

 

デゼル 「ご託はもういい!」

 

 

 

??? 「これほどとはな。 憐れすぎるではないか!」

 

 

 

(-_-) なんとか抑えることができた

 

 

 

スレイ 「よし! ライラ、浄化を…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「そうはいくか!

 

     こいつはぶっ殺すんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「デゼル?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| TOXプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ オブ ゼスティリア  レポート   デゼルの目的 02:53

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

   前回の続きから。

 

   ネタバレです。

 

   たまに誤字脱字します。

 

   それでもご了承の方はお進みください。

 

   レッツ、ファンタジー!

 

 

 

 

 

 

(-_-) だいぶ更新遅れました。

 

   道に迷って(ゲーム内)で心折れてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆アルトゥス遺跡

 

 

(-_-) 入ってみようか

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 入ったのはいいけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 鍵がないのでここから先は進めない…

 

   あきらめる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 進んでいったら恐竜の足あと?

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ではないらしい

 

 

☆巨大な足跡

 

 

(-_-) これってもしかして象かな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆会話イベント発生

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「エドナのブーツってさ、なんかブカブカじゃない?」

 

 

 

エドナ 「文句ある?」

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「全然。 ただ、あるきにくくないかなって」

 

 

 

 

エドナ 「…元は、お兄ちゃんのだからよ。

 

     ワタシの足に合うように調整してあるから、気にしないで」

 

 

 

ロゼ 「じゃあ、そのグローブは?」

 

 

 

エドナ 「お揃いだけど。 それが?」

 

 

 

ロゼ 「ワンピースと似合ってるよね。 ちょっと変わってるけど」

 

 

 

 

 

エドナ 「…お兄ちゃんもそういってくれたわ」

 

 

 

ロゼ 「なに?」(たぶん)

 

 

 

エドナ 「別に。 あなたには似合わないって言ったのよ」

 

 

 

ロゼ 「あはは。 それはそうだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) ここの中に入りたいのだが…

 

 

 

 

 

 

☆フォルクエン丘陵

 

 

 

 

 

 

兵士 「近頃は西国ローランスとの緊張が高まってきてる。

 

    ゆえにグレイブガントは封鎖中だ。 さぁ帰った帰った」

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 困ったな…別ルートから行こう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆グレイブガント盆地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 誰かいる

 

 

 

兵士 「荷は確認した。 さすがセキレイの羽、いい品だ。 次も頼みたいが…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルかトル 「申し訳ないけど、別の仕事が入ってて。

 

     またの機会にお願いします」

 

 

 

ロゼ 「フィル、トル」

 

 

 

フィルかトル 「頭領、ちょうどよかった!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「そう。 実は…」

 

 

 

 

 

 

フィルかトル 「…っと、ここじゃあマズイね。

 

        とにかくこっちへ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルかトル 「ローランス秘書官が接触してきた。 仕事の依頼があるらしい」

 

 

 

デゼル 「なんだと!?」

 

 

 

ロゼ 「秘書官って皇室付きの執事?」

 

 

 

フィルかトル 「うん。 それに気になる情報も入ってきたよ。

 

        妃殿下が病没した弟の子を自分の養子として迎えようとしているらしいって」

 

 

 

ロゼ 「…たしか今のローランス皇帝は前皇帝と別の女性の子だよね」

 

 

 

フォルかトル 「そして妃殿下は、あの事件で自分の子と共謀して帝位を自分の直系に継がせようとした。

 

        秘書官はそれを忘れてはいないだろうね」

 

 

 

ロゼ 「いいわ。 あたしが処理する」

 

 

 

フィルかトル 「受けるの? 私達の仇敵とも言えるヤツラの依頼を」

 

 

 

ロゼ 「忘れないで。 本当にやらなきゃダメな仕事なら依頼主が誰でも関係ない。

 

    それが私達、でしょ?」

 

 

 

フィルかトル 「そう…だよね。 頭領、すごいよ」

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「頭領の名はダテじゃないってね!」

 

 

 

フィルかトル 「あはは、依頼人とどう接触しようか?」

 

 

 

ロゼ 「ペンドラゴから忍び込むよ」

 

 

 

フィルかトル 「本気かい!?」

 

 

 

ロゼ 「呼び出したって本当の依頼主はこないでしょ?

 

    代理人じゃ意味がないんだ。 ちゃんと見極めたいから」

 

 

 

フィルかトル 「わかった。 城に行くならみんなを呼ばないと…」

 

 

 

スレイ 「大丈夫。 オレも行くから。

 

     導師として見過ごせないことがあるんだ」

 

 

 

 

 

 

 

フィルかトル 「え」

 

 

 

フィルかトル 「いいの? どうする頭領?」

 

 

 

ライラ 「ロゼさん、ローランス皇族は憑魔との関わりがあるらしいのです」

 

 

 

ミクリオ 「僕たちだけで行くほうがいい」

 

 

 

ロゼ 「…トル、フィル。 あたしらだけで行くよ。

 

    その方が動きやすい」

 

 

 

フィルかトル 「…わかった。 気をつけて、頭領。

 

        スレイ、頭領を頼むよ」

 

 

 

スレイ 「ああ」

 

 

 

 

 

 

 

 

(-_-) 彼らは去っていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゼ 「…なんか悪いね。

 

    風の骨の事に突き合わせちゃって、さ」

 

 

 

スレイ 「やっぱ心配だし、ほっとけないよ。

 

     憑魔が絡んでるのならなおさらだ」

 

 

 

デゼル 「…ついに来た! 行くぞ! ペンドラゴに!」

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「デゼル…。 ホントにやるつもりなのか」

 

 

 

デゼル 「今更だな」

 

 

 

ロゼ 「何の話?」

 

 

 

デゼル 「おまえが知る必要ない」

 

 

 

ロゼ 「何それ! 言え〜!」

 

 

 

 

 

 

デゼル 「やめろ! くっつくんじゃない!」

 

 

 

エドナ 「仲のよろしいこと」

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「黙れ! とっとと行くぞ!」

 

 

 

スレイ 「デゼル。 ローランス皇族は本当に憑魔なんだな?」

 

 

 

 

 

 

 

デゼル 「大○?きの悪いやつだ。 行けばわかる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレイ 「ライラ…」

 

 

 

ライラ 「わかっていますわ。 スレイさん」

 

 

 

ロゼ 「なんかあたしに黙ってること多くない?」

 

 

 

スレイ 「ごめん…」

 

 

 

ライラ 「ちゃんと話せるようになるまでもう少しお待ち下さい」

 

 

 

ロゼ 「ま、いいわ。 わかった」

 

 

 

スレイ 「デゼルのことは気にしないで」

 

 

 

ロゼ 「も〜! そんな事言われたらよけい気になるっての!」

 

 

 

 

 

 

つづく

 

| TOXプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
テイルズ・オブ・エクシリア2  レポート   美味しさ無双・最高牛50グラム 03:19
JUGEMテーマ:テイルズ オブ エクシリア2







更新内容はまだラストに近い状態くらいですが、


現在進行中のテイルズはラスボスに向けてレベル上げ真っ最中。


なかなかレベル上がらん…(;´Д`)


それはさておき、今回はバラン登場。






20160120_1488349.jpg (500×274)






 イル・ファン到着。


 夜の街、イル・ファン(*‘∀‘)好きです。






20160120_1488350.jpg (500×273)





 用があるのはここ。


 「道具コーナー」にあるらしいのだが…






20160120_1488351.jpg (500×275)





 あった!


 「最高級牛肉50

  美味しさ無双のA5ランクの最高級肉。

  牛だが、トンでもなく重い」


 ギャグかましてきた…(;´Д`)






20160120_1488354.jpg (500×269)





 ほんじゃま、ヘリオボーグ研究所に持っていきますか。






20160120_1488355.jpg (500×274)





 えーと…何階でしたっけ…





20160120_1488356.jpg (500×269)





 ここだ。


 すんませーん。


 お届け物です〜。






20160120_1488357.jpg (500×274)






 あ、いたいた。


 バランさん、お届け物です('ω')






20160120_1488358.jpg (500×282)





バラン 「まさか精霊術の術式に暗号化されたメッセージが

     隠されていたなんてねぇ!」



 いきなりでびっくらこいたです('ω')






20160120_1488359.jpg (500×274)






バラン 「実に面白いよ!

     解析は、この僕に任せてくれ」


 よろしくお願いします('ω')






20160120_1488360.jpg (500×266)





ルドガー 「ぜぇ…ぜぇ…」


 何故このようなことに…(;´Д`)

 あ、肉か





20160120_1488361.jpg (500×278)




バラン 「やあ、ルドガーたちが届けてくれたのか」


 いきなり話がすっ飛んだかと思いましたよ。

 初めのは通常時か。

 これがイベント時ね。






20160120_1488362.jpg (500×266)





バラン 「ご苦労様。

     ささやかなご褒美をあげよう」


 なんですか(*‘∀‘)






20160120_1488363.jpg (500×276)






ジュード 「バランさん…牛肉、50圓

      あるなんて聞いてなかったですよ?」







20160120_1488364.jpg (500×281)






バラン 「すごいだろ〜♪

     ヘソクリ全部つぎこんだんだ」



 え(;´Д`)







20160120_1488365.jpg (500×265)






ジュード 「いや、そういう意味じゃなくて…」






20160120_1488366.jpg (500×272)






マキ 「ジュード…先生…」






20160120_1488367.jpg (500×282)





ジュード 「マキさん…研究の方はどうですか?」





20160120_1488368.jpg (500×273)






マキ 「いえ…私なんか、もう…」





20160120_1488369.jpg (500×277)






ジュード 「…」






20160120_1488370.jpg (500×274)





ローエン 「ところで、こんなに肉を買い込んで、

      お祝いでもあるのですか?」





20160120_1488371.jpg (500×267)





バラン 「別になにも」



 え(;´Д`)





20160120_1488372.jpg (500×291)






バラン 「ただ、リーゼ・マクシアの食材パンフレットを

     見てたら、食べたくなっちゃってさ」






20160120_1488373.jpg (500×270)






バラン 「とにかく今日は、研究所あげての

     焼肉パーティ! 君たちもどうぞ!」


 ははーん、なるほど('ω')






20160120_1488374.jpg (500×269)






バラン 「さあ、マキちゃん! 準備、準備♪」






20160120_1488375.jpg (500×277)






マキ 「は、はい…」





 〜食事中〜





20160120_1488376.jpg (500×274)





〜食事後〜


ルドガー 「ゲップ…」



 食いすぎたのか('ω')






20160120_1488377.jpg (500×274)






バラン 「はぁぁ〜、食った♪ 食った〜♪」






20160120_1488378.jpg (500×269)






ローエン 「間違いなくA5ランクの最高級肉。

      堪能いたしました」







20160120_1488379.jpg (500×276)






バラン 「美味しかっただろ、マキちゃん?」






20160120_1488380.jpg (500×280)





マキ 「は、はい。 肉質のよさはもちろん、

    霜降りのバランスが素晴らしかったです。

    しかも脂肪は、融点まで計算されたように

    サラリと甘く溶ける…」



 すごい食レポだな('ω')






20160120_1488382.jpg (500×278)





マキ 「リーゼ・マクシアの肉は、

    みんなこんなに上質なんでしょうか?」





20160120_1488383.jpg (500×277)






バラン 「あっはっは!

     実に研究者らしい感想だね」





20160120_1488384.jpg (500×271)






バラン 「でも、これは何十年もの地道な品種改良の

     末に辿り着いた特別な肉なんだよ」





20160120_1488385.jpg (500×281)





マキ 「何十年…!?」





20160120_1488386.jpg (500×275)





バラン 「牛に携わる人々の膨大な試行錯誤。

     苦悩、努力、失敗ー

     そんな戦いの成果が、

     さっきの素晴らしい味なのさ」






20160120_1488387.jpg (500×266)






バラン 「尊敬に値すると思わないかい?」





20160120_1488388.jpg (500×277)





マキ 「…思います! すっごく!」





20160120_1488389.jpg (500×268)





マキ 「任せてください、所長!

    私も、肉食系で頑張りますから!」





20160120_1488390.jpg (500×275)





 元気になった(´◉◞౪◟◉)





20160120_1488391.jpg (500×294)





ローエン 「彼女、ふっきれたようですね」





20160120_1488392.jpg (500×269)






ジュード 「さすがですね、バラン所長」





20160120_1488393.jpg (500×267)






バラン 「まぁね〜!

     …と云いたいところだけど」






20160120_1488394.jpg (500×273)






バラン 「これ、アルフレドのアイディアなんだ。

     食肉業者にも話をつけてくれてね」


ローエン 「ほう、アルヴィンさんも

      なかなかニクいマネを」


 
 ギャグった…('ω')?






20160120_1488395.jpg (500×273)






ジュード 「アルヴィンも呼ばなくて

      よかったのかなぁ?」


 そして全員スルー





20160120_1488396.jpg (500×265)






バラン 「ははは! いーの、いーの。

     あんな肉食系がきたら、

     俺たちの食べる分がへっちゃう」





20160120_1488397.jpg (500×268)






ローエン 「それは、もっともですね」


ルドガー 「あははっ!」






 完





次への移動中、ミラから贈り物('ω')



20160120_1488398.jpg (500×285)





ミラ 「私たちが出会って、しばらく経つが。

    ルドガーは見違えるほど成長したな」





20160120_1488399.jpg (500×275)





ミラ 「ふふ、そんな顔をするな。

    目を見ればそれくらいはわかる」





20160120_1488400.jpg (500×290)




ミラ 「…これから先、どんなことがあるか

    私にも予想がつかないが」




20160120_1488401.jpg (500×278)




ミラ 「最後まで、君の行く道を見届けよう。

    精霊の主としてではなく、仲間として約束する」





20160120_1488402.jpg (500×269)




ミラ 「ルドガーは一人ではないぞ。

    それを憶えていてくれ」



もらったのは

     異能双書「反旗再誕」精霊主用を入手






次回、ドロッセルの危機!?をお送りします…







     
| TOXプレイ日記 | comments(0) | posted by ゆきち(八方屋匠)
| 1/137 | >>